新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > コマツ
総合リコール情報 コマツ
コマツ    (4)
コマツ「ホイールローダー」(再始動できなくなるおそれ)    (2007-8-24 - 464 Clicks)
【該当車両】
WA80-3
WA100M-3

【理由】
原動機の回転を発電機(オルタネータ)に伝達するプーリの構造が不適切なため、ファンベルトやプーリに多量の水がかかると、ベルトとプーリの間で滑りが発生するものがある。そのため、発電機が駆動されず充電不良となり、最悪の場合、原動機が停止し、再始動できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、ファンベルトとプーリを対策品に交換し、ラジエータ冷却通気口下部と、ラジエータ上部に雨だれ防止用の遮へい板を追加する。

【連絡先】
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616
■コメントする
コマツ「モーターグレーダー」(かじ取操作ができなくなるおそれ)    (2007-6-30 - 470 Clicks)
【該当車両】
小松 G6553 GD655-3
コマツ SC-GD013 GD655-3
コマツ SC-GD13A GD655-3
コマツ SD-GD020 GD755-3
コマツ SD-GD020A GH320-3

【理由】
かじ取シリンダの組立行程において、指示が不適切なため、油圧ホースが捩れた状態で組み立てられたものがある。そのため、タイヤを傾けた状態(リーニング状態)でかじを大きく切ると、油圧ホースがリーニングロッドと干渉するものがあり、そのまま使用を続けると、当該油圧ホースが損傷し、最悪の場合、ホースに穴が開き作動油が漏れ、かじ取操作ができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、かじ取シリンダの油圧ホースを対策品に交換するとともに、一部車両について、油圧ホースの組み立て方を変更する。

【連絡先】
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616
■コメントする
コマツ「空港化学消防車」(始動できなくなるおそれ)    (2006-10-3 - 509 Clicks)
【該当商品】
HV3000−1

【理由】
燃料タンクにおいて、設計図の誤記により、燃料の戻りホースと供給ホースが逆に取付けられている。また、燃料の戻り配管の固定方法が不適切なため、車両の振動により、取付け部に亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂部位から空気を吸込み原動機に燃料が供給されず、最悪の場合、原動機が停止する、あるいは始動できなくなるおそれがある。
燃料タンクの板厚が製作過程で不適切に変更されたため、燃料タンクの強度が低下し、亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料が漏れるおそれがある。
.
【対策】
全車両、燃料ホース及び燃料タンクを対策品と交換し、適正に取付ける。

【連絡先】
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616
■コメントする
コマツ「ホイールローダー」(電気回路を誤って結線)    (2006-10-3 - 488 Clicks)
【該当商品】
WA200-5
WA270-5

【理由】
原動機の電気回路において、スターターと電気回路を遮断するバッテリリレーを誤って結線したものがある。そのままの状態で使用を続けても支障はないが、弊社が販社向けに発行しているショップマニアルの電気回路の記載内容と不整合となる。
.
【対策】
全車両、当該電気回路を正規に結線する。

【連絡先】
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616
■コメントする
0.178 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop