新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > スズキ
総合リコール情報 スズキ
スズキ    (76)
スズキ「セニアカー」(レバーが後進でも前進してしまう)    (2011-9-6 - 5875 Clicks)
【該当車両】
電動車いす スズキ セニアカー ET-4A、ET-4C

【不具合の内容】
セニアカーの前後進切替スイッチのレバーにおいて、当該レバーに組付けられた磁石に錆が発生して、磁力が低下することがあります。そのため、レバーを後進に切替えても、後進位置を当該スイッチが検知できなくなり、後進警告アラームが鳴らず、アクセル操作をすると前進するおそれがあります。

【対策】
対象車両は、対策品の前後進切替スイッチに交換します。

【連絡先】
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル 0120-402-253(9時〜12時・13時〜17時)
※詳細はホームページからもご確認いただけます。
http://www.suzuki.co.jp/about/recall/
■コメントする
スズキ「レッツ4、レッツ5、アドレスV50」(排気管ガードが路面と接触)    (2011-7-13 - 1096 Clicks)
【該当車両】
レッツ4、レッツ5、アドレスV50

【不具合の内容】
排気管において、排気管ガードの組付工具の管理が不適切なため、排気管ガード締め付けボルトの締め付けトルクが不十分なものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該ボルトが外れ、排気管ガードが垂れ下がり、路面と接触するものがあります。

【対策】
全車両、排気管ガード締め付けボルトの締め付けトルクを点検し、不適切なものは正規トルクで締め付けます。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ランディ」(高速走行ができなくなるおそれ)    (2011-5-28 - 5822 Clicks)
【該当車両】
ランディ

【不具合の内容】
無段式変速機(CVT)において、高速走行時にCVTオイル内に気泡が発生して、異音が発生するとともに、オイルクーラへのオイルの供給量が減ることにより、オイル温度が上昇して保護制御に入るため、高速走行ができなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、CVTオイルに消泡剤を追加するとともに、オイルレベルを下限に調整し、CVT制御プログラムを修正します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「エスクード」(保安基準に適合しないおそれ)    (2011-4-6 - 5675 Clicks)
【該当車両】
エスクード

【不具合の内容】
自動式の前照灯照射方向調整装置付きのすれ違い用前照灯の光軸調整が不適切なため、前照灯の照射方向が保安基準に適合しないおそれがあります。

【対策】
全車両、前照灯の照射方向を点検し、基準を満足しないものは光軸調整を行います。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「エブリイ」(エンジン回転が下がらなくなるおそれ)    (2011-4-6 - 5292 Clicks)
【該当車両】
エブリイ

【不具合の内容】
アクセルケーブルの組付け工程において、作業者の組付け方法が不適切なため、アクセルケーブルが折れ曲がったものがあります。そのため、そのまま使用を続けると当該ケーブルのインナケーブルが損傷し、最悪の場合、アクセルペダルを戻してもエンジン回転が下がらなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、アクセルケーブルを新品に交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「二輪車5車種」(エンジンが停止)    (2011-2-18 - 1149 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブシリーズ、ジェンマ、イントルーダークラシック400シリーズ、GSR400シリーズ、バンディット1250シリーズ

【不具合の内容】
整流器の製造工程において、冷却フィン付きケースとパワーモジュール(電力用複合素子)の接着が不十分なため、パワーモジュール内部の整流素子が冷却されずに温度が上昇し、発電電流の制御ができなくなるものがあります。そのため、バッテリーが充電不足となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、整流器を対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「エスクード」(パワステ機能が停止)    (2011-1-29 - 5786 Clicks)
【該当車両】
エスクード

【不具合の内容】
オルタネータ等補機類を駆動する補機類駆動ベルトのテンショナ内部のスプリングの製造が不適切なため、当該スプリングが折損し、補機類駆動ベルトの張力が維持できなくなるものがあります。そのため、当該ベルトの張力が低下して異音が発生し、そのまま使用を続けると、当該ベルトが外れてオルタネータプーリ、ウォータポンププーリ及びパワーステアリングポンププーリを駆動できなくなり、発電不良及び冷却不良が発生し警告灯が点灯するとともに、パワステ機能が停止しハンドル操作力が増大するおそれがあります。

【対策】
全車両、補機類駆動ベルトテンショナを良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「キザシ」(発電不良及び冷却不良)    (2011-1-28 - 5284 Clicks)
【該当車両】
キザシ

【不具合の内容】
オルタネータ等補機類を駆動する補機類駆動ベルトのテンショナ内部のスプリングの製造が不適切なため、当該スプリングが折損し、補機類駆動ベルトの張力が維持できなくなるものがあります。そのため、当該ベルトの張力が低下して異音が発生し、そのまま使用を続けると、当該ベルトが外れてオルタネータプーリ及びウォータポンププーリが駆動できなくなり、発電不良及び冷却不良が発生し、充電警告灯の点灯及び水温計が高温表示するおそれがあります。

【対策】
全車両、補機類駆動ベルトテンショナを良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(騒音規制値超過)    (2011-1-19 - 1146 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
燃料噴射コントロールユニットにおいて、車両の製造工程で誤品を組付けたものがあります。そのため、加速時の騒音規制値を満足しなくなります。

【対策】
全車両、燃料噴射コントロールユニットの品番を点検し、該当するものは正規品に交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ワゴンR」(足等を負傷するおそれ)     (2010-11-26 - 776 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR

【不具合の内容】
助手席に昇降シートを搭載した車両において、昇降シートの折畳式フットレストのヒンジ端部が露出しているため、フットレストを使用せずにシートの下降操作をした場合、当該ヒンジ端部に足等が接触し、最悪の場合、足等を負傷するおそれがあります。

【対策】
全車両、フットレストのヒンジ部に保護カバーを装着するとともに、フットレストの使用方法について警告ラベルを貼付します。なお、保護カバーの準備に時間を要することから当面の措置として、使用者に対しダイレクトメールにて不具合内容と使用上の注意喚起を行ない、部品の準備ができ次第、保護カバーを装着するとともに、警告ラベルを貼付します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ランディ」(スプリングが外れるおそれ)     (2010-10-29 - 1000 Clicks)
【該当車両】
ランディ

【不具合の内容】
リヤコイルスプリング固定用ブラケットとサイドメンバーの溶接が不適切なため、そのまま使用を続けると、当該溶接部が剥がれ、最悪の場合、当該スプリングが外れるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ブラケットをサイドメンバーにねじで固定します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「スイフト, SX4,MRワゴン,セルボ」(ドアミラーが外れる)     (2010-10-16 - 832 Clicks)
【該当車両】
スイフト、SX4、MRワゴン、セルボ

【不具合の内容】
ドアミラーにおいて、ドアミラー本体とベースを締結するネジに緩み止めが無いため、使用過程における振動や強めの外力によるへたりで当該ネジが緩み、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ドアミラー本体がベースから外れ、後方の交通状況等が確認できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ドアミラー本体とベースを連結しているネジを接着剤付に交換し、規定トルクで締付けます。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「キザシ」(加速不良)     (2010-8-19 - 809 Clicks)
【該当車両】
キザシ

【不具合の内容】
無段変速機(CVT)搭載車両において、CVT内のモータの製造が不適切なため、当該モータが一時的に滑らかに作動しないものがあります。また、CVTコントロールユニットのプログラムが不適切なため、当該モータが滑らかに作動しない場合、CVTの変速比に異常が生じたものと検知することがあります。そのため、フェールセーフ機能が働いて加速不良となるおそれがあります。

【対策】
全車両、CVTコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換えます。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「アルト」(油圧警告灯が点灯)    (2010-7-1 - 795 Clicks)
【該当車両】
アルト

【不具合の内容】
クランクプーリとクランクシャフトを締結しているボルトの締付トルクが不足しており、かつ、当該ボルトが着座するクランクプーリの座面の面粗さが粗いものがあるため、使用過程において当該ボルトが緩むものがあります。そのため、クランクプーリにがたが生じて異音が発生し、そのまま使用を続けると、クランクプーリにクランクシャフトの回転力が伝わらなくなり、オルタネータベルトが駆動されず、オルタネータとウォータポンプが作動しなくなり、発電不良により充電警告灯が点灯し、冷却水温上昇により水温警告灯が点灯します。また、クランクプーリのがたが大きくなり、オイルシールよりオイルが漏れ、油圧警告灯が点灯するおそれがあります。

【対策】
全車両、クランクプーリの損傷の有無を点検し、
(1) 損傷のないものはボルトを新品に交換し、規定トルクで締付けます。
(2) 損傷しているものはクランクシャフトの損傷の有無を点検し、
(2)-1 損傷のないものはクランクプーリ、ボルト、オイルシール、オルタネータベルトおよびエアコンベルトを新品に交換し、ボルトを規定トルクで締付けます。
(2)-2 損傷しているものは、クランクシャフト、クランクプーリ、ボルト、オイルシール、オルタネータベルトおよびエアコンベルトを新品に交換し、ボルトを規定トルクで締付けます。
なお、(1)、(2)-1、(2)-2におけるボルトの交換は、当該市場措置の実施有無の識別のためです。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「エスクード、ジムニーシエラ」(ハンドルの操作力が増大)    (2010-6-3 - 964 Clicks)
【該当車両】
エスクード、ジムニーシエラ

【不具合の内容】
パワーステアリングポンプ駆動用ベルトの張力を調整するテンショナプーリの外周樹脂部の材質が不適切なため、当該樹脂部が破損することがあります。そのため、異音が発生し、最悪の場合、当該ベルトがパワーステアリングポンププーリより外れてハンドルの操作力が増大するおそれがあります。

【対策】
全車両、テンショナプーリを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「スカイウェイブ250」(再始動できなくなる)    (2010-6-3 - 1243 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブ250

【不具合の内容】
原動機の温度上昇が遅いため、寒冷時の短時間運転を繰り返した場合、ブローバイガス中の水分が原動機内で結露し、潤滑油内に蓄積することにより、カムシャフトドライブチェーンが摩耗して伸びることがあります。そのため、そのまま使用を続けると異音が発生し、最悪の場合、当該チェーンが外れて原動機が停止し、再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、カムシャフトドライブチェーンを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ツイン」(排気管が折損するおそれ)    (2010-3-18 - 851 Clicks)
【該当車両】
ツイン

【不具合の内容】
排気管の補強部の構造が不適切なため、使用過程で当該部に亀裂が発生し、排気管が折損するおそれがあります。

【対策】
全車両、排気管を対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「エブリイ」(火災に至るおそれ)    (2010-2-26 - 822 Clicks)
【該当車両】
エブリイ

【不具合の内容】
エアコンの外気導入口の構造が不適切なため、雨水がブロアファンモータ部に浸入し、当該モータの軸受けが錆びて固着するものがあります。そのため、ブロアファンモータが停止してデフロスタが作動しなくなります。また、マニュアルエアコン仕様においては、ブロアファンの回転数を制御する抵抗のヒューズが溶断せず、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

【対策】
全車両、外気導入口にカバーを追加するとともに、ブロアファンモータを点検し、錆が発生しているものはブロアファンモータを新品に交換します。また、マニュアルエアコン仕様は、ブロアファンモータに錆が発生しているものは、回転数を制御する抵抗を対策品に交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ジェンマ」(保安基準未達)    (2010-2-16 - 1286 Clicks)
【該当車両】
ジェンマ

【不具合の内容】
前照灯の製造工程が不適切なため、走行用前照灯とすれ違い用前照灯の照射角度差が大きいものがあります。そのため、前照灯の照射位置が保安基準を満足しないおそれがあります。

【対策】
全車両、前照灯を良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「四輪バギー車」(石綿を使用)    (2010-2-14 - 804 Clicks)
【該当車両】
四輪バギー車
・スロットルケースガスケット(機種:LT80、LT-Z90(四輪バギー車))
・四輪バギー車(機種:LT80)

【不具合の内容】
・海外で生産し輸入した四輪バギー車(LT80、LT-Z90)用補修部品(ガスケット)に石綿が使用され、同法施行以降に国内で販売したこと
・同上部品を使用した四輪バギー車(LT80)を、2006年9月以降に販売したこと

【対策】
国内で販売したこれらの石綿含有品は、回収し石綿無しの部品に交換いたします。なお、当該部品は密封された状態にあり、通常の使用においては石綿が飛散する可能性はありません。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「パレット」(エンジンが始動できなくなる)    (2010-2-11 - 844 Clicks)
【該当車両】
パレット

【不具合の内容】
オートステアリングロックのスクリューシャフトの製造工程において、成形不良により強度が低下しているものがあります。そのため、当該シャフトが折損してエンジン始動時にステアリングロックが適切に解除されず、警告灯が点灯すると共にフェールセーフ機能が働いてエンジンが始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、オートステアリングロックを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「キャリイ」(積載物が落下)    (2010-1-26 - 915 Clicks)
【該当車両】
キャリイ

【不具合の内容】
右側サイドゲートのロープフックの溶接が不適切なため、サイドゲートとの溶接強度が不足しているものがあります。そのため、使用過程で当該フックが脱落し、最悪の場合、積載物が落下するおそれがあります。

【対策】
全車両、右側サイドゲートを点検し、対象となるものはサイドゲートを良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ワゴンR車いす移動車」(燃料が漏れるおそれ)    (2010-1-22 - 849 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR車いす移動車

【不具合の内容】
車いす移動車において、燃料タンクの気密検査工程が不適切なため、燃料ポンプに内蔵された燃料蒸発ガス排出抑止装置配管の逆止弁が脱落しているものがあります。そのため、燃料を過給油すると、燃料タンクからキャニスタ内に燃料が流入し、最悪の場合、キャニスタから燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料ポンプを良品と交換するとともに、キャニスタを新品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ヴェクスター150」(燃料が漏れるおそれ)    (2009-12-4 - 825 Clicks)
【該当車両】
ヴェクスター150

【不具合の内容】
燃料タンクキャップの形状が不適切なため、亀裂が発生するものがあります。そのため、開閉操作の繰り返しにより当該キャップの亀裂が進行し、そのまま使用を続けると燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料タンクキャップを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ワゴンR、ラパン」(異音と振動が発生)    (2009-11-23 - 936 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR、ラパン

【不具合の内容】
エンジンマウントブラケットの溶接が不適切なため、溶接強度が不足しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該ブラケットが破損し、異音と振動が発生するおそれがあります。

【対策】
全車両、エンジンマウントブラケットを良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「パレット」(加速不良、後退)    (2009-10-15 - 760 Clicks)
【該当車両】
パレット、パレットSW

【不具合の内容】
無段変速機(CVT)のリダクションギヤの製造工程が不適切なため、当該ギヤのオイル通路に切削バリが残存しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該バリが変速制御バルブに噛み込み、油圧制御異常の警告灯が点灯して加速不良、またはRレンジからNレンジにシフトした直後に後退するおそれがあります。

【対策】
全車両、無段変速機(CVT)を良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「スカイウェイブ」(変速不良)    (2009-7-22 - 902 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブ250タイプM

【不具合の内容】
無段変速機(CVT)用コントローラの変速比制御が不適切なため、プーリ駆動モータに過電流が流れる場合があります。そのため、当該駆動モータが作動不良を起こし、変速不良となるおそれがあります。

【対策】
全車両、無段変速機用コントローラを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(燃料が漏れるおそれ)    (2009-7-9 - 860 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
燃料タンクキャップの形状が不適切なため、亀裂が発生するものがあります。そのため、開閉操作の繰り返しにより当該キャップの亀裂が進行し、そのまま使用を続けると燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料タンクキャップを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ワゴンR」(保安基準不適合)    (2009-7-2 - 847 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR

【不具合の内容】
側方照射灯(コーナリングランプ)付車において、オプション品として設定したオートライトシステム(車外の明るさに応じて前照灯<ヘッドランプ>を自動的に点灯、消灯する装置)の電気回路が不適切なため、前照灯が点灯していない場合に側方照射灯が点灯し、道路運送車両の保安基準に適合しません。

【対策】
全車両、オートライトシステムの有無を点検し、対象となるものは当該システムを対策品と交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「ワゴンR」(走行不能となるおそれ)    (2009-5-25 - 896 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR

【不具合の内容】
無段変速機(CVT)用オイルポンプ製造時に内部ギヤの隙間管理が不適切なため、当該ギヤの隙間が不足しポンプ内面と干渉するものがあります。そのため、ポンプ内面が摩耗しギヤが固着してオイルポンプが駆動されなくなり、走行不能となるおそれがあります。

【対策】
全車両、無段変速機(CVT)を良品と交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「レッツシリーズ、アドレスV50、アドレスV125」(燃料が漏れるおそれなど)    (2009-5-25 - 924 Clicks)
【該当車両】
レッツシリーズ、アドレスV50、アドレスV125

【不具合の内容】
(1) 制動灯スイッチ内部の接点構造とグリスの組み合わせが不適切なため、アークにより接点部に絶縁物が生成されることがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該接点部の電気抵抗が増大して導通不良となり、制動灯が点灯しなくなるおそれがあります。
(2) 燃料タンクキャップの形状が不適切なため、亀裂が発生するものがあります。そのため、開閉操作の繰り返しにより当該キャップの亀裂が進行し、そのまま使用を続けると燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
(1) 全車両、制動灯スイッチを対策品と交換します。
(2) 全車両、燃料タンクキャップを対策品と交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(再始動できなくなるおそれ)    (2009-5-25 - 926 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
発電機のステータリード線端子のかしめ部の圧着が不適切なため、当該かしめ部が発熱してカプラ部が溶損し、短絡する場合があります。そのため、バッテリが充電されなくなり、そのまま使用を続けると、原動機が停止し、再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ステータを対策品と交換するとともに、カプラ部を点検して、溶損しているものは、メインハーネスを新品に交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(転倒するおそれ)    (2009-5-7 - 907 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
キックスタータレバーのペダル部を確実に折りたたまないままセンタスタンドを収納すると、当該ペダルとセンタスタンドが干渉して、収納位置が低くなることがあります。そのため、そのまま使用すると、旋回時にセンタスタンドが接地し最悪の場合、転倒するおそれがあります。

【対策】
全車両、キックスタータレバーを改善品と交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛

■コメントする
スズキ「キャリイ」(ブレーキが効かなくなるおそれ)    (2009-4-16 - 864 Clicks)
【該当車両】
キャリイ

【不具合の内容】
制動倍力装置のボデーのかしめが不適切なため、かしめ強度が不足しているものがあります。そのため、ブレーキペダルを強く踏むとかしめが外れてブレーキペダル踏力がマスタシリンダに伝達されずブレーキが効かなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、制動倍力装置の製造ロット番号を点検し、該当するものは制動倍力装置を良品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「キャリイ、エブリィ」(車輪がロックするおそれ)    (2009-2-25 - 944 Clicks)
【該当車両】
キャリイ、エブリィ

【不具合の内容】
手動変速機付車において、後輪デファレンシャル(差動装置)のピニオンシャフトの強度が不足しているため、過大な荷重がかかる走行を繰り返すと、当該ピニオンシャフトが折損する場合があります。そのため、異音の発生、または走行不能となり、最悪の場合、車輪がロックするおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ピニオンシャフトを対策品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「キャリイ」(前照灯が点灯しなくなるおそれ)    (2009-1-16 - 878 Clicks)
【該当車両】
キャリイ

【不具合の内容】
メインハーネスの前照灯用電気配線において、配索が不適切なため、当該電気配線と左側前照灯とのコネクタ部より浸入した雨水等が、配線内をつたい、フロアハーネスとのコネクタ内部に溜まる場合があります。そのため、内部の端子が腐食し接触不良となり、最悪の場合、前照灯が点灯しなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、メインハーネスを対策品と交換するとともに、フロアハーネスとのコネクタを点検し、内部が腐食しているものは、フロアハーネス側コネクタを新品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(エンジンが停止するおそれ)    (2008-12-9 - 1081 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
ブレーキスタートリレーとサイドスタンドリレーにおいて、製造時の接点圧の管理が不適切なため、接点圧の低いものがあります。そのため、走行中の振動等で接点が接触不良を起こし、エンジンが始動できない、又はエンジンが停止するおそれがあります。

【対策】
全車両、ブレーキスタートリレーとサイドスタンドリレーを対策品と交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「新型ワゴンR」(リヤアンダースポイラが変形するおそれ)    (2008-12-5 - 909 Clicks)
【該当車両】
新型ワゴンR (FXリミテッド、FTリミテッド)

【不具合の内容】
リヤバンパにリヤアンダースポイラが装着された車両において、リヤアンダースポイラと排気管の開口部との距離が近いものがあります。そのため、排気ガスの熱により、リヤアンダースポイラが変形するおそれがあります。

【対策】
全車両、リヤアンダースポイラを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「ランディ」(再始動できなくなるおそれ)    (2008-12-5 - 876 Clicks)
【該当車両】
ランディ

【不具合の内容】
電気配線において、メインアース線とサブアース線の長さが不適切なものがあるため、エンジンの揺動により両アース線が断線してエンストし、再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、メインアース線を対策品と交換するとともに、サブアース線の長さを確認して、短い場合には良品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「イントルーダークラシック400/ブルバード400」(燃料残量計が不正確)    (2008-9-24 - 1050 Clicks)
【該当車両】
イントルーダークラシック400/ブルバード400

【不具合の内容】
燃料タンク内のフューエルレベルゲージ(燃料残量計測器)を誤って組み付けたものがあるため、速度計器内の燃料残量計が正しく表示されないおそれがあります。

【対策】
全車両、フューエルレベルゲージの組付け方向を確認し、誤った方向に組み付いているものは正規方向に組み付け直します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「スカイウェイブ250/400」(再始動できなくなるおそれ)    (2008-9-24 - 1050 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブ250/400シリーズ

【不具合の内容】
整流器に接続する電気配線の構造が不適切なため、雨水等が整流器内部に浸入し、整流器の回路が短絡するものがあります。そのため、バッテリが放電し始動できなくなるおそれや、走行中にエンジンが停止し再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、整流器と電気配線の間に、止水処理をしたリードワイヤを追加するとともに、当該電気配線のカプラ内を点検し、水が浸入した形跡のある場合は、整流器を新品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「パレット」(ATセレクタの作動が不円滑となるおそれ)    (2008-7-17 - 918 Clicks)
【該当車両】
パレット

【不具合の内容】
ATセレクタのインジケータスライドカバーの材質が不適切なため、ATセレクタの操作により当該スライドカバーが変形して、ATセレクタの作動が不円滑となるおそれがあります。

【対策】
全車両、インジケータスライドカバーを対策品と交換し、ATセレクタと当該スライドカバーの摺動部に潤滑剤を塗布します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「船外機」(オーバーヒート警告)    (2008-7-3 - 2645 Clicks)
【該当製品】
DF90/100/115/140

【不具合の内容】
製品の一部に、寸法不適切なウォーターポンプケーススリーブが混入した為、航行中にニュートラルに戻した時やアイドリング時に、ポンプの揚水性能が得られず、オーバーヒート警告が吹鳴する場合があります。

【対策】
ウォーターポンプケースASSYでの交換

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「エブリイ」(再始動できなくなるおそれ)    (2008-7-3 - 936 Clicks)
【該当車両】
エブリイ

【不具合の内容】
オルタネータ (発電機) に接続する電気配線の端子のかしめ力が不足しているため、当該端子のかしめ部が酸化し、断線する場合があります。そのため、バッテリが充電されなくなり、そのまま使用を続けると、原動機が停止し、再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該配線の端子を切除して配線端部を保護処理し、対策された電気配線を追加します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(燃料が漏れるおそれ)    (2008-4-25 - 1052 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
燃料ホースの製造工程において、異材料が混入したものがあるため、ホース表面に亀裂が発生する場合があります。そのため、そのまま使用を続けると、エンジンの揺動や振動により、亀裂が進行し、燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料ホース一式を良品と交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「バンバン200」(速度の判読が困難となるおそれ)    (2008-4-25 - 1033 Clicks)
【該当車両】
バンバン200

【不具合の内容】
スピードメータの照明用反射板に誤った部品を組み付けたため、文字板の照度が低下します。そのため、夜間走行時において、速度の判読が困難となるおそれがあります。

【対策】
全車両、スピードメータを正規品に交換します。

【連絡先】
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00

お手紙の場合 郵便番号 432−8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「電動車いす」(モーターの耐久性が低下する恐れ)    (2008-4-10 - 904 Clicks)
【該当車両】
スズキセニアカー(ET-4D/ET-4E/ET-4F/ET-4FS)
タウンパートナー(EK-40D/EK-40S)
※ 「タウンパートナー」はOEM製品で、シーケー販売株式会社の商品名です。

【不具合の内容】
スズキセニアカーは電気モーターの駆動により走行するもので、その動力はモーターブラシとモーター回転軸の電極が適正に接触することで発生する回転力より得ています。
当該セニアカーは、平成14年(2002年)より生産を開始するにあたり、消費電力の低減を目的にモーターブラシの接触圧力を下げる設計をしましたが、当該圧力が適切でなく、ブラシの機械摩耗が進む過程でブラシの接触圧力が低下し接触不良が発生することが判明致しました。
この接触不良によりモーターブラシと電極間でアーク(火花)が発生し電気摩耗が進行することで、早期にモーターブラシが限界磨耗に至り導通不良となりモーターの回転力が失われ、故障を知らせるブザー音がなると共に安全装置により車両が停止します。

【対策】
対象車両は、モーターブラシの接触圧力が低くブラシ摩耗に対する耐久性が低いことから、モーターブラシのスプリングの張力を上げたものに変更すると共に、耐久性能を上げたモーターに交換します。

【連絡先】
「スズキセニアカー」に関するお問合せ先
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 コールセンター
フリーダイヤル 0120-402-219(9:00〜12:00、13:00〜17:00)
※詳細はホームページからもご確認いただけます。
http://www.suzuki.co.jp/about/recall/

「タウンパートナー」に関するお問合せ先
東京都中野区本町3-30-40 KDX中野坂上ビル9F
シーケー販売株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル 0120-989-615(土・日・祝日を除く 9:00〜17:00)
※詳細はホームページからもご確認いただけます。
http://www.calsonic.jp/
■コメントする
スズキ「スイフトCVT」(エンストするおそれなど)    (2008-3-15 - 983 Clicks)
【該当車両】
スイフトCVT車

【不具合の内容】
(1)エンジンコントロールユニットの制御が不適切なため、エアコン使用時の車両停止時にエンジン回転数が低くなり、エンストするおそれがあります。また、低温時の暖機後に空気量が不足してアイドリング回転数が低下し、エンストするおそれがあります。なお、何れの場合もエンジンの再始動は可能です。
(2)無段変速機(CVT)コントロールユニットの制御が不適切なため、登坂時等に極低速で走行すると、プーリ比が高速側になることがあり、加速不良となるおそれがあります。また、前進または後退後十分に減速せずに「R」または「D」レンジへセレクトして加速すると、エンジンの出力を制限する制御が作動して加速不良となるおそれがあります。

【対策】
(1)全車両、エンジンコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換えます。
(2)全車両、無段変速機(CVT)コントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換えます。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「パレット」(エンジンが始動できなくなるおそれ)    (2008-3-13 - 973 Clicks)
【該当車両】
パレット

【不具合の内容】
原動機の始動を制御しているコントロールユニットのプログラムが不適切なため、始動時に特定のタイミングでブレーキペダルを踏まずにプッシュスタートボタンを押すと、当該コントロールユニットが内部故障と誤判定し、エンジンが始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該コントロールユニットを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「電動車いす」(走行不能及び惰性で後退するおそれ)    (2008-1-16 - 915 Clicks)
【該当車両】
電動車いす『スズキセニアカー (ET-4A/ET-4G)』
ET-4A I型 ET4A ET4A-100018〜118177
平成10年12月〜平成13年4月 18,160
ET-4A II型 ET4A ET4A-200007〜216376
平成13年5月〜平成15年4月 16,370
ET-4G ET4A ET4A-300003〜300552
平成14年3月〜平成15年4月 550

タウンパートナー※1 EK-40 EK40 EK40-100009〜100258
平成14年7月〜平成14年10月 250

リラクルカート※2 BH-RC41 RC41 RC41-100011〜100260
平成13年5月〜平成14年7月 250

※1 「タウンパートナー」はOEM製品で、シーケー販売株式会社の商品名です。
※2 「リラクルカート」はOEM製品で、パナソニック サイクルテック株式会社 (旧社名 ナショナル自転車工業株式会社 )の商品名です。

【不具合の内容】
当該セニアカーは、お客様が座席のシートクッションを開閉することで、駆動装置のクラッチを入切する構造となっています。クラッチ操作時、シートクッションに取付けられたクラッチケーブルの先端金具が、クラッチブラケットに干渉することがあります。その場合、クラッチケーブルの動きが制限され、クラッチの噛み合いが浅くなります。そのため、そのまま使用を続けると平坦路は正常に走行できますが、登坂路を走行中にクラッチの噛み合いが外れ、走行不能及び惰性で後退するおそれがあります。

【対策】
無償修理

【連絡先】
「スズキセニアカー」に関するお問合せ先
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 コールセンター
フリーダイヤル 0120-402-219
受付時間:15日 (火)〜22日 (火) まで24時間受付
23日 (水) から9時〜17時 (土、日、祝日を含む)
※詳細はホームページからもご確認いただけます。
http://www.suzuki.co.jp/about/recall/

「タウンパートナー」に関するお問合せ先
東京都中野区本町3-30-40 KDX中野坂上ビル9F
シーケー販売株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル 0120-989-615
※詳細はホームページからもご確認いただけます。
http://www.calsonic.jp/

「リラクルカート」に関するお問合せ先
大阪府柏原市片山町13-13
パナソニック サイクルテック株式会社 お客様センター
(旧社名 ナショナル自転車工業株式会社)
フリーダイヤル 0120-781-603
※詳細はホームページからもご確認いただけます。
http://www.panabyc.co.jp/cs/
■コメントする
スズキ「ワゴンR車いす移動車」(車いすを固定できなくなるおそれ)    (2007-12-6 - 870 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR車いす移動車

【不具合の内容】
スロープ式車いす移動車において、車いす固定用ワイヤーがねじれやすいため、ワイヤーを滑車に保持するためのカバーが動き、ワイヤーが滑車から外れる場合があります。そのため、ワイヤーがカバーと干渉し、最悪の場合、ワイヤーが切れて車いすを固定できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ワイヤー一式を対策品に交換します。また、カバーが動いている場合は、カバーを正規に取り付けます。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「エスクード」(燃料が漏れるおそれ)    (2007-11-29 - 916 Clicks)
【該当車両】
エスクード (1.6L 3ドア)

【不具合の内容】
燃料装置において、燃料パイプの形状が不適切なため、エンジンの振動等により、亀裂が発生する場合があります。そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が進行し、燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料パイプを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「スカイウェイブ650」(アイドリング時のエンジン回転が高くなるおそれ)    (2007-11-6 - 993 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブ

【不具合の内容】
アイドリング時のエンジン回転制御を行うISC(アイドルスピードコントロール)の構造が不適切なため、アイドリング時にISCが全開状態で固着するものがあります。そのため、アイドリング時のエンジン回転が高くなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ISC及びECUを対策品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「スカイウェイブ」(アイドリング回転が高い)    (2007-10-11 - 1094 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブ

【不具合の内容】
アイドリング回転制御を行うISC(アイドルスピードコントロール)の構造が不適切なため、ISCのプランジャが全開状態で固着するものがあります。そのためアイドリング回転時のエンジン回転速度が高くなることがあります。

【対策】
全車両、ISC及びECUを対策品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(制動力が低下するおそれ)    (2007-10-11 - 1007 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
前輪ブレーキ用のマスターシリンダにおいて、セカンダリピストンシールの組み付けが不適切なため、正規位置に組み付けられていないものがあります。そのため、ブレーキ操作を続けるとブレーキ液が漏れて、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。

【対策】
全車両、マスターシリンダを点検し、ブレーキ液が漏れているものは良品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「ワゴンR (ターボ仕様車)」(各種警告灯が点灯)    (2007-10-11 - 1076 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR

【不具合の内容】
ターボ仕様車において、クランクプーリとクランクシャフトを締結しているボルトの締付トルクが不足しているため、使用過程において当該ボルトが緩むものがあります。そのため、クランクプーリにがたが生じて異音が発生し、そのまま使用を続けると、クランクプーリにクランクシャフトの回転力が伝わらなくなり、オルタネータベルトが駆動されず、オルタネータとウォータポンプが作動しなくなり、発電不良により充電警告灯が点灯し、冷却水温上昇により水温警告灯が点灯します。また、クランクプーリのがたが大きくなり、オイルシールよりオイルが漏れ、油圧警告灯が点灯するおそれがあります。

【対策】
全車両、クランクプーリの損傷の有無を点検し、(1)損傷のないものはボルトを新品に交換し、規定トルクで締付けます。(2)損傷しているものはクランクシャフトの損傷の有無を点検し、(2)?1損傷のないものはクランクプーリ、ボルト、オイルシール、オルタネータベルトおよびエアコンベルトを新品に交換し、ボルトを規定トルクで締付けます。(2)?2損傷しているものは、クランクシャフト、クランクプーリ、ボルト、オイルシール、オルタネータベルトおよびエアコンベルトを新品に交換し、ボルトを規定トルクで締付けます。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「レッツ4」(指先を傷つけるおそれ)    (2007-9-25 - 924 Clicks)
【該当車両】
レッツ4パレット

【不具合の内容】
後写鏡において、ハウジングにミラーを組み付けるとき、ハウジング周囲のカシメ量が少なく端部が表面に出ているものがあり、ミラー調整時にハウジング端部で指先を傷つけるおそれがある。

【対策】
全車両、後写鏡を対策品に交換する。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00?12:00、13:00?17:00
お手紙の場合 郵便番号 432?8611
静岡県浜松市南区高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(火災に至るおそれ)    (2007-8-2 - 1046 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
燃料タンクキャップと給油口の寸法が不適切なため、燃料により給油口が膨潤することで燃料タンクキャップの締め付けが重くなるものがあり、適切に締め付けられなくなるものがあります。そのため、そのまま使用を続けると給油口から燃料が漏れ、最悪の場合、静電気等により引火し、火災に至るおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料タンクキャップを対策品に交換します。また、静電気対策として、座席下収納箱の締め付けボルトを対策品に交換し、そのボルトと後部荷台に絶縁カバーを追加し、コーションラベルを貼付するとともに、座席下収納箱の防塵部材の合せ位置を後側から前側へ変更します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「エリオ」(変速できなくなるおそれ)    (2007-7-10 - 882 Clicks)
【該当車両】
エリオ

【不具合の内容】
手動変速機付車において、ギヤシフトケーブル抜け止め用クリップの形状が不適切なため、シフト操作時にギヤシフトコントロールレバーのハウジングに当該クリップが干渉することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該クリップが折損し、最悪の場合、ギヤシフトケーブルがギヤシフトコントロールレバーから外れ、変速できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、ギヤシフトケーブル抜け止め用クリップを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「エブリィ」(乗降中突然当該ステップが格納されるおそれ)    (2007-7-10 - 938 Clicks)
【該当車両】
エブリイ

【不具合の内容】
オートステップ装着車において、オートステップコントローラのプログラムが不適切なため、エンジン停止時にオートステップが張出した状態でブレーキを1秒間に2回以上踏んだ場合、車両が走行したと誤判定することがあります。そのため、当該コントローラのフェールセーフ機能が働き、最悪の場合、乗降中突然当該ステップが格納されるおそれがあります。

【対策】
全車両、オートステップコントローラを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「エブリィ」(リヤドアが傾くおそれ)    (2007-7-10 - 957 Clicks)
【該当車両】
エブリイ

【不具合の内容】
リヤドアセンタレールを固定しているナットとスクリュの締付トルクが不足しているため、使用過程において緩みが発生することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、リヤドアセンタレールにガタが生じ、最悪の場合、ナットとスクリュが脱落し、リヤドア開放時にレールが外れてリヤドアが傾くおそれがあります。

【対策】
全車両、ナットとスクリュを対策品に交換するとともに、ナット、スクリュ、ボルトを適切なトルクで締付けます。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「バーディー90」(前照灯が不灯となるおそれ)    (2007-5-15 - 1025 Clicks)
【該当車両】
バーディー90

【不具合の内容】
前照灯の灯火器の構造が不適切なため、放熱しにくい構造となっています。そのため、点灯時及び太陽光の熱により反射器が変形してバルブに傾きが生じ、光軸が変化することがあり、最悪の場合、ソケット部の半田が溶け、リード線が抜けて前照灯が不灯となるおそれがあります。

【対策】
全車両、ヘッドランプ及びソケットを対策品に交換します。また、バルブを新品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「レッツ4,アドレスV50,アドレスV125」(スロットルケーブルが戻らない)    (2007-4-24 - 1074 Clicks)
【該当車両】
レッツ4シリーズ、アドレスV50、アドレスV125

【不具合の内容】
スロットルケーブルの組付け作業が不適切なため、スロットルボディ側の固定金具に装着されている防水ブーツが適切に装着されていないものがあります。そのため、スロットル操作を繰り返すと、当該ブーツがスロットルボディのケーブル巻き取り部に噛み込み、最悪の場合、スロットルケーブルが戻らず、エンジン回転数が下がらなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、スロットルケーブルのスロットルボディ側ブーツの組み付け状態を確認し、外れているものはスロットルケーブルを良品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「各車」(ロータリブレードカップリングの保証期間延長)    (2007-4-24 - 1281 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR、アルト、アルトラパン、Kei、MRワゴン、セルボ、 ワゴンRプラス、ソリオ、カルタス

【内容】
上記4輪駆動車のプロペラシャフトの中間に取り付けられたロータリブレードカップリングにおいて、前後輪に大きな回転差が生じる走行条件が繰り返された場合に当該カップリング内のオイルの劣化が早まり、駐車場での切返し等で前後輪に大きな回転差が生じた時に当該カップリングより(車体中央部のフロアー下の部分)大きな異音が発生する場合があります。そのため、当該現象についてはロータリブレードカップリングの保証期間を下記の通り延長させていただきます。

【 従来の保証期間 】
新車を登録した日から
5年または10万Km以内
【 変更後の保証期間 】
新車を登録した日から
9年または10万Km以内

【対策】
上記のような現象が発生し、当保証期間延長に該当する場合は、ロータリブレードカップリングを交換(無償)させていただきます。

【連絡先】
購入された販売店まで
■コメントする
スズキ「各車」(4速オートマチックトランスミッションの保証期間延長)    (2007-4-24 - 1272 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR、アルト、アルトラパン、Kei、MRワゴン、ツイン、ワゴンRプラス、ワゴンRソリオ

【内容】
4速オートマチックトランスミッションの一部において、プラネタリギヤセットの製造上のバラツキにより微細な摩耗粉が発生し、油圧コントロールバルブの隙間に滞留する場合があります。これにより、長時間駐車後における始動直後の発進時に、オートマチックトランスミッションにすべりが発生し、ごくまれに発進できない場合があります。
 そのため、当該現象については4速オートマチックトランスミッションの保証期間を下記の通り延長させていただきます。
 なお、当該現象が発生した場合は、無理に発進しようとせずPレンジに入れてサイドブレーキを引き、アイドリングの状態で十分暖機していただくことで発進することができます。

【 従来の保証期間 】
新車を登録した日から
5年または10万Km以内
【 変更後の保証期間 】
新車を登録した日から
9年または10万Km以内

【対策】
上記のような現象が発生し、当保証期間延長に該当する場合は、4速オートマチックトランスミッションを交換(無償)させていただきます。

【連絡先】
購入された販売店まで
■コメントする
スズキ「キャリイ、エブリイ」(走行不能となるおそれ)    (2007-4-18 - 1025 Clicks)
【該当車両】
キャリイ、エブリイ

【不具合の内容】
四輪駆動の貨物自動車において、リヤプロペラシャフト軸受の材質が不適切なため、長時間の高速走行を行った場合、潤滑油が高温になり、潤滑油中の硫黄成分と当該軸受の銅の化学反応が促進され、硫化銅が多量に生成されることがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該軸受に硫化銅が堆積して、摺動抵抗が増大することにより更に高温となり、軸受がトランスファケースから抜けて異音が発生し、最悪の場合、トランスファケース及びアウトプットシャフトが破損してリヤプロペラシャフトが脱落し、走行不能となるおそれがあります。

【対策】
全車両、リヤプロペラシャフトを点検し、熱変色が認められないものは、潤滑油を対策品に交換し、熱変色が認められるものは、トランスファケースを対策品に交換するとともにリヤプロペラシャフトを新品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「ワゴンR、MRワゴン」(再始動できなくなるおそれ)    (2007-3-14 - 1145 Clicks)
【該当車両】
ワゴンR、MRワゴン

【不具合の内容】
ECU(エンジン制御コンピュータ)電極部のメッキ処理が不適切なため、電極部が酸化し電極を接合している半田が剥離するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、電極部が接触不良となり、警告灯が点灯するとともに、アイドリングが不調となり、最悪の場合、エンストし、再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ECUの製造番号を点検し、対象となるECUが装着されているものは、ECUを良品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「ジムニー」(シフトができなくなるおそれ)    (2007-2-15 - 933 Clicks)
【該当車両】
ジムニー、ジムニーシエラ

【不具合の内容】
(1)手動変速機付車において、ギヤシフトコントロールジョイントとアーム結合部の樹脂製ブッシュの構造が不適切なため、固定ナットの締付トルクが不足しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該ナットが脱落し、最悪の場合、シャフトがシフトレバーから外れ、シフトができなくなるおそれがあります。
(2)手動変速機付車において、ギヤシフトコントロールジョイントの固定ナットが締め付けられていないものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該ナットが脱落し、最悪の場合、シャフトがシフトレバーから外れ、シフトができなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、当該ナット締付作業完了のマーキングを確認し、マーキングがない場合には、当該ナットにゆるみ防止剤を塗布し、規定トルクで締め付けます。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「スイフトスポーツ」(走行不能となるおそれ)    (2007-2-15 - 944 Clicks)
【該当車両】
スイフトスポーツ

【不具合の内容】
トランスミッションデフサイドギヤと左フロントドライブシャフトの嵌合部の抜け防止用スナップリングの形状が不適切なため、デフサイドギヤへの掛かり代が不足しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、高速走行時にスナップリングの保持力が低下し、車両がバウンド等をした際にドライブシャフトとデフサイドギヤの嵌合が外れ、最悪の場合、タイヤに駆動力が伝わらなくなり、走行不能となるおそれがあります。

【対策】
全車両、左フロントドライブシャフトのスナップリングを対策品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「レッツ フォー」(前照灯が不灯となるおそれ)    (2007-2-8 - 1009 Clicks)
【該当車両】
レッツ フォー

【不具合の内容】
前照灯の灯火器の構造が不適切なため、放熱しにくい構造となっています。そのため、点灯時及び太陽光の熱により反射器が変形してバルブに傾きが生じ、光軸が変化することがあり、最悪の場合、ソケット部の半田が溶け、リード線が抜けて前照灯が不灯となるおそれがあります。

【対策】
全車両、ヘッドランプ及びソケットを対策品に交換します。
また、バルブを新品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「ヴェクスター」(火災に至るおそれ)    (2007-2-8 - 1075 Clicks)
【該当車両】
ヴェクスター
ヴェクスター150

【不具合の内容】
前照灯ソケットにおいて、配線方法が不適切なため、前照灯バルブ交換後の配線を再収納した際に、ソケットバルブの接点が接触不良となるものがあります。そのため、当該接点部にアーク放電が発生し、配線被覆の一部が損傷するものがあり、そのまま使用を続けると、ショートし、前照灯が不灯となり、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

【対策】
全車両、ソケット一式とヘッドランププレートを対策品に交換するとともに、前照灯のスイッチ配線にクランプを追加し、バルブを新品に交換します。また、レジスタワイヤ装着車については、レジスタワイヤを取り外し、通常の配線に変更します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「スイフト(旧型),ワゴンRソリオ,シボレークルーズ,シボレーMW」(乗員保護性能が低下)    (2006-12-5 - 922 Clicks)
【該当車両】
スイフト(旧型)、ワゴンRソリオ、シボレークルーズ、シボレーMW

【不具合の内容】
助手席エアバッグの折りたたみ寸法が不適切なため、エアバッグと格納部との間に隙間が生じたものがあります。そのため、エアバッグ展開時に側面方向の圧力が高くなり、側面部より展開するため、乗員保護性能が低下するおそれがあります。

【対策】
全車両、助手席エアバッグの格納部に補強金具を追加します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「キャリィ」(保安基準不適合)    (2006-12-5 - 904 Clicks)
【該当車両】
キャリィ

【不具合の内容】
(1)トラックの荷台の後部煽りにアーム式の昇降装置をオプションとして追加架装した車両(アーム式ゲートリフト車)において、後退灯の取り付け位置が不適切なため、後退灯照明部の視認性が道路運送車両の保安基準に適合しません。
(2)トラックの荷台の後部煽りに垂直式の昇降装置をオプションとして追加架装した車両(垂直式ゲートリフト車)において、後部方向指示器の取り付け位置が不適切なため、方向指示器照明部の視認性が道路運送車両の保安基準に適合しません。

【対策】
(1)全車両、後退灯のブラケットを対策品と交換します。
(2)全車両、後部方向指示器のブラケットを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「シボレーオプトラ」(エンジンが停止するおそれ)    (2006-12-5 - 656 Clicks)
【該当車両】
シボレーオプトラ

【不具合の内容】
ウォータポンププーリとフランジ部との溶接強度が不足しているため、タイミングベルトが偏心して取り付けられていると、タイミングベルトと当該フランジ部が強く干渉し、溶接が剥がれるものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該フランジがプーリから外れ、最悪の場合、タイミングベルトがウォータポンププーリより外れ、エンジンが停止するおそれがあります。

【対策】
全車両、ウォータポンププーリフランジとタイミングベルトとの隙間を点検し、隙間の狭いものはウォータポンプを対策品と交換します。また、タイミングベルトがフランジに接触している場合はベルトの幅を点検し、幅が基準値以下のものについてはタイミングベルトを新品に交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「船外機」(オーバーヒートに至る恐れ)    (2006-11-3 - 738 Clicks)
【該当車両】
スズキ船外機 DF2
00201F- 680011 〜680550

【不具合の内容】
生産におけるポンプケースの寸法精度ばらつきにより、吸水・吐出性能が低いものがあり、航走中、ギヤケース吸水口よりエアを巻き込んだ際、まれにオーバーヒートに至る場合がある。

【対策】
ウォーターポンプケースの交換

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
スズキ「エブリィ」(けがの恐れ)    (2006-9-28 - 658 Clicks)
【該当車両】
エブリイ

【不具合の内容】
跳ね上げ式バックドアに取り付けられているバランサの製造工程が不適切なため、当該バランサのダンパケース内に残留した洗浄液により、Oリングが膨潤して減衰力が低下し、バックドアの開放速度が速くなるものがあり身体の一部に当たるおそれがあります。又は、速く開いた反動でバックドアが上下に揺動し、そのまま使用を続けると、最悪の場合、バランサ取り付け部が破損してバックドアが降下し身体の一部に当たるおそれがあります。

【対策】
全車両、バックドアバランサを対策品と交換するとともに、バックドアを点検し、亀裂のあるものはバックドアを新品と交換します。

【連絡先】
スズキ株式会社 お客様相談室

●お電話:フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00

●お手紙の場合は下記まで
郵便番号 432−8611 静岡県浜松市高塚町300
スズキ株式会社 お客様相談室 宛
■コメントする
0.276 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop