新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > イセキ
総合リコール情報 イセキ
イセキ    (4)
イセキ「トラクタ」(前車輪が脱落する恐れ)    (2008-2-15 - 649 Clicks)
【該当車両】
型式 通称名 対象車の含まれる車台番号
SA− T141F AT23 T141F-001223 〜T141F-001264
SA− T142F AT25 ATK25 T142F-003331 〜T142F-003988
SA− T143F AT27 T143F-001795 〜T143F-002066
SA− T144F AT30 T144F-001872 〜T144F-002084
SA− T145F AT33 ATK33 T145F-003345 〜T145F-004614
T156F TH193 T156F-000001 〜T156F-000378
     TH173 T156F-100001 〜T156F-100193
EDM− T157F TH273 T157F-000001 〜T157F-000228
          TH253 T157F-100002〜T157F-100818
T157F TH233 T157F-200004 〜T157F-200636
      TH213 T157F-300001 〜T157F-300780
T122F  TH18 T122F-002034 〜T122F-002045
      THS18 T122F-101231
T123F  TH20 T123F-004347 〜T123F-004348
T124F THS20 T124F-003051
T125F  TH22 T125F-005504 〜T125F-005505
SA− T126F TH24 T126F-003029
          TH25 T126F-100938 〜T126F-100946

【不具合の内容】
前車輪の組付工程において、組付け作業が不適切なため、前輪ホイールの取付ボルトの締
付トルクが不足しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該ボル
トが緩んで外れ、最悪の場合、前車輪が脱落する恐れがあります。

【対策】
全車両、当該ボルトの締付トルクを点検し、トルクが不足している場合は規定のトルクで
締め付けます。

【連絡先】
購入された販売店まで
■コメントする
イセキ「コンバイン」(走行できなくなるおそれ)     (2007-10-10 - 656 Clicks)
【該当車両】
型式 通称名 対象車の含まれる車台番号
H113 HV211 H113-000001~H113-002096
H114 HV212 H114-000001~H114-001438
H115 HV213 H115-000001~H115-001121


【不具合の内容】
動力伝達装置の無段変速機(CVT)において、放熱性が不足しているため、圃場内作業の高負荷時にベルトが熱変形し滑りが発生するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、変速機内が異常高温になり、変速プーリが油切れを起こし焼付き、主変速レバーの操作ができなくなる又はベルト張力を調整するテンションローラの軸受が油切れを起こし焼付き破損して、ベルトの破損により、走行できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両点検し、ケース穴および冷却ファンがないものは、ケースを対策品に交換し、冷却ファンを追加します。また、テンションローラの軸受を新品と交換するとともに、テンションローラ、変速プーリ及びベルトを点検し、摩耗している部品は新品と交換します。

【連絡先】
購入された販売店まで
■コメントする
イセキ「コンバイン」(ニュートラルでも走行を続けるおそれ)     (2007-5-31 - 610 Clicks)
【該当車両】
HJ695,HJ587,HJ698,HJ590

【不具合の内容】
動力伝達装置において、静油圧変速機の油圧ポンプ内の流量を制御する斜板を支持するメタルの材質が不適切なため、作業時の使用状態により異常摩耗することがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該メタルの摩擦係数が増加して斜板の作動抵抗が大きくなり、主変速レバーを操作しても斜板が動かず変速不能 となり、最悪の場合、変速位置をニュートラルにしても車両が走行し続けるおそれがある。

【対策】
全車両、油圧ポンプ内のメタルを対策品に交換する。

【連絡先】
購入された販売店まで
■コメントする
イセキ「トラクター」(排気管が折損するおそれ)    (2006-9-14 - 629 Clicks)
【該当車両】
AT46 AT50

【不具合の内容】
マフラー直前部の排気管の強度が不足しているため、エンジンの振動により排気
管に亀裂が発生するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が
進行し、最悪の場合排気管が折損するおそれがあります。

【対策】
全車両、マフラー一式を対策品と交換します。

【連絡先】
営業技術グループ TEL 03-5604-7618
■コメントする
0.176 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop