新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP> 自動車> 2010年8月
総合リコール情報 2010年8月
2010年8月    (19)
UDトラックス「大型バス」(亀裂が発生)    (2010-8-31 - 450 Clicks)
【該当車両】
大型バス

【理由】
後軸前側クロスメンバ部において、床材骨格締結用ブラケットのボルト締結部に応力が集中しているため、当該部位に亀裂が発生するおそれがあります。

【対策】
全車両、当該部位に座金を追加します。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
UDトラックス「大型バス」(亀裂が発生)    (2010-8-31 - 420 Clicks)
【該当車両】
大型バス

【理由】
後軸前側クロスメンバ部において、床材骨格締結用ブラケットの強度が不足しているため、当該部位に亀裂が発生するおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ブラケットに補強材を追加します。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
マツダ「ボンゴ」(火災に至るおそれ)    (2010-8-28 - 458 Clicks)
【該当車両】
ボンゴ

【不具合の内容】
助手席シート座面(エンジンカバーと共用)下のエンジンルームを点検整備した後、前席中央席用シートベルトバックルを誤ってエンジンルームに挟み込ませた状態でエンジンカバーを閉めた場合、当該シートベルトバックルが燃料ホースと干渉することがあります。そのため、そのまま使用すると、燃料ホースが損傷、または抜けて燃料が漏れ、火災に至るおそれがあります。

【対策】
全車両、シートベルトバックルの動きを規制するためのスペーサを取付けます。

【連絡先】
マツダ(株)コールセンター
TEL:0120-386-919
■コメントする
ダイハツ「ハイゼット」(エンジンが停止)    (2010-8-28 - 1313 Clicks)
【該当車両】
ハイゼット

【不具合の内容】
ハイブリッドモータの軸受け部において、加工機の管理不良による製造時の寸法ばらつきにより軸受けに過大な荷重がかかったものがあり、軸受けの発熱で当該軸受けのグリスが劣化するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エンジンが停止するおそれがあります。

【対策】
全車両、モータを対策品と交換するとともに、隙間調整のためシムを追加します。

【連絡先】
最寄りのダイハツ販売店
または
ダイハツ工業株式会社 お客様相談室
フリーコール 0800-500-0182
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜17:00
上記フリーコールにて通話できない場合、
<例:携帯電話・PHS>は、下記電話をご利用ください。
072-784-8480
■コメントする
三菱自動車「デリカ」(火災に至るおそれ)     (2010-8-28 - 455 Clicks)
【該当車両】
デリカ

【理由】
助手席シート座面(エンジンカバーと共用)下のエンジンルームを点検整備した後、 前席中央席用シートベルトバックルを誤ってエンジンルームに挟み込ませた状態でエンジンカバーを閉めた場合、 当該シートベルトバックルが燃料ホースと干渉することがあります。 そのため、そのまま使用すると、燃料ホースが損傷、または抜けて燃料が漏れ、火災に至るおそれがあります。

【対策】
全車両、シートベルトバックルの動きを規制するためのスペーサを取付けます。

【連絡先】
お客様相談センター
フリーダイヤル 0120-324-860
受付時間
9:00〜17:00 (土・日 9:00〜12:00 13:00〜17:00)
■コメントする
日産「バネット」(火災に至るおそれ)    (2010-8-28 - 454 Clicks)
【該当車両】
バネット

【理由】
助手席シート座面(エンジンカバーと共用)下のエンジンルームを点検整備した後、前席中央席用シートベルトバックルを誤ってエンジンルームに挟み込ませた状態でエンジンカバーを閉めた場合、当該シートベルトバックルが燃料ホースと干渉することがあります。そのため、そのまま使用すると、燃料ホースが損傷、または抜けて燃料が漏れ、火災に至るおそれがあります。

【対策】
シートベルトバックルの動きを規制するためのスペーサを取付けます。

【連絡先】
0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(年末年始を除く)
■コメントする
いすゞ「除雪車」(方向指示器不点灯)     (2010-8-26 - 755 Clicks)
【対象製品】
除雪車

【不具合の内容】
前部側面方向指示器の製造工程が不適切なため、レンズ取付け部に隙間があり、当該方向指示器内に水が浸入するものがある。そのため、そのまま使用を続けると導通不良となり、点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、前部側面方向指示器を良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
日野「除雪車」(方向指示器不点灯)    (2010-8-26 - 395 Clicks)
【該当車両】
除雪車

【不具合の内容】
前部側面方向指示器の製造工程が不適切なため、レンズ取付け部に隙間があり、当該方向指示器内に水が浸入するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると導通不良となり、点灯しなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、前部側面方向指示器を良品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: 日野自動車株式会社 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120−10−6558
オープン時間:月曜〜金曜(除く祝祭日)9:00〜12:00, 13:00〜17:00
■コメントする
UDトラックス「大型、中型トラック」(方向指示器不点灯)    (2010-8-26 - 420 Clicks)
【該当車両】
大型、中型トラック

【理由】
前部側面方向指示器の製造工程が不適切なため、レンズ取付け部に隙間があり、当該方向指示器内に水が浸入するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると導通不良となり、点灯しなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、前部側面方向指示器を良品と交換します。

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
いすゞ「ジャーニー」(再始動不可など)     (2010-8-25 - 797 Clicks)
【対象製品】
ジャーニー

【不具合の内容】
(1) DPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)付き車の原動機制御コンピュータにおいて、低負荷走行時の自動再生(捕集した粒子状物質の燃焼除去)の燃料噴射量の設定が不適切なため、余剰な燃料がエンジンオイルに混入するものがある。そのため、エンジンオイル量が規定量を超えた状態で使用を続けると、吸気経路にエンジンオイルが混入して白煙が発生し、エンジンの回転が上昇することがあり、最悪の場合、エンストして再始動できなくなるおそれがある。
(2) 側面方向指示器を備えた車両の非常点滅表示灯スイッチにおいて、接点の耐久性が不足しているため、当該スイッチ操作時の通電によりアーク放電が発生し、接点が摩耗するものがあり、最悪の場合、非常点滅表示灯が点灯しないおそれがある。
(3) 手動変速機搭載車において、燃料フィルタ取付ブラケットの形状が不適切なため、シフトリンケージと燃料ホースの隙間が狭いものがあり、最悪の場合、シフト操作時にシフトリンケージが燃料ホースに干渉するおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、当該制御コンピュータのプログラムを修正するとともに、エンジンオイルを新品に交換する。なお、当該不具合が発生したことのある車両については、必要に応じて、エンジン本体、インジェクタ、触媒を新品に交換する。
(2) 全車両、当該操作スイッチ、および、フラッシャーユニットを対策品と交換する。
(3) 全車両、当該ブラケット、および、燃料ホースを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ジャーニー」(冷却水もれなど)    (2010-8-25 - 743 Clicks)
【対象製品】
ジャーニー

【不具合の内容】
(1) DPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)において、エンジンオイルレベルが増加した場合のオイルレベルゲージのオイル交換目安の表示が不適切であり、また、排気シャッタ本体の材質が不適切で錆が発生することでDPF再生頻度が増加するため、エンジンオイルの交換インターバルが短くなるおそれがある。
(2) ヒータ用の電動ウォーターポンプにおいて、正規仕様品の供給不足時に採用した代替品のシール部の耐異物性能が不足しているため、冷却水内の異物によりシール材が傷つき、冷却水が滲み出るおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、オイルレベルゲージ、および、排気シャッタを対策品へ交換するとともに、原動機制御コンピュータを修正する。
(2) 全車両、当該ウォーターポンプを正規仕様品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ジャーニー」(ホイールカバー取り付け不可)     (2010-8-25 - 743 Clicks)
【対象製品】
ジャーニー

【不具合の内容】
リア側アクスルシャフトにおいて、メーカーオプションであるホイールカバーを取り付けるためのアタッチメントを固定する穴が無いものがあり、ホイールカバーを取り付けることが出来ない。

【対策】
全車両、当該アクスルシャフトを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
ブリヂストン「タイヤ」(異物が付着)     (2010-8-20 - 352 Clicks)
【該当製品】
軽トラック・軽バン用タイヤ
 DURAVIS R670
(デュラビス アールロクナナマル)
サイズ 145R12LT 6PR
販売期間 2010年7月13日以降
製造期間 2010年7月11日〜7月17日
製造番号 ENRAJCC2810

【不具合の内容】
製造過程でタイヤ内部に異物が付着した商品があることが判明

【対策】
無償で交換

【連絡先】
株式会社ブリヂストン
お問合せ窓口(専用フリーダイヤル):0120−660−580

受付時間
9月30日(木)まで 午前9時〜午後6時 毎日(土日祝日を含む)
10月1日(金)以降 午前9時〜午後5時 月〜金(土日祝日・当社特定休日は除く)
■コメントする
マツダ「プレマシー」(再始動しない)     (2010-8-20 - 419 Clicks)
【該当車両】
プレマシー

【不具合の内容】
アイドリングストップ(i−stop)仕様車において、エンジン制御用コンピュータのプログラムが不適切なため、エンジンが半暖機状態でアイドルストップした後に、自動的に再始動しないおそれがあります。

【対策】
全車両、エンジン制御プログラムを書き換えます。

【連絡先】
マツダ(株)コールセンター
TEL:0120-386-919
■コメントする
スバル「レガシィ」(樹脂カバー部が変形)     (2010-8-20 - 437 Clicks)
【該当車両】
レガシィ

【不具合の内容】
リヤバンパに後付け用品のリヤバンパスカートが装着された車両において、リヤバンパスカートの樹脂カバー部の材質が不適切なため、排気系からの輻射熱によりリヤバンパスカートの樹脂カバー部が変形するおそれがある。

【対策】
全車両、リヤバンパスカートを対策品と交換する。

【連絡先】
SUBARUお客様センター
SUBARUコール:0120−052215
受付時間 9:00〜17:00(平日)
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝)
■コメントする
スズキ「キザシ」(加速不良)     (2010-8-19 - 814 Clicks)
【該当車両】
キザシ

【不具合の内容】
無段変速機(CVT)搭載車両において、CVT内のモータの製造が不適切なため、当該モータが一時的に滑らかに作動しないものがあります。また、CVTコントロールユニットのプログラムが不適切なため、当該モータが滑らかに作動しない場合、CVTの変速比に異常が生じたものと検知することがあります。そのため、フェールセーフ機能が働いて加速不良となるおそれがあります。

【対策】
全車両、CVTコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換えます。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(火災に至るおそれ)     (2010-8-4 - 428 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
後2軸大型トラックの後々軸(非駆動軸)アクスルハウジングの溶接が不適切なため、当該溶接部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該アクスルハウジングが折損し、ブレーキの過熱やタイヤとフレームの接触が生じて、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、当該アクスルハウジングを良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、エアロスター、エアロミディ」(車両火災)     (2010-8-4 - 475 Clicks)
【該当車両】
ファイター、エアロスター、エアロミディ

【理由】
水温計の上昇や冷却水不足の警告灯が点灯しているオーバーヒート状態での走行を続けると、エンジン内部の摺動部品が焼付き、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

【対策】
ユーザーにダイレクトメールにて不具合事例を示して、オーバーヒートを発生させないための点検の実施と、オーバーヒートを発生させてしまった場合の対処方法について注意喚起を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
UDトラックス「コンドル」(警音器が鳴らなくなる)    (2010-8-3 - 426 Clicks)
【該当車両】
コンドル

【理由】
(1)警音器スイッチ配線において、配索が不適切なため、ハンドル操作の繰り返しにより、当該配線が断線することがあります。そのため、最悪の場合、警音器が鳴らなくなるおそれがあります。

(2)後輪左側タイヤにおいて、ブレーキホースブラケット固定ボルトとのクリアランスが不適切なため、高重心架装した車両で急旋回走行等を行うと、当該ボルトとタイヤの側面が接触するおそれがあります。

【対策】
(1)警音器スイッチの配索位置を変更します。また、警音器が鳴らない場合は、コンビネーションスイッチを交換します。
(2)ブレーキホースブラケット固定ボルトの向きを変更します

【連絡先】
UDトラックス株式会社 お客様相談室
〒362−8523 埼玉県上尾市大字壱丁目1番地
フリーダイヤル 0120−67−2301  
オープン時間  月曜日〜金曜日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
         但し、会社休業日を除きます。
■コメントする
0.194 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop