新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP> バイク
総合リコール情報 バイク 

サブカテゴリ :  (4)
2006年 (7) 2007年 (56) 2008年 (38) 2009年 (49)

バイク    (71)
ホンダ「リード」(転倒するおそれ)     (2011-10-28 - 5938 Clicks)
【該当車両】
リード

【不具合の内容】
制動装置において、前輪ブレーキレバーのピボット部にグリースを塗布する設備の始業時管理が不適切なため、当該ピボット部へのグリース塗布が不十分となり、使用過程で当該ピボット部ボルトが腐食し、前輪ブレーキレバーの動きが渋くなるものがあります。そのため、そのままの状態で使用すると、レバーを放してもブレーキが効いたままの状態となり、最悪の場合、低車速等の状況で前輪が回転しなくなり、転倒するおそれがあります。

【対策】
ブレーキレバーのピボット部ボルトを対策品に交換するとともに、当該ボルトとピボット部全周にグリースを塗布して締付けます。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ジャパンオートプレス「9車種」(ブレーキが利かなくなるおそれ)    (2011-10-26 - 2306 Clicks)
【対象製品】
GT250R、GT250、GT125R、GT125、GV250、GV125C、RT125D、RX125SM、RX125D

【不具合の内容】
主制動装置のブレーキパッドにおいて、摩擦材とバックプレートの接着が不十分であったため、使用環境によって接着面へ水が浸入し、錆が発生することにより、最悪の場合、摩擦材が脱落してブレーキが利かなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、ブレーキを点検し、該当するブレーキパッドは対策品に交換する。

【連絡先】
問い合わせ先: 03-6659-5921
■コメントする
ヤマハ「XVS400ドラッグスター、クラシック」(燃料が漏れるおそれ)     (2011-10-26 - 2260 Clicks)
【該当車種】
XVS400ドラッグスター
XVS400Cドラッグスタークラシック

【不具合の内容】
燃料装置において、燃料噴射装置をつなぐ燃料ホースの成形が不適切なため、当該ホースの接続部の密着が不十分なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、使用過程における燃料の圧力により、当該接続部の気密性が損なわれ燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、燃料ホース一式を対策品と交換する。

【連絡先】
【受付時間】
2011年11月30日(水)まで 10:00〜12:30 / 13:30〜19:00 無休
2011年12月 1日(木)から 10:00〜12:30 / 13:30〜18:00 月曜〜金曜(祝日、弊社所定の休日等を除く)
※期間により稼動日程が異なりますのでお問合せの前に、上記受付時間をご確認ください。
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
ヤマハ「ギア、ジョグ、VOX、ビーノ」(エンジンの回転が下がらなくなるおそれ)    (2011-10-19 - 989 Clicks)
【該当車種】
ギア(BX50/BX50S/BX50N)、ジョグ(CE50)、VOX(XF50/XF50D)、ビーノ(XC50/XC50D/XC50R/モルフェXC50H)

【不具合の内容】
加速装置において、スロットルケーブル周りの防水構造が不適切なため、雨天時の走行等により、当該ケーブル内部に水が浸入することがある。そのため、外気温が氷点下の環境において当該ケーブル内部に滞留した水が凍結し、最悪の場合、走行中にアクセルグリップが戻らなくなり、エンジンの回転が下がらなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、スイッチケース下部のケーブルを固定するステイに補強板を追加するとともに当該ケーブルの防水ブーツの両端にクリップを追加し、さらに当該ケースの締付けボルトを車両前方側に隙間を生じない締付け順に変更する。
また、スロットルケーブル内の水分を除去するため、ケーブル内のエアブローを行うが、ビーノモルフェXC50Hは構造的にエアブローができないため、ケーブルを新品と交換する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
【受付時間】
2011年11月30日(水)まで 10:00〜12:30 / 13:30〜19:00 無休
2011年12月 1日(木)から 10:00〜12:30 / 13:30〜18:00 月曜〜金曜(祝日、所定の休日等を除く)
※期間により稼動日程が異なりますのでお問合せの前に、上記受付時間をご確認ください。
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
ヤマハ「ギア、ジョグ、VOX、ビーノ」(ブレーキ操作ができなくなるおそれ)    (2011-10-19 - 992 Clicks)
【該当車種】
ギア(BX50/BX50N)、ジョグ(CE50)、VOX(XF50/XF50D)、ビーノ(XC50/XC50D/XC50R/モルフェXC50H)

【不具合の内容】
(1)前輪制動装置において、ブレーキケーブル周りの防水構造が不適切なため、雨天時の走行等により、当該ケーブル内部に水が浸入することがある。そのため、外気温が氷点下の環境において当該ケーブル下部のダストブーツ内に滞留した水が凍結し、最悪の場合、ブレーキ操作ができなくなるおそれがある。

(2)後輪制動装置において、ブレーキケーブル周りの防水構造が不適切なため、雨天時の走行等により、当該ケーブル内部に水が浸入することがある。そのため、外気温が氷点下の環境において当該ケーブル内部に滞留した水が凍結し、最悪の場合、ブレーキ操作ができなくなるおそれがある。

【対策】
(1)全車両、前輪制動用ブレーキケーブル下部のダストブーツを対策品に交換するとともに、-1前輪用ブレーキレバーにカバーレバーが装着されている機種は、カバーレバーの取付け状況を点検して外れているものは修正し、-2カバーレバーが装着されていない機種はカバーレバーを追加する。

(2)全車両、後輪制動用ブレーキケーブル内をエアブローして水分を除去 し、後輪用ブレーキレバーにカバーレバーを追加する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
【受付時間】
2011年11月30日(水)まで 10:00〜12:30 / 13:30〜19:00 無休
2011年12月 1日(木)から 10:00〜12:30 / 13:30〜18:00 月曜〜金曜(祝日、所定の休日等を除く)
※期間により稼動日程が異なりますのでお問合せの前に、上記受付時間をご確認ください。
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
ダートフリーク「DRC ミニフットポンプ」(エア洩れする可能性)    (2011-10-6 - 743 Clicks)
【該当製品】
品番:D59-30-830
商品名:DRC ミニフットポンプ ブラック (*ブラック以外は問題ありません)

【理由】
材質不良が原因でクラックが入り、エア洩れする可能性が生じた。

【対策】
自主回収

【連絡先】
営業部:TEL 0561-86-8301

株式会社 ダートフリーク
〒489-0005
愛知県瀬戸市中水野町2-30
■コメントする
KTM「125DUKE」(制動力が低下する恐れ)    (2011-9-30 - 858 Clicks)
【該当車両】
2011年式125DUKE (平成23年3月29日〜平成23年8月26日)

【理由】
2011年式 125DUKEの前輪制動装置のブレーキキャリパーにおいて、ブレーキキャリパーの組み付けボルトのトルク値が不適切なものがあり、 そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキフルードが漏れ、油圧が減少し、制動力が低下する恐れがあります。

【対策】
ブレ-キキャリパーの組み付けボルトを適切なトルク値で増し締めする。

【連絡先】
最寄りのKTM正規ディーラー店へ
■コメントする
ドゥカティ「DIAVEL、DIAVEL CARBON」(車両が転倒するおそれ)    (2011-9-22 - 783 Clicks)
【該当車両】
DIAVEL
DIAVEL CARBON

【不具合の内容】
サイドスタンドにおいて、車体との取り付け部の設計が不適切なため、サイドスタンド 使用時に当該部品取り付け部の強度が足りず破損する場合がある。そのため、サイドスタンド使用時に車両が転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、サイドスタンドとサイドスタンドピンを対策品と交換する。

【連絡先】
ドゥカティジャパン株式会社 アフターセールス部
03-3794-5003
■コメントする
ヤマハ「VMAX」(走行不能となるおそれ)    (2011-9-22 - 1014 Clicks)
【該当車種】
VMAX

【不具合の内容】
原動機のオイルポンプにおいて、構造が不適切なため、使用過程において当該ポンプのハウジング部が摩耗するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、摩耗の進行と共に当該ポンプのローターを駆動させるためのピンが外れ、エンジンに十分なオイルが供給されず、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、オイルポンプを対策品と交換すると共に、取り外したポンプを点検し、異常のあるものは、エンジンを分解して損傷のある部品を新品と交換する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
トライアンフ「タイガー800/スプリントGT」(トップボックスが脱落)     (2011-9-7 - 871 Clicks)
【該当車両】

車台番号           型式
SMTTF6885JB463543   スプリントGT
SMTTF6885JB473512   スプリントGT
SMTTF6885JB465701   スプリントGT
SMTTF6885JB464371   スプリントGT
SMTTF6885JB463196   スプリントGT
SMTTRE10B8B480877  タイガー800
SMTTRE10B8B489923  タイガー800
SMTTRE10B8B490679  タイガー800
SMTTRE10B8C503568  タイガー800
SMTTRE15B8C500110  タイガー800 ABS
SMTTRE15B8C497797  タイガー800 ABS
SMTTRE11B8B478227  タイガー800 XC
SMTTRE11B8B490682  タイガー800 XC
SMTTRE11B8B492216  タイガー800 XC
SMTTRE11B8B492216  タイガー800 XC
SMTTRE11B8B480195  タイガー800 XC
SMTTRE16B8C498924  タイガー800 XC ABS
SMTTRE16B8C500688  タイガー800 XC ABS

【不具合の内容】
アクセサリーのトップボックスに備えられている車体固定用のハンドル部の歯車において、その歯車を固定するためのスペーサーが組みつけられていないために、走行中の振動等により歯車の噛み合いが外れる場合があります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、トップボックスが車体から外れ、脱落するおそれがあります。

【対策】
対象のトップボックスにはトライアンフ正規販売店にて歯車固定用のスペーサーを無償で追加取り付けさせていただきます。

【連絡先】
トライアンフコール TEL03-5330-7447 (正規販売店のご案内)
■コメントする
ヤマハ「EC-03」(充電ができなくなるおそれ)     (2011-9-7 - 1048 Clicks)
【該当車種】
EC-03

【不具合の内容】
バッテリー管理装置(バッテリーマネジメントコントローラー)のプログラムが不適切なため、メインスイッチが「OFF」の状態でもバッテリーから正常時より多い電流が流れ、バッテリーが放電することで航続距離が短くなり、また、その状態で放置すると充電ができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、バッテリー管理装置を対策品と交換する。また、バッテリーの充電が可能か確認し、不可能な場合はバッテリーを新品と交換する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
スペシャライズド・ジャパン「自転車」(ブレーキ取付部が脱落)     (2011-8-23 - 829 Clicks)
【該当商品】
2011年モデルSIRRUS(シラス)、VITA(ヴィータ)、TC(ティーシー)の一部のモデル
SIRRUS EXPERT    ガンメタ/ネオン
SIRRUS COMP    ブラック/チャコール ホワイト/レッド
SIRRUS ELITE    グリーン、レッド、ホワイト、チャコール/シルバー、ホワイト/ブラック
VITA COMP   ブラック/シルバー
VITA ELITE    チャコール/ホワイト
TC SPORT    ベリー、レッド/ホワイト、ブラック/ピンク、ブラック/ピンク/コーメン

【理由】
フロントフォークに装着されているブレーキが脱落するおそれがあるため

【対策】
フロントフォークの無償交換

【問い合わせ先】
フリーダイヤル 0800-123-2453( 月〜金10:00-18:00 土日祝除)
■コメントする
デイトナ「シートバッグ付属部品」(バッグ脱落の可能性)     (2011-8-21 - 805 Clicks)
【該当商品】
ヘンリービギンズシートバック
(72258) シートバッグ 15L
(74148)シートバッグ A4
(74149)シートバッグ DH-706

【理由】
あまった部分を縛っていない場合に緩みが生じる恐れがあることが判明

【対策】
回収及び交換

【問い合わせ先】
(株)デイトナ ツーリンググループ 電話0120-60-4955
■コメントする
ドゥカティ「DIAVEL、DIAVEL CARBON」(チェーンガートなどが脱落)     (2011-7-22 - 818 Clicks)
【該当車両】
DIAVEL
DIAVEL CARBON

【不具合の内容】
チェーンガードにおいて、取付部の材質が不適切なため、走行時の振動等により取付部が摩耗する場合がある。そのため、チェーンガードとナンバープレートブラケットを取 り付けているボルトが緩み、最悪の場合、チェーンガード、ナンバープレートブラケッ ト、番号灯及び番号標板が脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、チェーンガードを対策品と交換する。

【連絡先】
ドゥカティジャパン株式会社 アフターセールス部
03-3794-5003
■コメントする
スズキ「レッツ4、レッツ5、アドレスV50」(排気管ガードが路面と接触)    (2011-7-13 - 1073 Clicks)
【該当車両】
レッツ4、レッツ5、アドレスV50

【不具合の内容】
排気管において、排気管ガードの組付工具の管理が不適切なため、排気管ガード締め付けボルトの締め付けトルクが不十分なものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該ボルトが外れ、排気管ガードが垂れ下がり、路面と接触するものがあります。

【対策】
全車両、排気管ガード締め付けボルトの締め付けトルクを点検し、不適切なものは正規トルクで締め付けます。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ヤマハ「YP250」(前照灯等の灯火器類及び警音器が作動しなくなる)    (2011-6-29 - 1007 Clicks)
【該当車種】
マジェスティ YP250

【不具合の内容】
集中アース・ジョイントコネクタ(前照灯等の灯火器類及び警音器等のアース用)において、接続端子部の許容温度に余裕がないため、通電による発熱により当該コネクタが溶損するものがある。そのため、導通不良により、適切にアースされなくなると、前照灯等の灯火器類及び警音器が作動しなくなる。

【対策】
全車両、当該コネクタを点検し、溶損しているものは、電気配線を当該コネクタから前照灯のアース線を分配した対策品と交換し、溶損していないものは、前照灯のアース線に電流を分流させるためのサブハーネスを追加する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
カワサキ「4車種」(転倒するおそれ)    (2011-6-9 - 779 Clicks)
【該当車両】
エストレア、250TR、W800、VULCAN 900 CLASSIC

【不具合の内容】
前後輪タイヤ・ホイールにおいて、チューブの組み付けが不適切なため、チューブがタイヤとリムに挟まれ損傷している場合がある。そのため、走行中に挟まれたチューブが外れた場合、損傷箇所から空気が漏れ、最悪の場合、バランスを失い転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、前後輪チューブを点検し、チューブに損傷が認められた場合は新品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819 
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00
■コメントする
三ヶ島製作所「折畳みペダル」(側板が折畳まれる恐れ)     (2011-6-9 - 840 Clicks)
【該当製品】
折畳みペダル・FD-7 BLACK

【不具合の内容】
踏面外縁側に強い衝撃を加えると意図せずPUSHボタンが引込み、側板が折畳まれて転倒等の重大事故に繋がる恐れがあります。

【改善対策の内容】
当該ペダルを回収し改良品と交換

【連絡先】
Tel: (04)2948-1261
専用E-メール: fd7@mkspedal.com
■コメントする
ホンダ「シャドウ」(エンジンが停止するおそれ)    (2011-6-3 - 2949 Clicks)
【該当車両】
シャドウ、シャドウファントム

【不具合の内容】
転倒時エンジン停止センサーにおいて、防振構造が不適切なため特定のエンジン回転数で共振し、センサー内部の傾き検知用振り子が転倒検知位置までずれる場合があります。そのため、当該センサーが転倒と誤検知して、走行中に突然エンジンが停止するおそれがあります。

【改善対策の内容】
センサーを対策品と交換します。

【連絡先】
お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ドゥカティ「MULTISTRADA 1200 3車種」(施錠装置に問題)     (2011-6-1 - 841 Clicks)
【該当車両】
MULTISTRADA 1200 ABS
MULTISTRADA 1200S Touring Edition
MULTISTRADA 1200S Sport Edition

【不具合の内容】
施錠装置(電子キー式)において、ハンズフリーユニットのプログラムが不適切なため、 原動機に備えた施錠装置が、原動機の機能を確実に停止させることができないおそれがある。

【対策】
部品の供給体制が整い次第、全車両、ハンズフリーユニットを交換する。部品の供給が整うまでの間は、使用者にステアリングロックが解除されない場合はエンジン始動を避ける旨を周知する。部品の準備が整った際は再度ダイレクトメールにて通知す る。

【連絡先】
ドゥカティジャパン株式会社 アフターセールス部
03-3794-5003
■コメントする
ヤマハ「FZ1」(保安基準不適合)     (2011-6-1 - 941 Clicks)
【該当車種】
FZ1

【不具合の内容】
後写鏡において、製造工程で使用する治具の寸法に余裕がないため、反射鏡をカットした後の研磨のバラツキにより、当該反射鏡の寸法が小さいものがある。そのため、道路運送車両の保安基準に適合しないおそれがある。

【対策】
全車両、左右の後写鏡を良品と交換する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
カワサキ「KLX250・D-TRACKER X」(燃料が漏れるおそれなど)    (2011-6-1 - 807 Clicks)
【該当車両】
KLX250・D-TRACKER X

【不具合の内容】
1.前照灯において、電球用電気配線及びメインハーネスの配索が不適切なため、電球の端子とソケットの端子が接触不良となるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該端子間の電気抵抗が増大して端子の温度が上昇することにより当該端子や電気配線が損傷し、すれ違い用前照灯または走行用前照灯若しくは両方が不灯となるおそれがある。
2.燃料タンクにおいて、取付け構造が不適切なため、燃料タンクと固定用ゴムダンパの間に隙間が生じ、防振効果が不十分となる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、振動により燃料タンク取付け箇所溶接部に亀裂が生じ、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。
3.燃料噴射用電子制御コントロールユニット(ECU)及び転倒センサにおいて、ECUと転倒センサ間の電気配線の防水対策が不十分なため、洗車時または雨天走行時の被水により水が当該電気配線内を伝わり、ECU及び転倒センサと電気配線の接続部に浸入する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、4.当該接続部の端子が腐食して導通不良となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。
ECUに接続する電気配線において、配索が不適切なため、当該電気配線がフレームパイプと接触する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、電気配線の被覆が摩耗し、芯線がフレームパイプと短絡し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

【対策】
1.全車両、電球の端子を点検し、損傷している場合は電球を新品と交換する。また、前照灯の電球用電気配線を対策品と交換すると共に、その接続部後方にガードを追加する。
2.全車両、燃料タンク取付け箇所溶接部を点検し、燃料にじみまたは漏れがある場合はタンクを新品と交換する。また、全車両、タンクの固定用ゴムダンパを新品に交換するとともに、カラー、ボルトを対策品と交換する。更に、タンクの保持用ゴムダンパとタンク底板との隙間を点検し、隙間に応じた保持用ゴムダンパをタンク底板に追加して貼り付ける。
3.全車両、ECU及び転倒センサと電気配線の接続部の端子を点検し、腐食がみられる場合は、ECUまたは転倒センサを電気配線と共に、新品に交換する。また、接続部に浸入した水による腐食を抑制するため当該接続部にグリスを塗布する。
4.全車両、当該電気配線を点検し、損傷があるものは補修を行う。また、ECU取付けブラケットを対策品に交換し、当該電気配線に保護カバーを追加する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
サイクルベースあさひ「折りたたみ自転車」(ハンドル部品交換)    (2011-5-20 - 950 Clicks)
【対象車種】
折りたたみ自転車「THRIFT DX(スリフトデラックス)」
発売期間:平成21年4月〜平成22年2月
車台番号がAから始まる自転車

【対策内容】
乗車中にハンドル折りたたみヒンジ部の、ロックが解除されても、ハンドルが誤って折りたたまれない様、新たなロック解除防止機構を追加。

【お問い合わせ先】
お近くの店舗まで
http://www.cb-asahi.jp/real/shop/
■コメントする
ホンダ「スーパーカブ」(前輪ブレーキが効かなくなるおそれ)    (2011-5-19 - 2929 Clicks)
【該当車両】
スーパーカブ110PRO、110MD

【不具合の内容】
前輪ブレーキにおいて、ケーブルエンドのカバーの材質が不適切なため、坂道などの駐停車時に使用するパーキングレバーの操作を繰返し行うと、インナーワイヤーが切損し、前輪ブレーキが効かなくなるおそれがあります。

【改善対策の内容】
前輪用ブレーキケーブル一式を対策品と交換します。

【連絡先】
お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ドゥカティ「3車種」(ブレーキホースが損傷するおそれ)    (2011-5-12 - 856 Clicks)
【該当車両】
MULTISTRADA 1200 ABS
MULTISTRADA 1200S Touring Edition
MULTISTRADA 1200S Sport Edition

【不具合の内容】
ライダーシート下部にあるブレーキホースにおいて、当該シート裏面とブレーキホースの隙間が少ないため、走行振動等により当該シート裏面とブレーキホースが接 触する場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、ブレーキホースが損傷するおそれがある。

【対策】
全車両、ライダーシート裏面にラバーパッドを追加する。ブレーキホースに損傷が認められる場合は、ブレーキホースを交換する。

【連絡先】
ドゥカティジャパン株式会社 アフターセールス部
03-3794-5003
■コメントする
カワサキ「パニアケース取付ブラケット」(保安基準不適合のおそれ)     (2011-5-11 - 887 Clicks)
【該当車両】
Ninja 1000/Ninja 1000 ABS 用パニアケース取付ブラケット

【不具合の内容】
欧州より輸入し、後付け用品として販売したパニアケース(荷物入れ)取付ブラケットに、パニアケースを装着した場合、車両に装着されている尾灯が保安基準に抵触するおそれがある。これを改善するため、当該ブラケットに改善用の灯火器を付属しているが、当該灯火器は、欧州仕様の尾灯/制動灯の兼用灯火であったため、これを取付けた場合、制動灯が保安基準に抵触するおそれがある。

【対策】
当該後付け用品の付属品に、尾灯及び制動灯の対策用電気配線を追加し、制動灯は車両側灯火器のみが、尾灯は後付け灯火器のみが点灯するよう対策する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819 
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00
■コメントする
ハーレーダビッドソン「8型式」(再始動できなくなる)    (2011-3-9 - 982 Clicks)
【該当車両】
FXST ソフテイル スタンダート
FLSTC ヘリテイジ ソフテイル クラシック
FLSTF ファットボーイ
FLSTN ソフテイル デラックス
FXCWC ロッカーC
FLSTSB クロスボーンス
FLSTFB ファットボーイ ロー
FLSTSE2 CVO ソフテイル コンバーチブル

【理由】
電装品制御装置において、製造過程における接合面の防水処理が不適切なものがあり、当該装置に水が浸入し内部回路がショートする場合がある。そのため、 当該装置から電子制御コンピュ―タに信号が正しく伝わらなくなることにより電子制御コンピュ―タが異常と認識し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該装置を良品に交換する。

【連絡先】
お近くの販売店まで
■コメントする
スズキ「二輪車5車種」(エンジンが停止)    (2011-2-18 - 1125 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブシリーズ、ジェンマ、イントルーダークラシック400シリーズ、GSR400シリーズ、バンディット1250シリーズ

【不具合の内容】
整流器の製造工程において、冷却フィン付きケースとパワーモジュール(電力用複合素子)の接着が不十分なため、パワーモジュール内部の整流素子が冷却されずに温度が上昇し、発電電流の制御ができなくなるものがあります。そのため、バッテリーが充電不足となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、整流器を対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ブリヂストンサイクル「グランロードS500」(前ホーク無償交換)    (2011-1-28 - 841 Clicks)
【対象製品】
メリダ社製GRANDROAD(グランロード)S500
[1]車種略号:GS545 商品コード:1B95AA 30台
[2]車種略号:GS550 商品コード:1B95BA 20台

【理由】
日本国内で輸入販売(2008年11月〜2009年12月に自転車販売店に販売)した
「商品名:GRANDROAD(グランロード)S500」と同構造(ステム長さは異なります)の前ホークを装着し、
メリダ社がヨーロッパで販売した製品で前ホークのステムパイプが破損する事故が発生しました。

【対策】
日本での事故や破損などの発生はありませんが、お客様の安全の為に予防措置の観点から、
強度アップした前ホークと無償交換することに致しました。

【連絡先】
ブリヂストンサイクルお客様相談室
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日及び弊社指定休日は休み)
■コメントする
スズキ「アドレスV125」(騒音規制値超過)    (2011-1-19 - 1120 Clicks)
【該当車両】
アドレスV125

【不具合の内容】
燃料噴射コントロールユニットにおいて、車両の製造工程で誤品を組付けたものがあります。そのため、加速時の騒音規制値を満足しなくなります。

【対策】
全車両、燃料噴射コントロールユニットの品番を点検し、該当するものは正規品に交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
宮田工業「シュガーW」(フレーム破断の恐れ)    (2011-1-4 - 916 Clicks)
【対象製品】
2008年モデル「シュガーWシリーズ」

【理由】
フレームの溶接強度に一部バラツキがあり、稀にフレームのパイプのラグ部(パイプ を接ぐもの)に亀裂等が入り徐々に亀裂進展し、最悪破断する可能性があることが確認され ました。

【対策】
フレームの状態点検をお願いし、万一問題がある場合はフレームを無償交換。

【連絡先】
宮田工業株式会社 お客様相談室
0120-85-1383
受付時間 平日9:00~17:00 (土・日・祝日および所定の休日を除く)
■コメントする
ヤマハ「各車」(エンストするおそれ)    (2010-12-16 - 1100 Clicks)
【該当車種】
WR250R
WR250X
XP500 TMAX
XP500 TMAX
ギアBX50
ギアBX50S
ギアBX50N
ジョグCE50
ジョグCE50D
ジョグCE50ZR
シグナスX XC125
シグナスX XC125SR
アクシストリートXC125E
グランドマジェスティ YP250G
SEROW 250 SEROW 250S XT250X
グランドマジェスティ YP400G
グランドマジェスティ YP400G
ビーノXC50
ビーノXC50R
ビーノXC50D
ビーノXC50S
ビーノXC50X
ビーノXC50H
VOX XF50
VOX XF50D
マグザム CP250
マグザム CP250
マジェスティ YP250
trickerXG250 trickerXG250S

【不具合の内容】
燃料ポンプにおいて、樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の成形条件が不適切なため、燃料温度が高い状態で継続使用されるとインペラが変形し、燃料ポンプ内で干渉することがある。そのため、燃料吐出量が低下して加速不良や始動不良となり、最悪の場合、走行中にエンストするおそれがある。

【対策】
全車両、燃料ポンプを良品と交換する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
ヤマハ「ジョグCE50」(方向指示器レンズが脱落するおそれ)     (2010-12-8 - 1077 Clicks)
【該当車種】
ジョグ゙CE50
ジョグCE50D
ジョグCE50ZR

【不具合の内容】
後面の方向指示器において、レンズを締め付けるねじの樹脂製ワッシャに含まれる成分により、レンズのねじ締付部に亀裂が生じるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が進行し、最悪の場合、当該レンズが脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、樹脂製ワッシャを取り外し、当該レンズとねじを新品に交換する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
ホンダ「DN-01」(エンジンが停止するおそれ)     (2010-12-4 - 3124 Clicks)
【該当車両】
DN-01

【不具合の内容】
エンジンと点火プラグキャップ周辺との隙間設定が不足したため、炎天下の停車時にプラグキャップの温度が上昇して絶縁性が低下すると、プラグキャップ外周からエンジンに放電するものがあります。そのため、点火プラグに供給する電圧が低下し、アイドル回転域での要求電圧を満たさなくなるため、エンジン不調となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。

【改善対策の内容】
点火プラグキャップを対策品と交換します。

【連絡先】
お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ホンダ「トゥデイ」(方向指示器スイッチが操作できなくなる)     (2010-12-3 - 2961 Clicks)
【該当車両】
トゥデイ

【不具合の内容】
方向指示器スイッチの操作ノブの位置を保持する部品に異なった材質を使用したため、スイッチ内部に浸入した雨水等で錆が生じることがあります。そのため、方向指示器スイッチが操作できなくなるおそれがあります。

【改善対策の内容】
左側ハンドルスイッチ一式を対策品に交換します。

【連絡先】
お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ヤマハ「シグナスX」(速度計が作動しなくなる)     (2010-12-1 - 1166 Clicks)
【該当車種】
シグナスX

【不具合の内容】
計器盤内部に使用しているコンデンサに仕様の異なるものを組付けたものがあるため、速度計が作動しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、計器盤の製造ロット番号を確認し、該当するものは計器盤を正規品と交換する。また、計器盤を交換する際は、その時点の走行距離をメンテナンスノートに記録する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
サイクルヨーロッパジャパン「2010年型ROMA」(フォークが変形)     (2010-10-13 - 912 Clicks)
【該当車両】
2010年型ROMA(ローマ)
http://www.cycleurope.co.jp/bianchi/bikes/sport/roma.html

【内容】
フロントフォークの熱処理不足により十分な強度が確保されず、強い衝撃や強いフロントブレーキングにより、フォークが変形する恐れがあります。合計対象台数は90台でございます。

【対策】
フロントフォークの無償交換

【連絡先】
サイクルヨーロッパジャパン株式会社
平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00
■コメントする
ホンダ「リード」(空気の補充ができなくなる)     (2010-10-2 - 3053 Clicks)
【該当車両】
リード

【理由】
前輪用空気充填バルブのゴム材の原材料配合が不適切なため、バルブ成型後のゴム硬度が高くなり、空気充填バルブをホイールに組付ける際にゴムの柔軟性が不足して表面に亀裂が生じたものがあります。そのため、使用過程でタイヤの空気補充時に空気充填バルブを強く折り曲げると表面亀裂が貫通して、空気抜け及び空気の補充ができなくなるおそれがあります。

【対策】
前輪用空気充填バルブを良品と交換します。

【連絡先】
お客様相談センター
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
BMW「S1000RR」(エンジンが損傷)     (2010-10-1 - 1088 Clicks)
【該当車両】
BMW S1000RR

【理由】
クランクケースとエアクリーナボックス間のブリーザーホースが不適切 なため、エンジンがかかった状態で車両が左側に転倒した際、エンジンオイルがエアクリーナボックス内に浸入することがある。そのため、車両を 起こしたときに、エアクリーナボックスに浸入したエンジンオイルが原動機内に流れ込み、エンジンが損傷するおそれがある。

【対策】
全車両、ブリーザーホースを対策品へ交換するとともに、ドロップセンサ ー(車両転倒時にエンジンを自動的に停止させる装置)を装着する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
ホンダ「PCX」(燃料が漏れる)     (2010-10-1 - 3016 Clicks)
【該当車両】
PCX

【不具合の内容】
バッテリー収納箱の水抜き穴の位置が不適切なため、収納箱に浸入した雨水等が、バッテリー製造時にバッテリーの排気口に付着した酸性分を洗い流し、水抜き穴から燃料ポンプの吐出配管に滴下し配管に亀裂を生じるものがあります。そのため、そのまま使用を続けると亀裂部から燃料が漏れるおそれがあります。

【対策】
排水管を追加した対策品のバッテリー収納箱と交換するとともに、燃料ポンプ吐出配管の酸性分の有無を点検し、成分が有るものは燃料ポンプ一式を新品と交換します。また、成分がないものは燃料ポンプ吐出配管を点検し、配管に亀裂があるものは燃料ポンプ一式を新品と交換します。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
ブリヂストンサイクル「自転車用後席幼児座席」(リコール対象の拡大)    (2010-9-23 - 936 Clicks)
【該当製品】
商品名:
NEWロイヤルチャイルドシート RCSNRX.A 88,765台
ロイヤルチャイルドシートSTD RCS-SRT  1,845台
NEWデラックスチャイルドシート  RCS-MH.A 13,582
ロイヤルチャイルドシート  CS-NAS   55,324台
ロイヤルチャイルドシート  RCS-SDX  171,150台
NEWロイヤルチャイルドシート RCS-NRX  61,163台
デラックスチャイルドシート  RCS-MHBC 132,596台
デラックスチャイルドシート  RCS-MHB  6,031台
リヤ子供乗せ         RCS-MSG   13,480台
リヤ子供乗せ         KNR-69SG  23,172台
子ざぶとん専用チャイルドシート RCS-K   687台
リヤチャイルドシート(ヤマハ発動機ブランド) Q5K-YSK-051  1,728台
合計 569,523台

【告知】
鉄製「自転車用後席幼児座席(リヤチャイルドシート)」の「足乗せ部」が破損し、
お子様が怪我をされる事故が発生したため、誤った取り付けをする可能性のある商品を対象に、
平成22年7月9日から無償点検・修理のリコールを実施しております。

しかしながら、正常な取り付けをした場合でも同様にお子様が怪我をされる事故が発生したため、
このたび対象商品を下記12モデル(ヤマハ発動機ブランド1モデルを含む)に拡大して、現品回収の上、
樹脂製リヤチャイルドシートに無償交換させていただくことといたしました
(既に無償点検・修理されたお客様の対象商品も含みます)。
大変お手数ですが、お買上の販売店にて無償交換を受けて頂きますようお願い申し上げます。

【対策】
樹脂製リヤチャイルドシートに無償交換

【連絡先】
電話番号: 0120-22-0355
(リヤチャイルドシート無償交換 お客様コールセンター) 受付時間: 9時~17時
9月末日までは毎日(土日、祝日を含む)
10月以降は土、日、祝日と特定休日を除く
■コメントする
ヤマハ「ドラッグスター」(エンジンが停止)     (2010-9-23 - 1124 Clicks)
【該当車種】
XVS400 ドラッグスター
XVS400C ドラッグスタークラシック

【不具合の内容】
エンジンコントロールユニット(ECU)に接続するコネクタ部の製造工程において、コネクタ内部の防水シールを傷つけたため、洗車等によりコネクタ内部に水が浸水するものがある。そのため、端子間にリーク電流が生じてECUが誤作動し、最悪の場合、エンジンが停止して再始動できなくなる、または、速度計が誤った表示をするおそれがある。

【対策】
全車両、当該コネクタ内部の端子を点検し、腐食しているものは、ECUと電気配線(シール剤を塗布したコネクタ付き)を新品と交換し、腐食していないものは、当該コネクタにシール剤を塗布する。

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-133-120
■コメントする
BMW「G650X」(リアホイールがロック)     (2010-9-8 - 1112 Clicks)
【該当車両】
BG650X Country
G650X Moto
G650X Challenge

【理由】
駆動チェーン上部のガイドローラー固定ブラケットの強度が不足してい るため、車体が最大に沈み込んだ場合に当該ブラケットが破損することが ある。そのため、破損したブラケットおよび上部ローラーが脱落し、最悪 の場合、破損したブラケットの破片がチェーンとスプロケットの間に挟ま り、リアスプロケットが損傷する、又はリアホイールがロックするおそれ がある。

【対策】
全車両、固定ブラケットを対策品と交換するとともに、付随するガイドローラー を新品と交換する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
BMW「R1200GS-A」(ハンドルの可動域が制限)    (2010-9-8 - 1044 Clicks)
【該当車両】
BMW R1200GS-A

【理由】
燃料タンク取り付け部において、固定ナットの緩み止めが不適切なため、 ナットが緩むことがある。そのため、ハンドルを操作した際に固定ボル トがフロントフォークと接触し、ハンドルの可動域が制限される、又は 固定ナット及び当該ボルトが脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、固定用ナットに緩み止め剤を塗布し、規定トルクで締め付ける。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
BMW「F650GS,F800GS」(走行不能になるおそれ)    (2010-9-8 - 1051 Clicks)
【該当車両】
BMW F650GS
BMW F800GS

【理由】
駆動チェーンの製造工程におけるかしめの設定が不適切なため、使用過 程において O リングが損傷することがある。そのため、そのまま使用を 続けると、当該チェーンが破断し、最悪の場合、走行不能になるおそれ がある。

【対策】
全車両、駆動チェーンを良品と交換するとともに、前後のスプロケットを 新品と交換する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
BMW「R1200」(制動力が低下)    (2010-9-8 - 1188 Clicks)
【該当車両】
BMW R1200ST
BMW R1200R
BMW R1200GS
BMW R1200GS-A
BMW R1200RT
BMW K1200GT

【理由】
前輪用ブレーキ配管の端部の形状が不適切なため、当該配管の組み付け 時に、接続部の密着が不十分になるものがある。 そのため、走行時の振 動により当該部に隙間が生じ、ブレーキオイルが漏れ、最悪の場合、制 動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、前輪用ブレーキ配管を対策品と交換する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
モービック「自転車」(フレームの一部が折損)    (2010-9-4 - 1005 Clicks)
【該当製品】
販売時期:2010年2月〜6月
車種名:26・27インチ ラグステンレス軽快車/27インチ ラグステンレスシティ車
マーク:Compo lote Olnos.

【不具合の内容】
フレームの一部が折損する恐れがある事が判明

【対策】
商品交換

【連絡先】
(株)モービック  お客さまご相談係
住所 大阪市中央区南船場3丁目8-7
電話番号 0120-544-800(無料フリーダイヤル)
*携帯電話からもご利用になれます。
受付時間 9:00〜17:00(土、日、祝祭日を除く)
■コメントする
ドゥカティ「M696 PLUS」(再始動できなくなるなど)    (2010-7-10 - 1111 Clicks)
【該当車両】
M696 PLUS

【不具合の内容】
1 メインハーネスの取り回しが不適切なため、原動機リヤ側シリンダフィンに干渉し て、当該ハーネスが損傷することがある。そのため、速度計が表示しなくなる、前 照灯や方向指示器が作動しなくなる、又は原動機が停止して、再始動できなくなる おそれがある。
2 リヤシリンダ側のO2センサケーブルの固定が不適切なため、排気管と干渉するこ とがある。そのため、当該ケーブルが損傷して、排出ガス基準値を超えるおそれが ある。

【対策】
1 全車両、結束バンドでメインハーネスの取り回しを修正する。なお、メインハー ネスに損傷がある場合は新品と交換する。
2 全車両、燃料ポンプカバーの既定の場所に、結束バンドでO2センサケーブルを固 定する。当該ケーブルに損傷がある場合は新品と交換する。

【連絡先】
ドゥカティジャパン株式会社 アフターセールス部
03-3794-5003
■コメントする
ブリヂストンサイクル「自転車用後席幼児座席」(破損の恐れ)     (2010-7-10 - 998 Clicks)
【該当製品】
自転車用後席幼児座席(リヤチャイルドシート)
「NEWロイヤルチャイルドシート」
「ロイヤルチャイルドシートSTD」
「NEWデラックスチャイルドシート」

【不具合の内容】
「足乗せ部」が破損し、お子様が怪我をされる事故が発生しました。 
この破損は、「足乗せ部」の取付け方法が誤っている事を主な要因とし、更に「足乗せ部」を踏み台にして乗り降りを繰り返す、自転車が何度も転倒する等、想定以上の負荷がかかったことによるものと推定しています。

【対策】
「足乗せ部」の誤った取付けができる下記対象商品に関し無償点検し、傷、変形等が認められた場合は無償で修理させていただきます。

【連絡先】
7月9日のみ  [お客様相談室] 0120-72-1911
7月10日以降  [リヤチャイルドシート無償点検・修理お客様コールセンター] 0120-22-0355
受付時間:午前9時〜午後5時
7月   月〜土曜日(日、祝日を除く。11日(日)は受付) 
8月以降 月〜金曜日(土、日、祝日と弊社特定休日を除く)
■コメントする
ホンダ「電動アシスト付自転車」(お知らせランプの焼損)    (2010-6-15 - 3178 Clicks)
【該当車両】
電動アシスト付自転車
「ラクーン、ラクーンCX、ラクーンコンポ」

【不具合の内容】
電動アシスト付自転車におきまして、バッテリー残量を示すお知らせランプにて内部基盤部が発煙するものがあり、最悪の場合、お知らせランプの焼損に至ることから、ご愛用のお客様へは平成13年2月以来社告などでお知らせしており、現在も継続して点検・改修を実施しております。

【対策】
部品交換

【連絡先】
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
《フリーダイヤル》0120-086819
《受 付 時 間》 9:00〜12:00 / 13:00〜17:00
■コメントする
ホンダ「プレスカブ50」(走行不能となるおそれ)    (2010-6-10 - 3013 Clicks)
【該当車両】
プレスカブ50

【不具合の内容】
後輪を駆動するスプロケットを支えるベアリングにグリースが封入されていないものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ベアリングの潤滑ができないため異音が発生し、最悪の場合、ベアリングが破損して固着し、走行不能となるおそれがある。

【対策】
ベアリング一式を良品と交換する。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
ホンダ「ジャイロX」(燃料が漏れるおそれ)    (2010-6-10 - 2997 Clicks)
【該当車両】
ジャイロX

【不具合の内容】
リヤサスペンションをフレームに固定しているボルトの締付けトルクが不足しているため、駐車時に車両の荷台を持ち上げて移動させる動作を繰り返すと弛みが生じ、走行振動により当該ボルトが脱落するものがある。そのため、その状態で荷台を持ち上げるとリヤサスペンションの上側締結部が車体取付け部から外れ、サスペンションの上端が燃料ポンプを破損させて燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
リヤサスペンション上側締結ボルトを新品と交換し、新たに規定した締付けトルクで締付ける。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
スズキ「スカイウェイブ250」(再始動できなくなる)    (2010-6-3 - 1220 Clicks)
【該当車両】
スカイウェイブ250

【不具合の内容】
原動機の温度上昇が遅いため、寒冷時の短時間運転を繰り返した場合、ブローバイガス中の水分が原動機内で結露し、潤滑油内に蓄積することにより、カムシャフトドライブチェーンが摩耗して伸びることがあります。そのため、そのまま使用を続けると異音が発生し、最悪の場合、当該チェーンが外れて原動機が停止し、再始動できなくなるおそれがあります。

【対策】
全車両、カムシャフトドライブチェーンを対策品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ホンダ「スーパーカブ」(速度計が作動しなくなるなど)    (2010-6-1 - 3028 Clicks)
【該当車両】
スーパーカブ110、110P、110PRO、110MD

【不具合の内容】
(1) スピードメーターケーブルを保持するクリップの加締めが不十分なため、サスペンションが伸縮するとケーブルを保持出来ないものがある。そのため、ケーブルがクリップから外れ、駐車時にハンドルを左に止まるまで操作すると、ハンドルストッパー部に噛み込まれて折損し、速度計が作動しなくなるおそれがある。

(2) 後輪用制動灯スイッチのスイッチケースの成型が不適切なため、内部の可動接点が作動領域を超えて戻らなくなり、制動灯が常時点灯となるおそれがある。また、そのままの状態で使用を続けると、制動灯の電球ソケットが溶損して導通不良となり、点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
(1) スピードメーターケーブルを新品と交換するとともに、ケーブル保持クリップを正しく加締める。

(2) 制動灯の点灯状態を点検し、常時点灯または点灯しない場合は、後輪用制動灯スイッチを良品と交換するとともに、制動灯の電球ソケットおよび電球を新品と交換する。それ以外の場合は、制動灯スイッチを良品と交換する。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
ホンダ「スーパーカブ110PRO、110MD」(ストッパープレートが脱落)    (2010-6-1 - 3129 Clicks)
【該当車両】
スーパーカブ110PRO、110MD

【不具合の内容】
ハンドルの切れ角を規制するストッパープレートをフレームのヘッドパイプへ溶接する作業が不適切なため、溶接の強度が不十分なものがある。そのため、駐車・停車時にハンドルを切ったことによる  衝撃がストッパーに繰り返し加わると溶接部に亀裂が生じ、ストッパープレートが脱落するおそれがある。

【対策】
ストッパープレートとヘッドパイプの溶接部を点検し、ヘッドパイプに亀裂が認められる場合はフレームを良品と交換する。亀裂が認められない場合であって、溶接状態が判定基準を外れたものは溶接補強を行う。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
ホンダ「スーパーカブ」(亀裂が発生)    (2010-6-1 - 2987 Clicks)
【該当車両】
スーパーカブ

【不具合の内容】
スピードメーターケーブルを保持するクリップの強度が不足しているため、クリップ締付け部の周囲に走行時のサスペンション伸縮でケーブルから繰返しの力が加わって亀裂が発生するおそれがある。

【対策】
ケーブル保持クリップの上下に大径ワッシャを追加し、ねじ長の長いボルトで締付ける。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 9:00〜12:00/13:00〜17:00
■コメントする
プジョー「自転車」(事故)    (2010-5-25 - 1034 Clicks)
【該当車両】
1998年型
PEUGEOT −
VTT 900 (EXOCET)
VTT 805 (JEANNE)
VTT 505 (SAHARA)
COM 505 (METRO)

1999年型
PEUGEOT −
VTT 905 (EXOCET)
VTT 805 (JEANNE)
COM 505 (METRO)
DeLite

2002年型
PEUGEOT −
COM 505 (METRO)

【理由】
BIANCHIブランドの自転車に搭載されたサスペンションフォークの点検にかかるお願いに関しまして、消費者の皆様・販売店の皆様には、ご不安、ご心配をお掛けしており、誠に申し訳ございません。

さて、その後の調査の結果、以前弊社が販売をしていたPEUGEOTブランドの自転車にも、同様の構造を有するRST製サスペンションフォークが付いたモデルがあることが判明いたしました。

【対策】
速やかに「自己点検」及び「購入店での点検」をお受け下さいますようお願いいたします。

【連絡先】
サイクルヨーロッパジャパン株式会社
TEL: 03-3255-2431 FAX: 03-3255-2737
9:30〜12:00 13:00〜18:00
■コメントする
BMW「F800,K1300」(配線が断線)    (2010-5-20 - 1155 Clicks)
【該当車両】
BMW F800 R,BMW K1300 S,BMW K1300 R,BMW K1300 GT

【理由】
ハンドル左右の操作スイッチにおいて、スイッチのハンダ付け温度が不適切なため、スイッチ基板の配線が断線することがある。そのため、操作スイッチが作動せず、エンジンが始動できない、前照灯の切り替えができない、方向指示器が作動しない、又は警音器が鳴らないおそれがある。

【対策】
全車両、左右操作スイッチを対策品と交換する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート
フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
サイクルヨーロッパジャパン「自転車」(事故)    (2010-5-14 - 1005 Clicks)
【該当車両】
2002年型/ビアンキ・バックストリート BIANCHI・BACKSTREET

【内容】
2010年4月3日 TBS「報道特集」における「ビアンキ事故」の放送に関しまして、消費者の皆様・さらには販売店の皆様に、多大なご不安・ご心配をおかけしております事を深くお詫び申し上げます。

当該報道は、Bianchi 2002年モデルのサスペンションフォーク搭載モデルに乗車走行中のユーザー様が転倒し、重傷を負ったという事故に関するもので、報道にかかる事故が発生した事は事実でございます。事故当時、当該自転車のサスペンションフォーク内部のコイルが腐食のため破断し、フォークが上下に分離しうる状態であったとのことですが、事故発生の直接の原因につきましては、現在必ずしも判明していないという状況です。

【対策】
つきましては、皆様のご利用上の安全について万全を期すために、下記モデルをご使用中のお客様におかれましては、誠に恐れ入りますが、速やかに「自己点検」及び「購入店での点検」をお受けくださいますようお願いいたします。

【連絡先】
サイクルヨーロッパジャパン株式会社
TEL: 03-3255-2431 FAX: 03-3255-2737
9:30〜12:00 13:00〜18:00
■コメントする
ホンダ「CB400 UPER FOUR」(制動灯が点灯しなくなる)    (2010-4-16 - 3058 Clicks)
【該当車両】
CB400 SUPER FOUR
CB400 SUPER BOLD'OR

【不具合の内容】
後輪用制動灯スイッチの防水構造が不適切なため、触媒コンバーターからの被熱によりスイッチが高温となり、被水して冷やされるとスイッチカバー部から吸水し、接点が錆びて導通不良となるものがある。そのため、後輪制動時に制動灯が点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
後輪用制動灯スイッチを対策品と交換する。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
ホンダ「CB400 SUPER FOUR(教習用車両)」(転倒するおそれ)    (2010-4-16 - 3103 Clicks)
【該当車両】
CB400 SUPER FOUR(教習用車両)

【不具合の内容】
教習用車両のスタータースイッチ操作を表示する電気回路が不適切なため、運転操作確認用ランプ表示をエンジン停止状態からスタータースイッチ操作状態に切替えた場合、サイドスタンドの格納忘れを防止する機構(サイドスタンドを出した状態で走行しようとするとエンジンが停止する機構)が作動しなくなる。そのため、サイドスタンドを出した状態で走行可能となり、最悪の場合、サイドスタンドが接地して転倒するおそれがある。

【対策】
スタータースイッチ操作を表示する電気回路に、ダイオード付電気配線を追加する。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル
2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
カワサキ「ZRX1200」(後方の交通状況を確認できなくなるおそれ)    (2010-3-30 - 940 Clicks)
【該当車両】
ZRX1200 DAEG

【不具合の内容】
左右の後写鏡ステー内部の固定用ナット部へのロック剤塗布が不適切なものがあるため、走行中の振動等により固定ナットが緩み、後方の交通状況を確認できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該固定ナットを点検し、緩みのあるものは後写鏡を良品に交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
ホンダ「スーパーカブ」(アクセル全閉付近の戻りが悪くなる)    (2010-3-21 - 3036 Clicks)
【該当車両】
スーパーカブ110MD、スーパーカブ110PRO

【不具合の内容】
アクセルグリップを保持する下側スイッチハウジングの形状が不適切なため、上側スイッチハウジングに組付けるとアクセルグリップを保持する溝幅が狭くなるものがある。そのため、ヒーター付きアクセルグリップを装着した場合、減速時にアクセルグリップを押さえる力が加わると内部で接触することで、アクセル全閉付近の戻りが悪くなるおそれがある。

【対策】
対策品の下側スイッチハウジングを組込んだハンドルスイッチアッセンブリと交換する。
なお、対策品の供給に時間を要することから、暫定措置として、上側及び下側スイッチハウジングを接触が起きないように組み直すとともに、アクセルグリップのケーブル巻取り部に潤滑剤を塗布し、部品の準備ができ次第対策品と交換する。

【連絡先】
お問い合わせ先: お客様相談センター
フリーダイヤル 2輪製品 0120-086819
《受付時間》 AM 9:00〜12:00/PM 1:00〜5:00
■コメントする
カワサキ「KLX125」(ブレーキ液量が少ない)    (2010-3-18 - 981 Clicks)
【該当車両】
KLX125
D-TRACKER 125

【不具合の内容】
後輪用油圧式制動装置において、ブレーキ液充填の作業指示が不適切なため、リザーバ内のブレーキ液量が規定量に達していないおそれがある。ただし、制動力に問題はない。

【対策】
全車両、後輪用ブレーキリザーバのキャップを開けてブレーキ液量を点検し、不足していれば規定量まで補充する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「KLX125」(転倒するおそれ)    (2010-3-18 - 983 Clicks)
【該当車両】
KLX125
D-TRACKER 125

【不具合の内容】
後輪用ショックアブソーバの製造工程が不適切なため、当該ショックアブソーバのオイルシールを傷つけたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、漏れたオイルが後輪タイヤに付着し、最悪の場合、転倒するおそれがある。

【対策】
全車両、後輪用ショックアブソーバの生産ロット番号を点検し、該当するロット番号のショックアブソーバは良品と交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
カワサキ「ZRX1200」(転倒するおそれ)    (2010-3-18 - 1022 Clicks)
【該当車両】
ZRX1200 DAEG

【不具合の内容】
原動機出力軸のスプロケット取付部において、ドライブチェーンのガイドプレートが組み付けられていないものがある。そのため、ドライブチェーンの遊びが大きくなった状態で急激な加減速を繰り返した場合、ドライブチェーンがミッションカバーと干渉して当該カバーが損傷し、最悪の場合、エンジンオイルが漏れ出して後輪タイヤにかかり、転倒に至るおそれがある。

【対策】
全車両、ガイドプレートの有無を点検し、ガイドプレートを組み付けるとともに、ミッションカバーがドライブチェーンとの干渉により損傷している場合は関連部品を交換する。

【連絡先】
(株)カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819    ダイヤルイン 078-925-2003
受付時間 月曜日-金曜日(祝日、特別休業日を除く) 9:00-12:00 13:00-17:00 
■コメントする
スズキ「ジェンマ」(保安基準未達)    (2010-2-16 - 1261 Clicks)
【該当車両】
ジェンマ

【不具合の内容】
前照灯の製造工程が不適切なため、走行用前照灯とすれ違い用前照灯の照射角度差が大きいものがあります。そのため、前照灯の照射位置が保安基準を満足しないおそれがあります。

【対策】
全車両、前照灯を良品と交換します。

【連絡先】
スズキ(株)お客様相談室
お電話の場合 電話番号
フリーダイヤル 0120-402-253
オープン時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
東商会「EA30ステム」(クラックの可能性)    (2010-2-14 - 1001 Clicks)
【対象商品】
2007年1月〜2009年8月まで生産されたEA30ステム

【内容】
自社の強度テストで問題点を発見しました。それは、使用しているとステムにクラック(亀裂)が入る可能性があると言うことです。EA30ステムは、 世界で一番厳しいとされる、EN規格や、CPSCスタンダードの規格は通っております。日本では、これらのステムのクラックの事例は1件もございません。しかし、EASTON社は、100%安全な製品供給を目指しており、 世界水準の規格が通っているEA30ステムに対して、自主回収を決定しました。

【対策】
回収

【問い合わせ先】
お問い合わせフォーム
https://sv204.xserver.jp/~eastwood/eastwood.co.jp/contact/index.php

もしくは各営業所まで
川口営業所 TEL:048-250-5213 (受付時間 9:00〜11:50/13:00〜18:00)
関西営業所 TEL:0774-71-8262 (受付時間 9:00〜11:50/13:00〜18:00)
■コメントする
アプリリア「RSV 4」(走行不能)    (2010-2-7 - 1204 Clicks)
【該当機種】
RSV 4 Factory

【不具合の内容】
原動機のコネクティングロッドにおいて、製造時に誤って歪み矯正を行ったため、 強度が低下しているものがある。そのため、使用過程においてコネクティングロッドが 破損し、原動機が停止して走行不能になるおそれがある。

【対策】
全車両、良品のコネクティングロッドが組み込まれた原動機一式と交換する。

【連絡先】
問い合わせ先:技術・部品部
電話:045-477-2605
■コメントする
ヤマハ「シグナス」(アスベストが含有)    (2010-1-29 - 1208 Clicks)
【該当機種】
シグナスXC125SV

【不具合の内容】
平成16年10月1日以降に補修用部品として販売したブレーキパッドの一部において、当該パッド重量の1%を超えたアスベストが含有されている。

【対策】
ブレーキパッドを目視で点検し(刻印・裏金の色)、対象となるブレーキパッドが取り付けられている場合には、ブレーキパッドを非アスベスト品と交換する。
※「労働安全衛生法施行令」(平成16年10月1日改正)により、今回施行後に販売したアスベスト含有部品の交換作業には「石綿作業主任者」の資格が必要な為に、ヤマハ発動機販売(株)のサービス拠点に車両をお預かりし、有資格者が交換作業をさせていただきます。
(上記法令施行前に交換されたものは対象外となります)

【連絡先】
ヤマハ発動機販売(株)お客様コールセンター
受付時間:10:00〜12:30 / 13:30〜18:00
月〜金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
フリーダイヤル
0120-783-730
■コメントする
BMW「R1200」(エンジンが停止するおそれ)    (2010-1-6 - 1240 Clicks)
【該当車両】
BMW R1200 GS-A
BMW R1200 GS

【理由】
燃料ポンプ制御ユニットにおいて、コネクター部の防水処理が不十分な ため、水分の浸入により内部基盤に腐食が発生し、基盤が短絡すること がある。 そのため、燃料ポンプが作動せず、最悪の場合、エンジンが停 止するおそれがある。

【対策】
全車両、燃料ポンプ制御ユニットを点検し、本体色がシルバーである場合 は、対策品と交換するとともに、シールラバーリングを新品と交換する。

【連絡先】
BMW正規ディーラーまたはBMWカスタマー・サポート フリーダイヤル 0120-55-3578
■コメントする
0.270 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop