新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP> 自動車> 2010年12月
総合リコール情報 2010年12月
2010年12月    (38)
日産「マーチ」(エンストするおそれ)     (2010-12-26 - 1318 Clicks)
【該当車両】
マーチ

【理由】
エンジン制御用電源リレーにおいて、リレーに内蔵されているダイオードの製造方法が不適切なため、導通不良となるおそれがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エンジン始動不良や走行中にエンストするおそれがあります。

【対策】
当該リレーを対策品と交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
ホンダ「フリード」(カーテンエアバッグが正常に機能しない)    (2010-12-26 - 3387 Clicks)
【該当車両】
フリード

【不具合の内容】
サイドカーテンエアバッグ装着車において、エアバッグコントロールユニットのプログラムが不適切なため、三列席への側面からの衝撃を受けた際に、エアバッグの展開信号が遅れ、当該席カーテンエアバッグが正常に機能しません。

【対策】
エアバッグコントロールユニットを対策品に交換します。

【連絡先】
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
フリーダイヤル    0120-112010
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
BMW「7車種」(走行安定性を損なうおそれ)    (2010-12-22 - 1530 Clicks)
【該当車両】
K1200S
K1200R
K1200R-S
K1200GT
K1300S
K1300R
K1300GT

【理由】
リアサスペンション下部のリレーレバー取付部の腐食対策が不適切なため、当該取付部のブッシュに腐食が生じ、リレーレバーの動きが悪くなることがある。そのため、当該レバーに負荷がかかり、最悪の場合、リレー レバーが折損し、走行安定性を損なうおそれがある。

【対策】
全車両、リレーレバーを対策へ交換するとともに、保護クリップを追加する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート
フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
BMW「F650GS」(制動力が低下するおそれ)     (2010-12-22 - 1412 Clicks)
【該当車両】
F650GS

【理由】
フロントブレーキディスクとホィール間のワッシャーにおいて、制動時の負荷により当該ワッシャーが変形することがある。そのため、そのまま使用を続けると、フロントブレーキディスクの固定ボルトが緩み、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、当該ワッシャーを取り除くとともに、すべての固定ボルトを新品に交換する。また、スペーサーブッシュを厚いものに変更する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート
フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
メルセデス・ベンツ「Eクラス」(燃料が流出するおそれ)     (2010-12-21 - 1320 Clicks)
【該当製品】
E350 BlueTEC
E350 BlueTEC ステーションワゴン

【不具合の内容】
燃料フィルタの製造工程において、構成部品の中のシールリングにグリス塗布が不十分なものがあり、当該シールリングに傷がつく場合がある。このため、そのまま使用を続けると、当該シールリングに亀裂が発生し、燃料フィルタから燃料が流出するおそれがある。

【対策】
全車両、燃料フィルタを良品に交換する。

【連絡先】
最寄りのメルセデス・ベンツ指定サービス工場
又は
「専用フリーダイヤル 0120-086-880」へご連絡ください。
(受付時間:祝日を除く月曜日〜金曜日 午前9時半〜12時、午後1時〜5時半)
■コメントする
スバル「レガシィ・エクシーガ」(バッテリが放電)     (2010-12-21 - 1294 Clicks)
【該当車両】
レガシィ・エクシーガ

【不具合の内容】
後付け用品のリモコンエンジンスタータが装着された車両において、リモコンエンジンスタータと車両側回路の不整合により、エンジン停止中もバッテリから微弱電流が流れバッテリが放電する場合がある。

【対策】
該当する全車両については対策ハーネスを用いてリモコンエンジンスタータの配線を改修する。

【連絡先】
SUBARUお客様センター
SUBARUコール:0120−052215
受付時間 9:00〜17:00(平日)
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝)
■コメントする
日野「ブルーリボンII」(警告灯が点灯)     (2010-12-19 - 1287 Clicks)
【該当車両】
ブルーリボンII

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両において、尿素水制御ユニット(ドージング制御ユニット)の尿素水濃度判定プログラムが不適切なため、尿素水に気泡が混入すると、尿素水濃度を誤判定し、警告灯が点灯することがあります。

【対策】
全車両、当該ユニットのプログラムを書き換えます。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
いすゞ「ギガ」(警告が頻繁に点灯)    (2010-12-19 - 1553 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両の大型トラクタの粒子状物質除去装置(DPD)において、当該フィルタの圧力特性に対して、エンジン制御ユニット(ECM)のプログラムが不適切なため、DPDの再生を促す警告が頻繁に点灯することがある。

【対策】
全車両、当該ユニットのプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード・エルガ」(警告灯が点灯)     (2010-12-19 - 1541 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード・エルガ

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両において、尿素水制御ユニット(ドージング制御ユニット)の尿素水濃度判定プログラムが不適切なため、尿素水に気泡が混入すると、尿素水濃度を誤判定し、警告灯が点灯することがある。

【対策】
全車両、当該ユニットのプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
ジャガー「各車」(ワイパーアームが外れるおそれ)     (2010-12-18 - 1489 Clicks)
【該当車両】
XJ Lux. XJ Prem. Lux.
XJ Supersport
XJ Supersport LWB

【理由】
ワイパーアーム取付けナットにおいて、取付時の締付けが不十分なものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ワイパーアームが外れるおそれがある。

【対策】
全車両、ワイパーアーム取付けナットを正規トルクで締付ける。

【連絡先】
ジャガーお客様相談室
0120-922-772
■コメントする
いすゞ「ファーゴフィリーなど2車種」(制動距離が長くなるおそれ)    (2010-12-18 - 1493 Clicks)
【対象製品】
ファーゴフィリー、スーパーメディックII

【不具合の内容】
高規格救急車の制動倍力装置において、設計時の熱影響に対する評価が不充分なため、当該倍力装置のダイヤフラムが早期に硬化するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ダイヤフラムに亀裂が発生して、最悪の場合、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該制動倍力装置を新品に交換する。また、メンテナンスノートに当該倍力装置の定期交換時期(5年)の記載を追加したシールを貼付するとともに、エンジンルームに定期交換時期を記載したシールを貼付する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ファーゴフィリー」(異音が発生するおそれ)    (2010-12-18 - 1472 Clicks)
【対象製品】
ファーゴフィリー

【不具合の内容】
圧縮天然ガス(CNG車)の路線バスにおいて、エンジンルーム内の電気配線等の耐熱性が不足しているため、排気管からの熱により配線被覆が損傷するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線が断線し、最悪の場合、エンジンが停止し再始動ができなくなるおそれがある。また、触媒及び排気サイレンサのマウントが劣化し、異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、当該電気配線に断熱用被覆を追加するとともに、バンドクリップを対策品と交換する。なお、当該電気配線に損傷があるものは、電気配線を新品と交換する。また、触媒及び排気サイレンサのマウントを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
UDトラックス「大型バス」(燃料が滴下するおそれ)    (2010-12-18 - 1367 Clicks)
【該当車両】
大型バス

【理由】
大型バスにおいて、燃料タンク上部のパイプに誤品の栓チューブを組み付けたものがあります。そのため、当該チューブから燃料が滴下するおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料タンク上部の栓チューブを正規品に交換します。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
日産「パラメディック」(制動距離が長くなるおそれ)    (2010-12-18 - 1478 Clicks)
【該当車両】
パラメディック

【理由】
高規格救急車の制動倍力装置において、設計時の熱影響に対する評価が不充分なため、当該倍力装置のダイヤフラムが早期に硬化するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ダイヤフラムに亀裂が発生して、最悪の場合、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。

【対策】
当該制動倍力装置を新品に交換します。また、メンテナンスノートに当該倍力装置の定期交換時期(5年)の記載を追加したシールを貼付するとともに、エンジンルームに定期交換時期を記載したシールを貼付します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
ホンダ「フィット」(ロービームが不灯となるおそれ)    (2010-12-18 - 8003 Clicks)
【該当車両】
フィット

【不具合の内容】
前照灯操作スイッチに接続する電気配線の配索長さに余裕が少ない設定のため、配索作業で配線を張り過ぎたものがあります。そのため、前照灯の切替えスイッチを操作した際に、端子結合部が追従できずに動いて接触抵抗が増え、端子が発熱してカプラーが溶け、最悪の場合、ロービームが不灯となるおそれがあります。

【対策】
ロービーム端子のみ長い配線に交換し、結束バンドで固定します。なお、接続カプラーが溶損しているものは、前照灯操作スイッチとカプラーを新品に交換します。

【連絡先】
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
フリーダイヤル 4輪製品 0120-112010
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ふそう「エアロバス」(オルタネータハーネスの被覆が劣化)     (2010-12-18 - 1328 Clicks)
【該当車両】
エアロバス

【理由】
大型バスにおいて、オルタネータハーネスの端子部処理が不適切なため、走行中の振動によって当該ハーネスの温度が上昇し、被覆が劣化するおそれがある。

【対策】
全車両、オルタネータハーネス一式を対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(オルタネータハーネスの被覆が劣化)    (2010-12-18 - 1220 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
CNGエンジンを搭載した大型路線バスにおいて、オルタネータハーネスが不適切なため、走行中の熱によって当該ハーネスの被覆が劣化するおそれがある。

【対策】
全車両、オルタネータハーネス一式を対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスターなど3車種」(燃料が滴下するおそれ)     (2010-12-18 - 1266 Clicks)
【該当車両】
エアロスター、エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、燃料タンク上部のパイプに誤品の栓チューブを組み付けたものがある。そのため、当該チューブから燃料が滴下するおそれがある。

【対策】
全車両、燃料タンク上部の栓チューブを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
いすゞ「ファーゴフィリー」(発電機内部が焼損するおそれ)     (2010-12-12 - 1452 Clicks)
【対象製品】
ファーゴフィリー

【不具合の内容】
発電機において、エンジンオイル交換時に、ウエス等によるオイル滴下防止を行なわずに作業を行なった場合、滴下したオイルが発電機にかかって内部に浸入することがあり、発電機内部に導電性物質が生成されて短絡し、発電機内部が焼損するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンオイル交換時の注意ステッカーを貼付する。また、発電機にエンジンオイルが掛かったおそれがある場合、発電機を新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
日野「スカニア」(出力不足になるおそれ)     (2010-12-12 - 1278 Clicks)
【該当車両】
スカニア

【不具合の内容】
原動機の過給機のアクチュエータに至るハーネスの配索が不適切なため、エンジンの振動により当該ハーネスコネクタが接触不良となるものがあります。そのため、エンジンチェックランプが点灯し、出力不足になるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ハーネスの配索を変更します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
日産「シーマ、プレジデント」(純正品表示が見えない)     (2010-12-12 - 1234 Clicks)
【該当車両】
シーマ、プレジデント

【理由】
消音器(マフラー)において、純正品表示(NISSANの刻印)の設定が不適切なため、表示が無い、または目視が出来ません。

【対策】
フロントエキゾーストチューブ一式、または、センターマフラーを対策品に交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
日産「エルグランド」(発電機内部が焼損)    (2010-12-12 - 1309 Clicks)
【該当車両】
エルグランド

【理由】
発電機において、エンジンオイル交換時に、ウエス等によるオイル滴下防止を行なわずに作業を行なった場合、滴下したオイルが発電機にかかって内部に浸入することがあり、発電機内部に導電性物質が生成されて短絡し、発電機内部が焼損するおそれがあります。

【対策】
エンジンオイル交換時の注意ステッカーを貼付します。また、発電機にエンジンオイルが掛かったおそれがある場合、発電機を新品と交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
マツダ「AZ−ワゴン、キャロル」(積載物が落下するおそれ)    (2010-12-11 - 1255 Clicks)
【該当車両】
AZ−ワゴン、キャロル

【不具合の内容】
バックドアにおいて、バックドアラッチの製造不良により当該ドアラッチの樹脂ボディの寸法が不適切なものがあり、ロック機構が作動しないため、ドアが確実に閉まらない場合があります。そのため、最悪の場合、走行中にドアが開き、積載物が落下するおそれがあります。

【対策】
全車両、バックドアラッチを点検し、樹脂ボディの寸法が不適切なものは、バックドアラッチ一式を良品と交換します。

【連絡先】
マツダ(株)コールセンター
TEL:0120-386-919
受付時間:平日 9:00〜17:00
土・日・祝日 9:00〜12:00 13:00〜17:00
※携帯電話からもご利用になれます。
■コメントする
マツダ「タイタン」(エンジンが焼付くおそれ)     (2010-12-11 - 1357 Clicks)
【該当車両】
タイタン

【不具合の内容】
バキュームポンプの潤滑用オイルパイプ取付け部において、当該パイプ固定ボルトの軸力不足により、ボルトが緩むものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、パッキンよりオイルが漏れ、最悪の場合、エンジンが焼付くおそれがあります。

【対策】
全車両、パッキンを新品に交換するとともに、当該ボルトを規定トルクで締付けます。

【連絡先】
マツダ(株)コールセンター
TEL:0120-386-919
受付時間:平日 9:00〜17:00
土・日・祝日 9:00〜12:00 13:00〜17:00
※携帯電話からもご利用になれます。
■コメントする
日野「スカニア」(燃料が漏れるおそれ)     (2010-12-11 - 1341 Clicks)
【該当車両】
スカニア

【不具合の内容】
燃料噴射パイプの配索が不適切なため、エンジンの振動により燃料噴射装置のコモンレールとの取付け部に過大な応力が発生する場合があります。そのため、そのまま使用を続けると、燃料噴射パイプに亀裂が発生し、燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該噴射パイプに支持金具を追加するとともに、燃料噴射パイプを新品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
日野「スカニア」(シートクッションの一部が焦げる)     (2010-12-11 - 1242 Clicks)
【該当車両】
スカニア

【不具合の内容】
運転席シートヒーターにおいて、電線の配索が不適切なため、電線どうしが接触する場合があります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該電線がショートし、最悪の場合、シートクッションの一部が焦げるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該シートヒーターを対策品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
日産「ルークス」(積載物が落下するおそれ)     (2010-12-11 - 1375 Clicks)
【該当車両】
ルークス

【理由】
バックドアにおいて、バックドアラッチの製造不良により当該ドアラッチの樹脂ボディの寸法が不適切なものがあり、ロック機構が作動しないため、ドアが確実に閉まらない場合があります。そのため、最悪の場合、走行中にドアが開き、積載物が落下するおそれがあります。

【対策】
バックドアラッチを点検し、樹脂ボディの寸法が不適切なものは、バックドアラッチ一式を良品と交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
日産「ルークス」(フルホイールキャップが脱落)     (2010-12-11 - 1250 Clicks)
【該当車両】
ルークス

【理由】
14インチスチールホイール仕様車において、車輪に装着したフルホイールキャップの外径が大きく、縁石等に乗り上げる等タイヤに大きな負荷が掛かった場合、変形したタイヤのサイドウォール部がフルホイールキャップと干渉し、最悪の場合、走行中にフルホイールキャップが脱落し、他の交通の妨げとなるおそれがあります。

【対策】
フルホイールキャップを、外径を小さくした対策品と交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
UDトラックス「コンドル」(エンジンが焼付くおそれ)     (2010-12-10 - 1325 Clicks)
【該当車両】
コンドル

【理由】
バキュームポンプの潤滑用オイルパイプ取付け部において、当該パイプ固定ボルトの軸力不足により、ボルトが緩むものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、パッキンよりオイルが漏れ、最悪の場合、エンジンが焼付くおそれがあります。

【対策】
全車両、パッキンを新品に交換するとともに、当該ボルトを規定トルクで締付けます。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
いすゞ「エルフ」(エンジンが焼付くおそれ)     (2010-12-10 - 1437 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
バキュームポンプの潤滑用オイルパイプ取付け部において、当該パイプ固定ボルトの軸力不足により、ボルトが緩むものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、パッキンよりオイルが漏れ、最悪の場合、エンジンが焼付くおそれがある。

【対策】
全車両、パッキンを新品に交換するとともに、当該ボルトを規定トルクで締付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
オペル「アストラH」(ホーンがならなくなる)     (2010-12-10 - 1366 Clicks)
【該当車両】
アストラH

【不具合の内容】
ステアリングコラムに装着されるホーンスイッチ信号、エアバック作動 信号等を中継するモジュール(二分割で構成)において、当該モジュー ル本体の接合箇所に隙間があり、走行時の振動等により接合箇所が微少 に動くため、当該モジュール内のホーンスイッチ用コネクタの接点が接 触不良を起こし、ホーンがならなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該モジュール本体に接合クリップを追加する。

【連絡先】
アフターサービスについては、GMフリーダイヤル
TEL:0120-711-276 まで お問合せください。
(受付時間9:00〜18:00土日祝日・年末年始を除く)
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(取扱説明書不適切)     (2010-12-8 - 1262 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
総輪エアサスペンションを搭載した大型トラックにおいて、取扱説明書のジャッキアップ方法に不適切な箇所がある。そのため、取扱説明書の指示通りにジャッキアップを行っても前輪のジャッキアップが出来ず、最悪の場合、前2軸車の前後軸エアサスペンションから、エア漏れが発生するおそれがある。 なお、エア漏れはジャッキを外してエアを再充填すれば解消する。

【対策】
全車両、適切なジャッキアップ方法を記載した取扱説明書に差換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ボルボ「XC60」(エアバッグが正常に機能しない)     (2010-12-8 - 1497 Clicks)
【該当車両】
XC60

【理由】
頭部側面衝撃吸収エアバッグにおいて、当該エアバッグの組付けが不適切なため、当 該エアバッグの展開部にねじれが発生しているおそれがある。ねじれが発生している場 合は、当該エアバッグが正常に機能しない。

【対策】
全車両、左右の頭部側面衝撃吸収エアバッグの組付け状態を点検し、ねじれがある場 合には組付け調整を行う。

【連絡先】
ご購入いただいた又は整備を依頼しているボルボ正規ディーラー
もしくは
お客様相談室(Tel. 0120-92-2662)へご連絡ください。
■コメントする
日野「セレガ」(発火するおそれ)    (2010-12-8 - 1325 Clicks)
【該当車両】
セレガ

【不具合の内容】
大型観光バスの
(1)エアコン用抵抗器の取付位置が不適切なため、当該抵抗器カバーと接触しているものがあります。そのため、カバーと短絡し発火するおそれがあります。
(2) 車室内暖房用の燃焼式ヒータにおいて、冷却水出入口部パイプの形状と当該パイプに組み付けるホースバンドの設定が不適切なため、ヒータを入れて水圧が高い状態で使用した場合、ホースが抜けるものがあります。そのため、冷却水が急激に漏れて運行できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、
(1)当該抵抗器とカバーの隙間を点検し、隙間が少ない場合は、カバーを切り欠きます。また、点検において、カバーが焼損している場合は、カバーを新品に交換します。
(2)当該ホースバンドを対策品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(発火するおそれ)     (2010-12-8 - 1485 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
(1) エアコン用抵抗器の取付位置が不適切なため、当該抵抗器カバーと接触しているものがある。そのため、カバーと短絡し発火するおそれがある。
(2) 車室内暖房用の燃焼式ヒータにおいて、冷却水出入口部パイプの形状と当該パイプに組み付けるホースバンドの設定が不適切なため、ヒータを入れて水圧が高い状態で使用した場合、ホースが抜けるものがある。そのため、冷却水が急激に漏れて運行できなくなるおそれがある。

【対策】
(1) 当該抵抗器とカバーの隙間を点検し、隙間が少ない場合は、カバーを切り欠く。また、点検において、カバーが焼損している場合は、カバーを新品に交換する。
(2) 当該ホースバンドを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
三菱自動車「ミニキャブ、ランサー教習車」(ガスが漏れる)    (2010-12-8 - 1411 Clicks)
【該当車両】
ミニキャブ、ランサー教習車(LPG車)

【理由】
ガソリン燃料装置を液化石油ガス(LPG)仕様に改造した車両において、
(1) 燃料ガス充填口と燃料ガスタンクを繋ぐ燃料ガス充填用ホースの材質が不適切なため、 使用過程において当該ホースの表面に亀裂が発生するものがあります。 そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、燃料ガス充填時にガスが漏れるおそれがあります。
(2) 減圧気化装置とスロットルボディーを繋ぐ燃料ガス供給用ホースの材質が不適切なため、 使用過程において当該ホースの表面に亀裂が発生するものがあります。 そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、ガスが漏れるおそれがあります。

【対策】
(1) 全車両、燃料ガス充填用ホースを点検し、該当するホースが装着されている場合は、対策品と交換します。
(2) 全車両、燃料ガス供給用ホース一式を対策品と交換します。

【連絡先】
お客様相談センター
フリーダイヤル 0120-324-860
受付時間
9:00〜17:00 (土・日 9:00〜12:00 13:00〜17:00)
■コメントする
ダイハツ「ハイゼット、アトレーワゴン」(キー操作不能)     (2010-12-3 - 1948 Clicks)
【該当車両】
ハイゼット、ハイゼットデッキバン、アトレーワゴン

【不具合の内容】
イグニッションキーシリンダーの製造工程において、規格を超える鉛が誤って混入したものがあります。そのため、水分を含んだ泥等が浸入すると、強度が低下し、そのまま使用を続けると、キーシリンダーが破損し、キー操作ができなくなります。

【対策】
全車両、イグニッションキーシリンダーを良品と交換する。なお、ドア等のキーシリンダーもあわせて新品に交換します。

【連絡先】
最寄りのダイハツ販売店
または
ダイハツ工業株式会社 お客様相談室
フリーコール 0800-500-0182
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜17:00
上記フリーコールにて通話できない場合、
<例:携帯電話・PHS>は、下記電話をご利用ください。
072-784-8480
■コメントする
BMW「5車種」(前部方向指示器が不灯)    (2010-12-3 - 1426 Clicks)
【該当車両】
BMW 740i
BMW 750i
BMW 750Li
BMW 760Li
BMW ActiveHybr id 7L

【理由】
前部方向指示器を制御するプログラムが不適切なため、温度の影響により 前部方向指示器に流れる電流値が高くなると、ショートしたと誤認し、前 部方向指示器が不灯となるおそれがある。

【対策】
全車両、前部方向指示器を制御するプログラムを書き換えて修正する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート
フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
0.217 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop