新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > ルノー
総合リコール情報 ルノー
ルノー    (25)
ルノー「セニック」(走行中に駐車ブレーキ)    (2010-6-30 - 801 Clicks)
【該当車両】
セニック

【不具合の内容】
電動コントロール式自動駐車ブレーキ制御ユニットのプログラムが不適切なため、電気配線等の接触不良によりABSコントロールユニット及びインジェクションコントロールユニットの電源供給が途絶えた場合、車両が停車したと誤認識し、走行中に駐車ブレーキが掛かるおそれがある。

【対策】
全車両、電動コントロール式自動駐車ブレーキ制御ユニットのプログラム番号を確認し、対象のものは対策されたプログラムに書き換える。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜18:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(エアスポイラが脱落)    (2010-3-18 - 454 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
車両後部に取り付けられているエアスポイラにおいて、後部取り付け部の強度が不足しているため、荷室扉の開閉時や走行中の振動により、当該取付け部に亀裂が発生することがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該取り付け部が破損して、最悪の場合、エアスポイラが脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、エアスポイラの固定を補強するため粘着シール剤を塗布するとともに、エアスポイラの振動を抑制するため前部取り付けクリップを対策品と交換する。また、エアスポイラが損傷しているものは、新品と交換する。
なお、本作業により補助制動灯が故障した場合の交換・修理が困難になることから、将来の補助制動灯を交換・修理する機会を少なくするため、予防措置として今回の作業において、全車両、補助制動灯を新品と交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜18:00)
■コメントする
ルノー「コレオス」(ハンドル操作ができなくなるおそれ)    (2009-12-11 - 351 Clicks)
【該当車両】
コレオス

【不具合の内容】
かじ取装置のステアリングギアにおいて、ピニオンシャフト固定用ナットの加工が不適切なため、使用過程において当該ナットの締付力が低下することがある。そのため、当該ナットが徐々に緩み、最悪の場合、ピニオンシャフトが抜けて、ハンドル操作ができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ナットの締付状態を点検し、固定用ナットの緩み防止クランプを追加する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜18:00)
■コメントする
ルノー「トゥインゴ」(座席位置を保持できなくなる)    (2009-11-23 - 349 Clicks)
【該当車両】
トゥインゴ

【不具合の内容】
運転者席のシートバックを前傾させたときに運転者席のスライド装置のロックを解除する為のコネクティングケーブルの張力調整用ばね格納部において、当該部の組み付けが不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、使用過程において当該部が損傷し、最悪の場合、座席スライド装置のロックが解除され、座席位置を保持できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該部に補強カバーを取り付ける。また、当該部が損傷しているものは、コネクティングケーブル一式を良品に交換し、補強カバーを取り付ける。さらに、運転者席のスライド装置が損傷している場合は、スライド装置を新品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜18:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ、セニック」(燃料が漏れるおそれ)    (2009-5-8 - 380 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ、セニック

【不具合の内容】
燃料タンク上部に燃料ポンプを取り付けるための樹脂製ナットにおいて、製造工程における熱処理が不適切なものがある。そのため、温度変化の繰り返しにより当該ナットに亀裂が生じ、燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ナットを良品と交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜18:00)
■コメントする
ルノー「各車」(ギヤが3速に固定されるおそれ)    (2009-5-8 - 499 Clicks)
【該当車両】
ルーテシア、メガーヌ、セニック、カングー

【不具合の内容】
トルク・コンバータの内部形状が不適切なため、使用過程において微細な切削物が発生し、自動変速機潤滑油冷却器の油流を妨げるおそれがある。そのため、自動変速機の油圧異常を示す警告灯が点灯し、フェールセーフモードに切り替わり、ギヤが3速に固定されるおそれがある。

【対策】
全車両、トルク・コンバーターと自動変速機潤滑油冷却器を良品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜18:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(制動力が低下するおそれ)    (2009-1-30 - 560 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
前輪用ブレーキホースにおいて、継ぎ手のかしめが不適切なため、強いブレーキ操作を多用した
場合、熱の影響によりホースが軟化し、ホースと継ぎ手の嵌合がゆるくなり、ブレーキ液が漏れる
ことがある。最悪の場合、ホースが継ぎ手から抜け、制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、当該ブレーキホースを対策品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「ラグナ、ルーテシア、アバンタイム」(再始動不能となるおそれ)    (2008-12-12 - 445 Clicks)
【該当車両】
ラグナ、ルーテシア、アバンタイム

【不具合の内容】
点火装置(イグニッションコイル)の内部絶縁不良又は内部接点の接圧不良により十分な点火が行われなくなり、原動機の始動が困難、及び原動機の回転が不安定となり、最悪の場合、原動機が走行中に停止し、再始動不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、全てのイグニッションコイルを対策品と交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「セニック」(スイッチ及び周辺部品が溶損するおそれ)    (2008-12-12 - 401 Clicks)
【該当車両】
セニック

【不具合の内容】
車体外後写鏡調整用スイッチに多量の雨滴等が浸入した場合に、当該スイッチ内の電気基盤が短絡し、最悪の場合、当該スイッチ及び周辺部品が発熱により溶損するおそれがある。

【対策】
全車両、スイッチを対策品と交換し、配線接続部に溶損が見られる場合は配線を交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(乗員を保護できないおそれ)    (2008-10-2 - 449 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ RS 2.0

【不具合の内容】
製造工程において、前席座席ベルト巻き取り装置の取り付けボルトにシール剤が付着したものがある。そのため、使用過程において当該ボルトが緩み、最悪の場合、衝突時等に座席ベルトが正しく乗員を保護できないおそれがある。

【対策】
全車両、当該ボルトへのシール剤付着の有無を確認し、付着している場合は取り除き、当該ボルトを締め直す。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「ルーテシア」(メーターパネルの照明が点灯しない)    (2008-9-5 - 509 Clicks)
【該当車両】
ルーテシア

【不具合の内容】
メーターパネルの制御ユニットのプログラムが不適切なため、速度計を含むメーターパネルの照明が点灯しないおそれがある。

【対策】
全車両、メーターパネルの部品番号を確認し、対象のものはメーターパネルを対策品と交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(年少者用補助乗車装置が固定できないおそれ)    (2008-7-26 - 450 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
車両製作時において、年少者用補助乗車装置取付具が取り付けられていないものがあるため、当該装置を固定できないおそれがある。

【対策】
全車両、当該装置取付具の有無を確認し、取り付けられていないものは取り付ける。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「ラグナ」(走行不能になるおそれ)    (2008-7-18 - 452 Clicks)
【該当車両】
ラグナ2.0、ラグナ2.0 ワゴン、ラグナ3.0、ラグナ3.0 ワゴン

【不具合の内容】
ギアセレクターレバーとシフトコントロールケーブルの連結部の強度が不足しているため、シフト操作を繰り返すと、当該連結部が摩耗することがある。そのため、そのまま使用を続けると、摩耗が進行して、最悪の場合、当該レバーからシフトコントロールケーブルが外れ、シフト操作が出来なくなり走行不能になるおそれがある。

【対策】
全車両、ギアセレクターレバーとシフトコントロールケーブルを対策品と交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(メーターパネルの照明が点灯しないおそれ)    (2008-6-24 - 468 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
電装品の制御ユニットのプログラムが不適切なため、速度計を含むメーターパネルの照明が点灯しないおそれがある。

【対策】
全車両、電装品制御ユニットのプログラム番号を確認し、対象のものは対策されたプログラムに書き換える。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ・セニック」(エンジンが停止する)    (2008-5-13 - 460 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ、セニック

【不具合の内容】
エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、エアーコンデショナーの冷媒圧力を適正に制御出来なくなり、コンプレッサーが回り続けることがある。そのため、そのまま使用を続けると、コンプレッサーに過大な負担が掛かり、駆動ベルトが外れて補機類が作動しなくなり、最悪の場合、エンジンが停止する。

【対策】
全車両、エンジンコントロールユニット番号を確認し、必要な場合は対策プログラムに変更する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ、セニック」(エンジンが停止するおそれ)    (2007-6-22 - 522 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ、セニック

【不具合の内容】
エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、エアーコンデショナーの冷媒圧力を制御しなくなる、そのため、そのまま使用を続けると、コンプレッサーにストレスが掛かり、エンジン回転との差が生じることにより駆動ベルトが外れ、補機類が作動しなくなり、最悪の場合、エンジンが停止する。

【対策】
全車両、エンジンコントロールユニット番号を確認し、対策プログラムに変更する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「ルーテシア」(火災に至るおそれ)    (2007-5-16 - 521 Clicks)
【該当車両】
ルーテシア

【不具合の内容】
ストップランプスイッチの製造工程において、スイッチ内部の電気接点部に誤ってグリスが注入されたものがある。そのため、接点間の抵抗が増加して、電気アークを誘発し、発熱・溶損することがあり、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、ストップランプスイッチを良品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「各車」(エンジンが停止するおそれ)    (2007-3-19 - 571 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ
ルーテシア
カングー

【不具合の内容】
イグニションコイル内部の二次コイル端部と点火プラグ間の接触不良で、高電圧の負何により当該端部が損傷する事がある。そのため、そのまま使用を続けると、損傷による放電作用でのイグニションコイルの出力不足からエンジン不調となり、警告灯点灯、始動不良、出力不足、不安定な加速等の症状が発生し、エンジンが停止するおそれがある。

【対策】
全車両、イグニションコイル(4気筒)を対策品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(変速ショックが生じるおそれ)    (2007-3-5 - 519 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
オートマチックトランスミッションオイル冷却装置(ATオイルクーラー)の冷却機能が不充分なため、高温下や長時間の渋滞等を走行した際、当該オイル温度が上昇することがある。そのため、そのまま使用を続けると、ミッション内部のシール性が低下して油圧が減少し、変速時にショックが生じる、又は、発進時に動力の接続が一時的に遅れ急に接続し、変速ショックが生じるおそれがある。

【対策】
全車両、ラジエータインレット及び、またはアウトレットホース、ATオイルクーラーを対策品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「トゥインゴ」(スプリングが折損)    (2006-11-20 - 520 Clicks)
【該当車両】
トウインゴ

【不具合の内容】
前輪緩衝装置のコイルスプリングの表面防錆処置が不適切なため、悪路、融雪剤等の路面走行を繰り返えすことで、当該スプリングの表面に亀裂が生じることがある、そのため、そのまま使用を続けると、亀裂部からコイルスプリングに錆が進行し、最悪の場合、スプリングが折損して車両が傾くおそれがある。

【対策】
全車両、フロント・コイルスプリングを対策品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「カングー」(インストルメントパネル)    (2006-11-20 - 529 Clicks)
【該当車両】
カングー

【不具合の内容】
車両の電装品を制御するユニットの設定が不適切なため、イグニションスイッチをオンにした際、インストルメントパネルにエンジンオイル交換の指示が誤表示されるものがある。

【対策】
全車両、インストルメントパネルの表示内容を点検し、エンジンオイル交換の指示が表示される場合は、診断機を接続し、表示内容を再設定する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「セニック」(ドアガラスガイド)    (2006-11-20 - 543 Clicks)
【該当車両】
セニック

【不具合の内容】
パワーウインドウのドアガラスを支え、上下させるための樹脂製ガイドの取り付けが不適切なため、パワーウインドウの作動時にかかる応力により当該ガイドが損傷し、そのため、ガラスが上下しなくなる又は、レールから外れてしまうおそれがある。

【対策】
全車両、パワーウインドウレギュレーターを取り外し、ガラスガイドを良品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(ピラーモール脱落の可能性)    (2006-11-3 - 513 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
フロントガラスのピラーモールの固定に使用している樹脂製クリップの取り付けが不適切なため、高速道路走行の風圧や、その他の影響で当該ピラーモールに応力がかかり、最悪の場合、当該ピラーモールが外れてしまうことがある。

【対策】
全車両、左右のピラーモールを外し、使用しているクリップを全て良品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「メガーヌ」(パーキングロック不良)    (2006-11-3 - 484 Clicks)
【該当車両】
メガーヌ

【不具合の内容】
ギアシフトレバーを「パーキング」からシフトする際、ブレーキペダルを踏む事によりシフトロックが解除されるが、ギアシフト機構の組立に不適切なものがあるため、当該ロックが作動せず、パーキング位置からギアシフトレバーが、そのまま動いてしまうおそれがある。

【対策】
全車両、ギアシフトレバーの作動を点検し、不具合がある場合は、ギアシフトレバー・アッセンブリーを良品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
ルノー「各車」(自動変速機能の異常)    (2006-10-11 - 563 Clicks)
【該当車両】
ルーテシア、メガーヌ、セニック

【現象】
オートマチックトランスミッションオイルの冷却機能が不充分なため、高温下や長時間の渋滞において、当該ミッションオイル温度が上昇することにより内部油圧制御が不適切になるため、自動変速機能が適切に作動しなくなり、変速ショック、発進時の作動遅れが生ずるおそれがある。

【対策】
全車両、ラジエータインレット及び、またはアウトレットホース、ATオイルクーラーを対策品に交換する。

【連絡先】
ルノーコール0120-676-365(年中無休 9:00〜21:00)
■コメントする
0.199 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop