新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > ランドローバー
総合リコール情報 ランドローバー
ランドローバー    (7)
ランドローバー「レンジローバー」(走行不能になるおそれ)    (2008-5-29 - 445 Clicks)
【該当車両】
レンジローバー

【不具合の内容】
フロントディファレンシャルの取り付け角度が不適切なため、フロントディファレンシャルとフロントプロペラシャフトの接続部が早期に磨耗するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、磨耗が進行し車体振動や異音が発生して、最悪の場合、走行不能になるおそれがあります。

【対策】
全車両、フロントディファレンシャルの接続部とフロントプロペラシャフトを対策品と交換します。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
ランドローバー「フリーランダー」(乗員に過度の傷害を与えるおそれ)    (2008-3-27 - 419 Clicks)
【該当車両】
フリーランダー

【不具合の内容】
助手席エアバッグ装置において、デフレクター(保護カバーの樹脂成型部品)の材質に不適切なものがあるため、当該エアバッグが作動した場合、デフレクターの破片が飛散し、最悪の場合、前面衝突時に乗員に過度の傷害を与えるおそれがあります。

【対策】
全車両、助手席エアバッグ装置を良品と交換します。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
ランドローバー「フリーランダー2」(サンルーフが脱落するおそれ)    (2008-3-27 - 417 Clicks)
【該当車両】
フリーランダー2

【不具合の内容】
サンルーフ装着車において、サンルーフガイドレールの構造が不適切なため、当該ガイドレールに過度の応力がかかると、亀裂が発生することがあります。そのため、サンルーフにねじれや固着が生じ、この状態で乗員がサンルーフに外力を加える、または走行風圧でサンルーフに外力が加わると、サンルーフが作動機構から外れ、最悪の場合、脱落するおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ガイドレールに保持ブロックを取り付けるとともに形状を変更します。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
ランドローバー「ディスカバリー」(発煙・火災に至るおそれ)    (2007-7-4 - 511 Clicks)
【該当車両】
ディスカバリー

【不具合の内容】
制動灯スイッチ内部の接点の電気負荷に対する容量が不足しているため、制動装置作動時に接点が焼き付き、
(1)制動灯が点灯したままの状態となります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、制動灯スイッチが発熱し、配線が溶損して、最悪の場合、発煙・火災に至るおそれがあります。
(2)制動灯が点灯しなくなり、シフトレバーがパーキング位置から動かなくなることがあります。

【対策】
全車両、制動灯スイッチを対策品と交換します。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
ランドローバー「レンジローバー」(火災に至るおそれ)    (2007-5-25 - 464 Clicks)
【該当車両】
レンジローバー

【不具合の内容】
電気装置において、エンジンルーム内にある主電気配線の取り回しが不適切なため、アンチロックブレーキシステムポンプと干渉するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、車体の振動等により、配線が損傷して短絡し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

【対策】
全車両、当該配線に結束バンドを用いて、ポンプと干渉しない位置に固定し、配線が損傷しているものは修理します。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
ランドローバー「ディスカバリー3」(燃料が漏れるおそれ)    (2007-3-6 - 471 Clicks)
【該当車両】
ディスカバリー3

【不具合の内容】
燃料タンク内のブリーザーパイプ(給油時に燃料タンク内の空気を外部に排出するためのもの)の成型加工が不適切なため、接続部が外れることがあり、燃料が規定以上に給油される場合があります。そのため、当該箇所より、燃料がキャニスターに流入し、エンジンに濃い燃料が供給され、エンジンが停止する、又は、外気温度が非常に高いときなどに、キャニスターの容量を超え、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料タンクを良品と交換します。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
ランドローバー「フリーランダー 」(ドアが開くおそれ)     (2006-11-7 - 518 Clicks)
【該当車両】
フリーランダー

【不具合の内容】
左後部ドアのチャイルドロック装置(乗車中の子供が誤って後部座席ドアを開け
ることを防止する装置)において、当該ロック装置とドアロックを解除するレバ
ーとの間の隙間が基準値を外れているものがある。そのため、左後部ドアのチャ
イルドロックが施錠されていても、車内のドアハンドルを操作するとドアが開く
おそれがある。

【対策】
全車両、左後部ドアのチャイルドロック装置の作動を点検し、不具合が確認され
るものは、左後部ドアラッチを良品と交換する。

【連絡先】
お客様相談室 0120-92-2992
■コメントする
0.190 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop