新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP> 自動車> 2010年10月
総合リコール情報 2010年10月
2010年10月    (35)
日野「大型バス」(警告が頻繁に点灯)    (2010-10-30 - 377 Clicks)
【該当車両】
大型バス

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両において、エンジン制御ユニット(ECM)のプログラムが不適切なため、粒子状物質除去装置(DPD)の再生を促す警告が頻繁に点灯することがあります。

【対策】
全車両、エンジン制御ユニットのプログラムを書き換えます。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ランディ」(スプリングが外れるおそれ)     (2010-10-29 - 1006 Clicks)
【該当車両】
ランディ

【不具合の内容】
リヤコイルスプリング固定用ブラケットとサイドメンバーの溶接が不適切なため、そのまま使用を続けると、当該溶接部が剥がれ、最悪の場合、当該スプリングが外れるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ブラケットをサイドメンバーにねじで固定します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
日産「9車種」(エンストするおそれ)     (2010-10-29 - 595 Clicks)
【該当車両】
9車種

【理由】
エンジン制御用電源リレーにおいて、リレーに内蔵されているダイオードの製造方法が不適切なため、導通不良となるおそれがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エンジン始動不良や走行中にエンストするおそれがあります。

【対策】
当該リレーを対策品と交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
日産「セレナ」(スプリングが外れるおそれ)    (2010-10-29 - 475 Clicks)
【該当車両】
セレナ

【理由】
リアコイルスプリング固定用ブラケットとサイドメンバの溶接が不適切なため、そのまま使用を続けると、当該溶接部が剥がれ、最悪の場合、当該スプリングが外れるおそれがあります。

【対策】
当該ブラケットをサイドメンバーにねじで固定します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
ふそう「キャンターガッツ」(走行不能となるおそれ)     (2010-10-29 - 414 Clicks)
【該当車両】
キャンターガッツ

【理由】
トルクコンバータハウジングの加工が不適切なため、エンジンとオートマチックトランスミッション間に芯ずれが発生しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ドライブプレートが破損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、トルクコンバータハウジングおよびドライブプレートを良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
TOP > 企業/ブランド名別 > 三菱ふそう
TOP> 自動車
■友達に知らせる
■コメントする
UDトラックス「大型、中型バス」(損傷するおそれ)     (2010-10-29 - 376 Clicks)
【該当車両】
大型、中型バス

【理由】
フレームの組付けが不適切なため、スタッドレスタイヤを装着してハンドルを最大限度まで切った状態で走行した場合、タイヤがドラッグリンクと接触することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該リンクの接触部分に錆が発生し、損傷するおそれがあります。

【対策】
全車両、タイヤを点検し、接触するおそれのあるタイヤを装着している車両は、切角を変更します。また、ドラッグリンクに接触痕がある場合は、ドラッグリンクを新品と交換します。尚、全車両、コーションラベルを運転席付近に貼付します。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
アウディ「A6/RS6」(車幅灯が点灯しない)     (2010-10-24 - 521 Clicks)
【該当車両】
RS6 / RS6 アバント
A6 3.0 TFSI クワトロ / A6 アバント 3.0TFSI クワトロ
A6 3.0 TFSI クワトロ / A6 アバント 3.0TFSI クワトロ
A6 2.8 FSIクワトロ / A6 アバント 2.8FSI クワトロ

【不具合の内容】
車幅灯一体型の前照灯において、灯火器裏側カバーのシーリング材が不適切なため、 シーリング材の気化成分により車幅灯(発光ダイオード)の電気基板接点が腐食して 接触不良を起こし、車幅灯が点灯しないおそれがあります。

【対策】
全車両、左右の車幅灯一体型の前照灯の製造年月日を点検し、対象となるものは当該 車幅灯一体型の前照灯を対策品と交換します。

【連絡先】
アウディ コミュニケーションセンター
0120-598106
受付時間 9:00〜19:00 年中無休
■コメントする
スバル「ルクラ、プレオ」(ブレーキフィーリングが変わる)     (2010-10-24 - 447 Clicks)
【該当車両】
ルクラ、プレオ

【不具合の内容】
CVT車のエンジン制御コンピュータの一部プログラム定数に不適切な部分があるため、極低速走行時のブレーキ操作中にエンジン回転数やエアコンの作動状況によってブレーキフィーリングが変わることがある。

【対策】
全車両、当該制御プログラムを修正するとともに、ブレーキ倍力装置の負圧スイッチを対策品と交換する。

【連絡先】
SUBARUお客様センター
SUBARUコール:0120−052215
受付時間 9:00〜17:00(平日)
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝)
■コメントする
レクサス「GS350、IS250、IS350」(エンストなど)     (2010-10-22 - 814 Clicks)
【該当車両】
GS350、IS250、IS350

【不具合の内容】
(1) 燃料タンク内の燃料ポンプ用電線が屈曲しにくい材質のため、給油口を開けた際のタンク内圧変化でポンプ取付面が大きく変位した場合に接続端子部が摺動することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、接続端子部が摩耗し、通電により発熱することで端子嵌合力が低下し導通不良となり、燃料ポンプが停止し、エンジン始動不能や走行中にエンストするおそれがあります。
(2) ブレーキマスターシリンダにおいて、市場で使用されるブレーキ液での潤滑性評価が不足していたため、規格に適合しているブレーキ液であってもポリマー成分の少ないブレーキ液を使用すると、シリンダ後端のゴム製シール部が潤滑不良となりめくれることがあります。そのため、当該シール部よりブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。

【対策】
(1) 全車両、当該電線を対策品に交換します。
(2) 全車両、当該シールを対策品に交換するとともに、マスターシリンダからのブレーキ液漏れを点検します。ブレーキ液漏れがあるものは、ブレーキブースタを新品と交換します。

【連絡先】
レクサスインフォメーションデスク
【フリーコール】0800−500−5577
(オープン時間)365日 9:00〜18:00
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(座席ベルトが引き出せなくなる)     (2010-10-22 - 758 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
座席ベルト巻取装置の内部部品(イナーシャマス)の製造工程において、不適切な材料を使用したため、当該部品が変形し、座席ベルトが引き出せなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、座席ベルトを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
ホンダ「レジェンド」(制動力が低下)     (2010-10-22 - 3089 Clicks)
【該当車両】
レジェンド

【不具合の内容】
ブレーキマスターシリンダーにおいて、市場で使用されるブレーキ液での潤滑性評価が不足していたため、規格に適合しているブレーキ液であってもポリマー成分の少ないブレーキ液を使用すると、シリンダ後端のゴム製シール部が潤滑不良となりめくれることがあります。そのため、当該シール部よりブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。

【対策】
当該シールを対策品に交換するとともに、マスターシリンダーからのブレーキ液漏れを点検します。ブレーキ液漏れがあるものは、マスターパワーを新品と交換します。

【連絡先】
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
フリーダイヤル 4輪製品 0120-112010
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
トヨタ「ヴォクシー、ノア」(計器盤照明が連動しない)     (2010-10-22 - 902 Clicks)
【該当車両】
ヴォクシー、ノア

【不具合の内容】
スピードメータなど計器盤照明の制御プログラムが不適切なため、スイッチを操作して車幅灯等を点灯させた際に計器盤照明が連動して点灯しないことがあります。

【対策】
全車両、照明制御プログラムを修正した計器盤に交換します。

【連絡先】
【フリーコール】
0800−700−7700
 受付日:365日年中無休
  受付時間:9:00〜18:00
■コメントする
トヨタ「8車種」(エンストなど)     (2010-10-22 - 907 Clicks)
【該当車両】
クラウン、クラウンマジェスタ、マークX、クルーガーL、クルーガーV、ハリアー、アルファードG、アルファードV

【不具合の内容】
(1) 燃料タンク内の燃料ポンプ用電線が屈曲しにくい材質のため、給油口を開けた際のタンク内圧変化でポンプ取付面が大きく変位した場合に接続端子部が摺動することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、接続端子部が摩耗し、通電により発熱することで端子嵌合力が低下し導通不良となり、燃料ポンプが停止し、エンジン始動不能や走行中にエンストするおそれがあります。
(2) ブレーキマスターシリンダにおいて、市場で使用されるブレーキ液での潤滑性評価が不足していたため、規格に適合しているブレーキ液であってもポリマー成分の少ないブレーキ液を使用すると、シリンダ後端のゴム製シール部が潤滑不良となりめくれることがあります。そのため、当該シール部よりブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。

【対策】
(1) 全車両、当該電線を対策品に交換します。
(2) 全車両、当該シールを対策品に交換するとともに、マスターシリンダからのブレーキ液漏れを点検します。ブレーキ液漏れがあるものは、ブレーキブースタを新品と交換します。

【連絡先】
【フリーコール】
  0800−700−7700
 受付日:365日年中無休
  受付時間:9:00〜18:00
■コメントする
日野「大型消防車」(バーストするおそれ)     (2010-10-20 - 363 Clicks)
【該当車両】
大型消防車

【不具合の内容】
後後軸のブレーキドラムカバーのシール性が不足しているため、雨水等がブレーキドラム内に浸入し、長時間、駐車ブレーキをかけた状態において、錆によりブレーキドラムとブレーキライニングが貼りつく場合があります。そのため、最悪の場合、駐車ブレーキを解除してもブレーキがロックした状態になり、タイヤを引き摺り、タイヤがバーストするおそれがあります。

【対策】
全車両、ブレーキドラムカバーを対策品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「スイフト, SX4,MRワゴン,セルボ」(ドアミラーが外れる)     (2010-10-16 - 835 Clicks)
【該当車両】
スイフト、SX4、MRワゴン、セルボ

【不具合の内容】
ドアミラーにおいて、ドアミラー本体とベースを締結するネジに緩み止めが無いため、使用過程における振動や強めの外力によるへたりで当該ネジが緩み、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ドアミラー本体がベースから外れ、後方の交通状況等が確認できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ドアミラー本体とベースを連結しているネジを接着剤付に交換し、規定トルクで締付けます。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(発煙)     (2010-10-16 - 737 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
大型観光バスの折れ扉ガラス熱線用ハーネスの配索が不適切なため、扉が開閉する際に、当該ハーネスが屈曲の繰返しにより損傷するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ハーネスがショートし、最悪の場合、発煙するおそれがある。

【対策】
全車両、ハーネスを延長し、配索を変更する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
日産「モコ」(ドアミラーが外れる)     (2010-10-16 - 428 Clicks)
【該当車両】
モコ

【理由】
ドアミラーにおいて、ドアミラー本体とベースを締結するネジに緩み止めが無いため、使用過程における振動や強めの外力によるへたりで当該ネジが緩み、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ドアミラー本体がベースから外れ、後方の交通状況等が確認できなくなるおそれがあります。

【対策】
ドアミラー本体とベースを連結しているネジを接着剤付に交換し、規定トルクで締付ます。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
日野「セレガ」(発煙)    (2010-10-16 - 393 Clicks)
【該当車両】
セレガ

【不具合の内容】
大型観光バスの折れ扉ガラス熱線用ハーネスの配索が不適切なため、扉が開閉する際に、当該ハーネスが屈曲の繰返しにより損傷するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ハーネスがショートし、最悪の場合、発煙するおそれがあります。

【対策】
全車両、ハーネスを延長し、配索を変更します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
UDトラックス「大型バス」(ドアが変形)     (2010-10-15 - 383 Clicks)
【該当車両】
大型バス

【理由】
大型バスにおいて、強風や傾斜地でのスイングドア閉め時に半ドアとなる場合があります。そのため、そのままの状態で高速走行をすると、ドアが変形して隙間が生じるおそれがあります。

【対策】
全車両、スイングドアに半ドア警告灯を追加します。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
いすゞ「交換修理用エキスパンダ」(制動力が低下)     (2010-10-15 - 771 Clicks)
【対象製品】
交換修理用エキスパンダ

【不具合の内容】
交換修理用として販売した主制動装置のブレーキシューを拡張するエキスパンダにおいて、ウェッジ部タペットの熱処理が不適切なため、タペットのローラ転動面が早期に摩耗するものがある。そのため、ローラ転動面に凹みが発生し、ブレーキシューの拡張ができず制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、当該エキスパンダの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

【連絡先】
お問合せ先:いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(制動力が低下)     (2010-10-15 - 714 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
主制動装置のブレーキシューを拡張するエキスパンダのウェッジ部タペットの熱処理が不適切なため、タペットのローラ転動面が早期に摩耗するものがある。そのため、ローラ転動面に凹みが発生し、ブレーキシューの拡張ができず制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、当該エキスパンダの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
日野「プロフィア、レンジャー、セレガ」(制動力が低下)     (2010-10-15 - 382 Clicks)
【該当車両】
プロフィア、レンジャー、セレガ

【不具合の内容】
主制動装置のブレーキシューを拡張するエキスパンダのウェッジ部タペットの熱処理が不適切なため、タペットのローラ転動面が早期に摩耗するものがあります。そのため、ローラ転動面に凹みが発生し、ブレーキシューの拡張ができず制動力が低下するおそれがあります。

【対策】
全車両、当該エキスパンダの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
日野「スカニア」(カプラが外れる)     (2010-10-15 - 394 Clicks)
【該当車両】
スカニア

【不具合の内容】
連結装置のカプラのマウントプレートをフレームに固定する締付ボルトの設定が不適切なため、当該ボルトが緩むものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、ボルトが脱落し、カプラが外れるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ボルトを対策品と交換し、適正トルクで締め付けます。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロキング」(誤品のクラッチディスクを装着)     (2010-10-15 - 421 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
大型高速路線バスにおいて、誤品のクラッチディスクを装着し、出荷したものがある。

【対策】
全車両、クラッチディスクおよびカバーを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(ドアが変形)     (2010-10-15 - 398 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、強風や傾斜地でのスイングドア閉め時に半ドアとなる場合がある。そのため、そのままの状態で高速走行をすると、ドアが変形して隙間が生じるおそれがある。

【対策】
全車両、スイングドアに半ドア警告灯を追加する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ポルシェ「カイエン」(トレーラの非常点滅表示灯作動不良)     (2010-10-13 - 371 Clicks)
【対象車種】
カイエンS
カイエン ターボ
カイエン
カイエン GTS
カイエン ターボS

【不具合の内容】
トレーラ・ヒッチ・コントロールユニットのプログラムが不適切なため、トレーラ連結時に非常点滅表示灯を使用すると、約2分後にトレーラの非常点滅表示灯が作動しなくなるおそれがある。
 
【対策】
全車両、トレーラ・ヒッチ・コントロールユニットのプログラムを書き直す。

【連絡先】
ポルシェ カスタマーケアセンター TEL:0120-846-911 
(受付:月〜金 9:00-18:00)
■コメントする
ポルシェ「パナメーラ」(駐車ブレーキが作動しなくなる)     (2010-10-13 - 386 Clicks)
【対象車種】
パナメーラ 4S
パナメーラ ターボ

【不具合の内容】
駐車ブレーキ(電気式)の電気配線において、当該配線接続部の圧着端子のカシメが不適切なため、接触不良により駐車ブレーキが作動しなくなるおそれがある。
 
【対策】
全車両、駐車ブレーキ(電気式)の電気配線の製造日を確認し、対象のものは当該電気配線を良品と交換する。

【連絡先】
ポルシェ カスタマーケアセンター TEL:0120-846-911 
(受付:月〜金 9:00-18:00)
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(速度計不良)     (2010-10-13 - 423 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型路線バスにおいて、オートマチックトランスミッションに装着されている車速センサーの構造が不適切なため、当該センサー内の配線が断線し、速度計が速度を指示しなくなるとともに、運行記録計が速度を記録しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、車速センサーを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
トヨタ「HDDナビゲーション」(地図更新できない)     (2010-10-8 - 949 Clicks)
【該当製品】
トヨタ純正マップオンデマンド対応ナビゲーション

【不具合の内容】
ナビゲーションの地図更新機能に関わるプログラムが不適切なため、地図更新のための配信データを受信しても、地図更新できないことがあります。

【対策】
ナビゲーションを点検し、該当する場合はナビゲーションのプログラムと地図データの更新を実施致します。

【連絡先】
マップオンデマンド・サポートデスク [電話番号] 0561-57-9537
[受付時間] 9:00〜18:00(365日年中無休)
■コメントする
ダイハツ「ムーヴ、タント」(ドアミラーが外れる)    (2010-10-8 - 1336 Clicks)
【該当車両】
ムーヴ、タント

【不具合の内容】
ドアミラーにおいて、ドアミラー本体とベースを締結するネジに緩み止めが無いため、使用過程における振動や強めの外力によるへたりで当該ネジが緩み、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ドアミラー本体がベースから外れ、後方の交通状況等が確認できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ドアミラー本体とベースを締結しているネジを接着剤付に交換し、規定トルクで締付けます。

【連絡先】
最寄りのダイハツ販売店
または
ダイハツ工業株式会社 お客様相談室
フリーコール 0800-500-0182
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜17:00
上記フリーコールにて通話できない場合、
<例:携帯電話・PHS>は、下記電話をご利用ください。
072-784-8480
■コメントする
シーディートレーディング「エンジンスターター」(車輌火災の可能性)     (2010-10-2 - 972 Clicks)
【対象製品】
テレコントロール エンジンスターター 「 ES-89 Light 」
対象シリアル番号
D0000001〜D0025730

【理由】
テレコントロールエンジンスターター「ES-89Light」に使用されています部品に不具合が見つかり、
稀ではありますが、車輌火災の可能性もあることが判明致しました。

【対策】
良品と交換(無償修理)

【お問い合わせ先】
フリーダイヤル 0120-89-2200(本州) 0120-89-7739(北海道) 受付平日9時〜17時30分
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(座席ベルトが引き出せなくなる)     (2010-10-1 - 735 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
座席ベルト巻取装置の内部部品(イナーシャマス)の製造工程において、不適切な材料を使用したため、当該部品が変形し、座席ベルトが引き出せなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、座席ベルトを対策品と交換する

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
日産「キャラバン」(制動距離が長くなる)     (2010-10-1 - 429 Clicks)
【該当車両】
キャラバン

【理由】
制動倍力装置の製造時に、当該装置内部のダイヤフラムに傷がついたものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると傷が貫通し、最悪の場合、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。

【対策】
制動倍力装置を良品に交換します。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(走行安定性が損なわれる)     (2010-10-1 - 782 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
空気ばね緩衝装置付大型トラックにおいて、後車軸を車枠に固定するVロッドのブッシュ寸法が不適切なものがあるため、段差乗り越えなどの大きな変動等を繰り返し受けると、ブッシュ外周が磨耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、Vロッドが損傷し、最悪の場合、走行安定性が損なわれるおそれがある。

【対策】
全車両、Vロッドを良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(制御ランプが点灯)     (2010-10-1 - 418 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
箱型マフラーを装着した大型トラックの尿素選択還元型触媒システムにおいて、尿素噴射制御データが不適切なため、マフラー内に尿素結晶が堆積し、SCR制御ランプおよびエンジン制御ランプが点灯するおそれがある。

【対策】
全車両、尿素選択還元型触媒システムのプログラムを対策プログラムに書き換える。また一部の車両については、エンジンECUのプログラムも対策プログラムに書き換える。なお、マフラー内に尿素結晶が堆積していた場合は、マフラーを新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
0.214 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop