新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > カワサキ
総合リコール情報 カワサキ
カワサキ    (23)
カワサキ「4車種」(転倒するおそれ)    (2011-6-9 - 803 Clicks)
【該当車両】
エストレア、250TR、W800、VULCAN 900 CLASSIC

【不具合の内容】
前後輪タイヤ・ホイールにおいて、チューブの組み付けが不適切なため、チューブがタイヤとリムに挟まれ損傷している場合がある。そのため、走行中に挟まれたチューブが外れた場合、損傷箇所から空気が漏れ、最悪の場合、バランスを失い転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、前後輪チューブを点検し、チューブに損傷が認められた場合は新品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819 
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00
■コメントする
カワサキ「KLX250・D-TRACKER X」(燃料が漏れるおそれなど)    (2011-6-1 - 830 Clicks)
【該当車両】
KLX250・D-TRACKER X

【不具合の内容】
1.前照灯において、電球用電気配線及びメインハーネスの配索が不適切なため、電球の端子とソケットの端子が接触不良となるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該端子間の電気抵抗が増大して端子の温度が上昇することにより当該端子や電気配線が損傷し、すれ違い用前照灯または走行用前照灯若しくは両方が不灯となるおそれがある。
2.燃料タンクにおいて、取付け構造が不適切なため、燃料タンクと固定用ゴムダンパの間に隙間が生じ、防振効果が不十分となる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、振動により燃料タンク取付け箇所溶接部に亀裂が生じ、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。
3.燃料噴射用電子制御コントロールユニット(ECU)及び転倒センサにおいて、ECUと転倒センサ間の電気配線の防水対策が不十分なため、洗車時または雨天走行時の被水により水が当該電気配線内を伝わり、ECU及び転倒センサと電気配線の接続部に浸入する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、4.当該接続部の端子が腐食して導通不良となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。
ECUに接続する電気配線において、配索が不適切なため、当該電気配線がフレームパイプと接触する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、電気配線の被覆が摩耗し、芯線がフレームパイプと短絡し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

【対策】
1.全車両、電球の端子を点検し、損傷している場合は電球を新品と交換する。また、前照灯の電球用電気配線を対策品と交換すると共に、その接続部後方にガードを追加する。
2.全車両、燃料タンク取付け箇所溶接部を点検し、燃料にじみまたは漏れがある場合はタンクを新品と交換する。また、全車両、タンクの固定用ゴムダンパを新品に交換するとともに、カラー、ボルトを対策品と交換する。更に、タンクの保持用ゴムダンパとタンク底板との隙間を点検し、隙間に応じた保持用ゴムダンパをタンク底板に追加して貼り付ける。
3.全車両、ECU及び転倒センサと電気配線の接続部の端子を点検し、腐食がみられる場合は、ECUまたは転倒センサを電気配線と共に、新品に交換する。また、接続部に浸入した水による腐食を抑制するため当該接続部にグリスを塗布する。
4.全車両、当該電気配線を点検し、損傷があるものは補修を行う。また、ECU取付けブラケットを対策品に交換し、当該電気配線に保護カバーを追加する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「パニアケース取付ブラケット」(保安基準不適合のおそれ)     (2011-5-11 - 915 Clicks)
【該当車両】
Ninja 1000/Ninja 1000 ABS 用パニアケース取付ブラケット

【不具合の内容】
欧州より輸入し、後付け用品として販売したパニアケース(荷物入れ)取付ブラケットに、パニアケースを装着した場合、車両に装着されている尾灯が保安基準に抵触するおそれがある。これを改善するため、当該ブラケットに改善用の灯火器を付属しているが、当該灯火器は、欧州仕様の尾灯/制動灯の兼用灯火であったため、これを取付けた場合、制動灯が保安基準に抵触するおそれがある。

【対策】
当該後付け用品の付属品に、尾灯及び制動灯の対策用電気配線を追加し、制動灯は車両側灯火器のみが、尾灯は後付け灯火器のみが点灯するよう対策する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819 
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00
■コメントする
カワサキ「ZRX1200」(後方の交通状況を確認できなくなるおそれ)    (2010-3-30 - 972 Clicks)
【該当車両】
ZRX1200 DAEG

【不具合の内容】
左右の後写鏡ステー内部の固定用ナット部へのロック剤塗布が不適切なものがあるため、走行中の振動等により固定ナットが緩み、後方の交通状況を確認できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該固定ナットを点検し、緩みのあるものは後写鏡を良品に交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「KLX125」(ブレーキ液量が少ない)    (2010-3-18 - 1008 Clicks)
【該当車両】
KLX125
D-TRACKER 125

【不具合の内容】
後輪用油圧式制動装置において、ブレーキ液充填の作業指示が不適切なため、リザーバ内のブレーキ液量が規定量に達していないおそれがある。ただし、制動力に問題はない。

【対策】
全車両、後輪用ブレーキリザーバのキャップを開けてブレーキ液量を点検し、不足していれば規定量まで補充する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「KLX125」(転倒するおそれ)    (2010-3-18 - 1008 Clicks)
【該当車両】
KLX125
D-TRACKER 125

【不具合の内容】
後輪用ショックアブソーバの製造工程が不適切なため、当該ショックアブソーバのオイルシールを傷つけたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、漏れたオイルが後輪タイヤに付着し、最悪の場合、転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、後輪用ショックアブソーバの生産ロット番号を点検し、該当するロット番号のショックアブソーバは良品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「ZRX1200」(転倒するおそれ)    (2010-3-18 - 1047 Clicks)
【該当車両】
ZRX1200 DAEG

【不具合の内容】
原動機出力軸のスプロケット取付部において、ドライブチェーンのガイドプレートが組み付けられていないものがある。そのため、ドライブチェーンの遊びが大きくなった状態で急激な加減速を繰り返した場合、ドライブチェーンがミッションカバーと干渉して当該カバーが損傷し、最悪の場合、エンジンオイルが漏れ出して後輪タイヤにかかり、転倒に至るおそれがある。

【対策】
全車両、ガイドプレートの有無を点検し、ガイドプレートを組み付けるとともに、ミッションカバーがドライブチェーンとの干渉により損傷している場合は関連部品を交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「ニンジャ 250R」(転倒するおそれ)    (2009-12-8 - 440 Clicks)
【該当車両】
ニンジャ 250R

【不具合の内容】
原動機のクランクケースにおいて、オイル通路外壁に鋳造不良があるため、原動機運転中にエンジンオイルが漏れるものがある。そのため、漏れたオイルが後輪タイヤに付着し、最悪の場合、転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、クランクケースを点検し、オイル漏れがある場合はコーキングにて修正する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「JET SKI」(火災事故につながるおそれ)    (2009-8-21 - 394 Clicks)
【該当船体】
JET SKI STX-15F

【理由】
燃料タンクの製造過程において、一部異材料が使用されたものがある。その燃料タンクをそのまま使用を続けると、燃料タンクの後端面のパーティング部にクラックが発生する可能性がある。またクラックから流れ出た燃料がエンジンルームに溜まり、最悪の場合、火災事故につながるおそれがある。

【対策】
燃料タンクの製造ロット番号を点検し、対象ロットの燃料タンクが使用されている場合は、燃料タンクを交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパン ジェットスキー営業部
TEL 078−921−2491
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜18:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「ZRX1200R」(後輪ブレーキが効かなくなる)    (2009-7-17 - 478 Clicks)
【該当車両】
ZRX1200R

【不具合の内容】
後輪ブレーキホースの取付角度が不適切なものがあるため、当該ブレーキホースがタイヤと接触して損傷し、最悪の場合、後輪ブレーキが効かなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、後輪ブレーキホースの組み付け状態を点検し、不適切な場合は当該ブレーキホースを新品と交換し、正規に組み付ける。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「KSR110」(異音が発生するおそれ)    (2009-5-19 - 512 Clicks)
【該当車両】
KSR110

【理由】
動力伝達装置の出力軸(アウトプットシャフト)において、製造工程での加工方法が不適切なため、当該シャフトに亀裂の発生したものがある。そのため、キックペダルによる始動の際にアウトプットシャフトが破損してギヤの噛み合いが外れ、エンジンの始動ができなくなるおそれや、走行時にギヤとクランクケースが干渉し、異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、アウトプットシャフトを点検し、対象となるものは対策品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「ZRX1200 DAEG」(火傷するおそれ)    (2009-3-17 - 560 Clicks)
【該当車両】
ZRX1200 DAEG

【理由】
車体右側に配置している排気管の形状が不適切なため、停車時に足をステップから外した際、排気管に接触し、衣類が溶損または焼損するおそれがあり、最悪の場合、火傷するおそれがある。

【対策】
全車両、当該排気管に対策カバーを取り付ける。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「パーソナルウォータークラフト」(火災や爆発事故)    (2008-12-23 - 476 Clicks)
【該当船体】
JET SKI STX-15F
JET SKI STX-12F
JET SKI 1100 STX D.I.
JET SKI ULTRA 130D.I.

【理由】
燃料フィルタ吐出側のフィッティングと燃料ホースの差込部の緊度が不十分な場合があり、且つホースクランプの締付が不足すると、最悪の場合、エンジン室内にガソリンが噴き出し、火災や爆発事故の原因につながる恐れがあります。

【対策】
1) ホース内径を小さくした燃料ホースに交換。
2ストロークD.I.モデル : 燃料フィルタ〜インジェクタ間のホース
4ストロークF.I.モデル : 燃料フィルタ〜デリバリパイプ間のホース
デリバリパイプ〜燃料ポンプ間のホース
2) その他燃料系ホースクランプの増し締め。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパン ジェットスキー営業部
TEL 078−921−2491
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜18:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「バルカン900」(燃料が漏れるおそれ)    (2008-9-26 - 634 Clicks)
【該当車両】
バルカン900クラシック・バルカン900カスタム

【理由】
燃料タンクの給油口において、製造時の成型加工が不適切なため、タンクキャップとの合わせ面に隙間の開いているものがある。そのため、ブレーキ時などの車体の傾斜により、当該合わせ面から燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、燃料タンクを良品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「ニンジャ 250R」(取扱説明書誤記)    (2008-7-7 - 598 Clicks)
【該当車両】
ニンジャ 250R

【理由】
取扱説明書の主要諸元の記載欄において、前輪タイヤのサイズが誤って記載されている。そのためタイヤ交換時に誤ったサイズのタイヤを装着するおそれがある。その他、主要諸元の記載欄(最高出力の回転数、点火時期、電装品の見出し、燃料タンク容量)、各部の名称の記載欄(フューエルタップ)、燃料の補給の記載欄(タンク容量)、および簡単な整備の記載欄(バッテリターミナル部の清掃)についても誤って記載されている。

【対策】
全車両、取扱説明書を良品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く
■コメントする
カワサキ「KLX250・Dトラッカー X」(転倒するおそれ)    (2008-6-16 - 680 Clicks)
【該当車両】
KLX250・Dトラッカー X

【理由】
かじ取り装置において、ハンドルバーに組み付けられたグリップ(滑り止め付の握り手)の接着が不適切なものがある。そのため、当該グリップがハンドルバーから抜け、最悪の場合、バランスを失い転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、右グリップを対策品に交換するとともに、左グリップを点検し、接着が不適切なものは、グリップを新品に交換し、対策品の接着剤で組み付ける。

【連絡先】
カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「バルカン900」(燃料が漏れるおそれ)    (2008-3-18 - 641 Clicks)
【該当車両】
バルカン900クラシック・バルカン900カスタム

【理由】
燃料ホースの燃料パイプとの組み付けが不適切なものがあるため、最悪の場合、走行中に燃料ホースが外れ、燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、当該燃料ホースと燃料パイプの組み付け状態を確認し、不適切な場合は、組み付けを確実に行う。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「ジェットスキー」(火災事故につながるおそれ)    (2007-9-4 - 542 Clicks)
【該当車両】
ジェットスキー ULTRA 250X, ULTRA LX
通称名
ULTRA 250X
型式
JT1500B7F
製造番号(HIN番号)
US-KAW30169L607〜US-KAW37247F707

通称名
ULTRA LX
型式
JT1500C7F
製造番号(HIN番号)
US-KAW40294K607〜US-KAW42533D707

【理由】
燃料ホースの燃料噴射装置への組付けが一部不適切なものがあり、そのまま使用を続けると、燃料ホースが外れてエンジンが停止し、始動が出来なくなる可能性がある。また、燃料ホースから流れ出た燃料がエンジンルーム内に溜まり、最悪の場合、火災事故につながるおそれがある。

【対策】
燃料ホースが正しく装着されているかどうかを点検し、もし正しく装着されていない場合には装着し直す。また、燃料ホースに装着されている抜け止め用リテーナに異常な変形がないかどうかを点検し、もし異常があった場合には燃料ホースを新品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパン ジェットスキー営業部
TEL 078−921−2491
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜18:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「ゼファーχ」(ガソリンが漏れるおそれ)    (2007-6-30 - 603 Clicks)
【該当車両】
ゼファーχ

【理由】
燃料タンクの製造工程において、燃料ゲージをタンクに取り付けるボルトを過大なトルクで締付けたため、ガスケットを大きく変形させたものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ガソリンにより膨潤して、更に大きく変形するものがあり、ガスケットの取付けボルト部分の気密性が損なわれ、最悪の場合、ガソリンが漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ガスケットと取付けボルトを対策品と交換し、取付けボルトを規定のトルクで締付ける。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「エストレヤ」(取扱説明書誤記)    (2007-6-30 - 600 Clicks)
【該当車両】
エストレヤ

【理由】
当該車両のスパークプラグには、NGK DR8EA型式のものを装着し出荷しているが、取扱説明書にはNGK DR9EAまたはND X27ESR−Uと誤って記載している。

【対策】
全車両、取扱説明書を良品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「エストレヤ」(取扱説明書誤記)    (2007-5-8 - 627 Clicks)
【該当車両】
エストレヤ

【理由】
当該車両のスパークプラグには、NGK DR8EA型式のものを装着し出荷しているが、取扱説明書にはNGK DR9EAまたはND X27ESR−Uと誤って記載している。

【対策】
全車両、取扱説明書を良品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「各車」(ガソリンが漏れるおそれ)【対象台数増】    (2007-1-18 - 691 Clicks)
【該当車両】
バリオスII・ZRX・ZRX-II・ゼファー750・ZR-7S・ゼファー1100

【理由】
燃料タンクの製造工程において、燃料ゲージをタンクに取り付けるボルトを過大なトルクで締付けたため、ガスケットを大きく変形させたものがあり、ガソリンにより膨潤し更に大きく変形しているものがある。そのため、ガスケットの取付けボルト部分の気密性が損なわれ、ガソリンが漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ガスケットと取付けボルトを対策品と交換し、取付けボルトを規定のトルクで締付ける。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
カワサキ「バリオスII・ゼファー750」(平面鏡の取り付け誤り)    (2006-9-22 - 653 Clicks)
【該当車両】
バリオスII・ゼファー750

【理由】
後写鏡に曲面鏡を取付けるべきところ、誤って仕様の異なる平面鏡を取付けたものがある。

【対策】
全車両、後写鏡を点検し、異品は正規品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーダイヤル 0120-400819
ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
■コメントする
0.201 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop