新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > いすゞ
総合リコール情報 いすゞ

サブカテゴリ :  (3)
2006年 (11) 2007年 (28) 2008年 (38)

いすゞ    (115)
いすゞ「フォワード」(異音が発生するおそれ)    (2011-10-24 - 7123 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
中型トラックにおいて、キャブチルトの際、キャブを保持するためのU字フックとキャブマウンティングリヤメンバとの溶接が不適切なため、キャブチルト時の入力により溶接の一部が剥がれ、U字フックが変形することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、U字フックとアシストフックが接触し、異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、U字フックの取付け位置を点検し、不適切なものはキャブマウンティングリヤメンバを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード・エルフ」(車速データが記録できなくなるおそれ)     (2011-10-24 - 5484 Clicks)
【対象製品】
フォワード・エルフ

【不具合の内容】
運行情報システムを搭載している車両において、当該システムのコントローラの制御プログラムが不適切なため、運行情報を処理する複数の作業が重なった場合、車速データの記録プログラムが停止することがある。そのため、当該システムに内蔵されているデジタル式運行記録計へ、車速データが記録できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、運行情報システムコントローラの制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(エンジン回転数が表示されなくなるおそれ)     (2011-10-24 - 5198 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
運行情報システムを搭載している車両において、車両情報記録ユニットの制御プログラムが不適切なため、キーオン状態からキーオフ状態にした後、短時間で再度キーオンにすると車両情報記録ユニットにエンジン回転等のデータが記録されないことがある。そのため、車両情報記録ユニットから、エンジン回転のデータを得ている運行情報システムにエンジン回転のデータが送信されなくなり、運転日報にエンジン回転数が表示されなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、車両情報記録ユニットの制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「デジタル式運行記録計」(車速データが記録できなくなるおそれ)    (2011-10-21 - 5148 Clicks)
【対象製品】
デジタル式運行記録計搭載車両

【不具合の内容】
後付け部品として販売した運行情報システムを搭載している車両において、当該システムのコントローラの制御プログラムが不適切なため、運行情報を処理する複数の作業が重なった場合、車速データの記録プログラムが停止することがある。そのため、当該システムに内蔵されているデジタル式運行記録計へ、車速データが記録できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、運行情報システムコントローラの制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(車速データが記録できなくなるおそれ)    (2011-10-21 - 5241 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
運行情報システムを搭載している車両において、当該システムのコントローラの制御プログラムが不適切なため、運行情報を処理する複数の作業が重なった場合、車速データの記録プログラムが停止することがある。そのため、当該システムに内蔵されているデジタル式運行記録計へ、車速データが記録できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、運行情報システムコントローラの制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(扉が脱落するおそれ)     (2011-9-28 - 5075 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
大型観光バスのスイング扉において、スイングアームを扉に取付けるためのブラケットの締結構造が不適切なため、スイングアームとブラケットを固定しているナットが緩みボルトが折損することにより扉を確実に閉じることができなくなり、最悪の場合、扉が脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、当該ブラケットとナットを対策品に交換するとともに、ボルトを新品に交換する。また、一部車両については、ワッシャーを追加する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(窒素酸化物の排出値が悪化)     (2011-9-12 - 5614 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
平成22年排出ガス規制対応の中型トラックにおいて、エンジン制御プログラムの影響により、運転操作によっては、窒素酸化物(NOx)の排出値が悪化するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジン本体及びインタークーラ(吸入空気冷却装置)を対策品に交換するとともに、エンジン制御ユニットの制御プログラムを書き換える。また、一部車両においては、トランスミッション制御ユニット又は終減速ギヤを変更する

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ」(再始動が出来なくなるおそれなど)    (2011-9-9 - 5790 Clicks)
【対象製品】
エルガ

【不具合の内容】
(1) 路線バスのエンジンルーム内の電気配線において、配線の取付け位置が不適切なため、配線と配線固定ブラケットの端面が接触しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線がショートし、最悪の場合、エンジンが停止し、再始動が出来なくなるおそれがある。
(2) エンジン停止中に音声合成放送装置(行き先案内放送等)を作動させるため、アイドリングストップ装置のリレーボックスのリレー配線を変更した特別仕様の路線バスにおいて、変更後の復元作業が不適切なため、すれ違い用前照灯リレーの配線がリレーボックスに挟まれるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線がショートし、最悪の場合、すれ違い用前照灯が点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、エンジンルーム内電気配線の取付け位置を点検し、配線と配線固定ブラケットの隙間が狭いものは、配線及び固定ブラケットに保護材を取付ける。なお、配線に損傷が見られるものは、配線を修理する。
(2) 全車両、すれ違い用前照灯リレー配線を正規位置に配索し、テープで固定する。なお、配線に損傷が見られるものは、配線を修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ、エルガミオ」(前照灯が点灯しなくなるおそれ)    (2011-9-9 - 5625 Clicks)
【対象製品】
エルガ、エルガミオ

【不具合の内容】
前照灯消し忘れ防止装置を取付けた路線バスにおいて、当該装置の電気回路が不適切なため、前照灯スイッチに想定以上の電流が流れることにより、当該スイッチの接点が摩耗し、そのままの状態で使用を続けると、当該スイッチの接点が折損し、前照灯が点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、前照灯スイッチの電気回路を変更し、リレーを追加するとともに、前照灯スイッチを新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ、エルガミオ」(燃料が漏れるおそれ)    (2011-9-9 - 4997 Clicks)
【対象製品】
エルガ、エルガミオ

【不具合の内容】
路線バスのコモンレール式燃料噴射装置のコモンレールにおいて、材質及び加工不良により、コモンレールの強度が低下しているものがある。そのため、燃料供給時の圧力変動の繰り返しによりコモンレールに亀裂が生じ、燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、コモンレールの製造番号を確認し、対象となるものは良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ」(ホイールナットの締め付け作業等ができなくなる。)     (2011-9-9 - 4860 Clicks)
【対象製品】
エルガ

【不具合の内容】
大型バスにおいて、誤った仕様のホイールボルトレンチを搭載したため、ホイールナットの締め付け作業等ができなくなる。

【対策】
全車両、ホイールボルトレンチを正規品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(電気部品が腐食)     (2011-8-4 - 5599 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
粒子状物質除去装置(DPD)を装着したトラクタにおいて、遮熱板の形状が不適切なため、DPD再生中に車両右後方から強風を受けると排気ガスがリレーボックスにかかり、排気ガスの熱でリレーボックスが溶損することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、リレーボックス内に雨水等が入り、当該ボックス内の電気部品が腐食して通電不良を起こし、最悪の場合、エンジンが停止したり、灯火器等が不灯に至るおそれがある。

【対策】
全車両、遮熱板を対策品に交換する。また、リレーボックスに損傷が見られるものは新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(フレームが折損するおそれ)     (2011-7-30 - 5171 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
小型トラックの高所作業車及び穴掘建柱車において、フレーム強度が不足しているため、急旋回など車体が大きく捩れる状態で繰り返し使用した場合、フレーム下面に亀裂が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し、最悪の場合、フレームが折損するおそれがある。

【対策】
全車両、車体形状を確認し、該当する車両は、フレームを点検し、損傷している場合は補修の上、フレームに補強材を取付ける。損傷していない場合は、補強材を取付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(再始動できなくなる)    (2011-7-30 - 5411 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
6速自動変速機搭載車および5速手動変速機搭載車において、車両組み立て時のセカンドクロスメンバ部の電気配線の配索経路の指示が不適切なため、当該電気配線が変速機後部の回転部に干渉するおそれがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該配線が損傷し、最悪の場合、走行中にエンストし再始動できなくなる、または、制動灯が点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該電気配線の配索経路を正規経路に修正する。また、電気配線が損傷している場合は、電気配線を修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(各種不具合)    (2011-7-3 - 5222 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
(1) 大型トラックの尿素水噴射ユニット(ドージングモジュール)において、尿素水供給ホースの長さが不適切なため、尿素水の供給圧力により、当該ホースが引っ張られることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ドージングモジュールのコネクタからホースが抜けたり、当該コネクタに亀裂が生じ、尿素水が漏れるおそれがある。
(2) 大型トラックの電子制御式エンジン冷却ファン(電制ファン)において、エンジン制御プログラムに対して、電制ファンの回転センサの仕様が不適切なため、エンジン警告灯が点灯することがある。
(3) 大型トラックの機械式自動変速機(スムーサ)付き車両において、トランスミッション制御プログラムが不適切なため、エンジン始動時のクラッチ位置学習時にクラッチ制御電流値が小さくなることがある。このため、発進時に自動クラッチ機能が働かなくなるおそれがある。
(4) 大型トラックのクラッチ倍力装置(ブースタ)のエアパイプ連結部において、異なった形状のジョイント金具を取り付けたため、当該エアパイプよりエアが漏れ、クラッチ操作力が重くなるおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、尿素水供給ホースを対策品に交換するとともに、ドージングモジュールを新品に交換する。
(2) 全車両、電制ファンの配線を対策品に交換するとともに、エンジン制御プログラムを書き換える。
(3) 全車両、トランスミッション制御プログラムを書き換える。
(4) 全車両、エアパイプ連結部のジョイント金具を正規品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(エアタンクが脱落するおそれ)     (2011-6-23 - 5652 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
大型トラックのブレーキ等のエアタンクにおいて、エアタンクブラケットの強度が不足しているため、車体振動等により当該ブラケットに亀裂が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エアタンクブラケットが折損し、最悪の場合、エアタンクが脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、エアタンクブラケットを対策品に交換する。なお、部品の準備に時間を要するため、暫定措置として当該ブラケットを点検し、損傷している場合は、補強プレートを追加し補修する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(NOxの排出値が悪化するおそれ)    (2011-6-7 - 5914 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
平成22年排出ガス規制対応の中型トラックにおいて、エンジン制御プログラムの影響により、運転操作によっては、窒素酸化物(NOx)の排出値が悪化するおそれがある。

【対策】
全車両、暫定対策として一酸化炭素等発散防止装置に係るエンジン制御ユニットの制御プログラムを書き換える。なお、制御プログラムの書き換えについては、準備ができ次第、速やかに実施する。
また、暫定対策により、粒子状物質除去装置(DPD)の再生を促す警告が頻繁に点灯する等のおそれがあるため、エンジン本体を含めた恒久対策を検討し、対策が決定次第、改めて措置を実施する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(排気ガスが漏れるおそれなど)     (2011-6-3 - 5426 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
(1) 小型トラックの手動変速機において、変速機がバックギヤに入っていることを検知する後退灯スイッチのハーネスの配索が不適切なため、ハーネスの固定ブラケットの振動によりハーネスが折れ曲がり、被覆が損傷することがある。そのため、そのまままの状態で使用を続けると、ハーネスが断線し、バックギヤに入っているのにもかかわらず、後退灯が点灯しなくなるおそれがある。
(2) 小型トラックのバン架装車または冷凍機架装車において、排気ガス再循環装置(EGRクーラ)の蛇腹管の強度が不足しているため、排気ガスの熱による伸縮により、当該蛇腹管に亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し、排気ガスが漏れるおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、後退灯スイッチのハーネスを点検し、損傷している場合は後退灯スイッチを新品に交換するとともに、配索を変更する。また、ハーネスが損傷していなかったものは、配索を変更する。
(2) 全車両、車体形状を確認し、該当する車両は、EGRクーラを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(エア漏れが発生)    (2011-6-1 - 5543 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
アルミホイールを装着した大型トラックにおいて、アルミホイールのエアバルブ座面加工が不適切なため、エア漏れが発生するおそれがある。

【対策】
良品のアルミホイールに交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(焼損するおそれ)     (2011-5-28 - 5442 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
坂道発進補助装置(HSA:ヒル・スタート・エイド)の作動を停止するHSAオフスイッチにおいて、結露水が当該スイッチ内に浸入すると、スイッチ内部のスイッチ照明用アース端子とHSAコントロールユニット電源端子間の絶縁性能が低下することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、HSAオフスイッチ内部が発熱し、焼損するおそれがある。

【対策】
全車両、HSAオフスイッチの照明用ハーネスを切断する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(エンジン警告灯が点灯するおそれ)    (2011-4-21 - 5130 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
大気圧センサの配線回路が不適切なため、架装電源用リレーで発生する電気ノイズにより、当該センサ内部が損傷するものがある。そのため、DPD(粒子状物質除去装置)の再生時間が長くなったり、再生が完了せずに、エンジン警告灯が点灯するおそれがある。

【対策】
全車両、大気圧センサの配線回路にコンデンサを追加するとともに、大気圧センサを新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(制動力が低下するおそれ)    (2011-4-21 - 5542 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
大型トラックのブレーキ用エアホースにおいて、当該ホースの取付け位置が不適切なため、エアパイプクリップ固定ボルトとプロテクタの間に挟まれるものある。そのため、当該ホースに穴が開き、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、エアパイプ及びパワステパイプのクリップ固定ボルトを対策品と交換するとともに、エアホースを点検し、損傷している場合には、その部分を交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(室内天井内板が発煙するおそれ)    (2011-4-1 - 4957 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
車両後部に寒冷地向け仕様のトイレを装備した大型観光バスにおいて、トイレ用水タンクの取付け作業が不適切なため、トイレ水凍結防止用ハーネスをタンク下部に挟み込んだものがある。そのため、当該ハーネスが損傷し、最悪の場合、短絡し室内天井内板が発煙するおそれがある。

【対策】
全車両、当該ハーネスを点検し挟み込んでいる場合は、補修を行う。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガミオ」(清掃用握り手が抜け出す)    (2011-3-10 - 5140 Clicks)
【対象製品】
エルガミオ

【不具合の内容】
路線バスにおいて、清掃用握り手(グリップ)を固定するナットの取付け方法が不適切なため、当該握り手を強く引っ張ると、抜け出すおそれがある。

【対策】
全車両、当該握り手の固定ナットを正規の方法で取付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(燃料が漏れるおそれ)     (2011-3-5 - 5705 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
燃料タンクを増設した観光バスにおいて、当該タンクの敷板の形状が不適切なため、タンク底面と敷板の間に水が溜まり、腐食することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該タンクに穴が開き、燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、燃料タンクを新品に交換し、敷板を対策品に変更する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ビッグホーン・WIZARD・MU」(エンジン回転が上昇するおそれ)    (2011-2-18 - 4921 Clicks)
【対象製品】
ビッグホーン・WIZARD・MU/ホンダホライゾン

【不具合の内容】
アクセルコントロール用の制御配線において、接続が不適切なため、接続部(ジョイント)で接触抵抗が生じるものがある。そのため、アクセルセンサの出力電圧が高くなり、エンジン回転が上昇するおそれがある。

【対策】
全車両、アクセルコントロール用配線の接続を変更する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「WIZARD」(走行不能となるおそれ)    (2011-2-4 - 5191 Clicks)
【対象製品】
WIZARD

【不具合の内容】
手動変速機付き車両に修理用として供給した原動機において、平成15年2月13日付け「届出番号外-999」の対策前のフライホイールを装着したため、高い変速ギア段で低速走行を行うと発生する振動によりフライホイール内部が破損し、最悪の場合、動力が伝達されず、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、フライホイールを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(部品が落下するおそれ)    (2011-2-4 - 5435 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
道路清掃車において、排気管出口に取付けている雨水浸入防止バルブの固定方法が不適切なため、排気の圧力で当該バルブ固定金具が抜けてくることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該部品が落下するおそれがある。

【対策】
全車両、排気管を対策品に交換し、排気管ブラケットに補強板を追加する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(速度計表示異常)    (2011-2-4 - 5778 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
圧縮天然ガス自動車(CNG車)の小型トラックにおいて、エンジン制御ユニット(ECM)の速度演算プログラムが不適切なため、速度計の表示が実際の車体速度より低く表示されるおそれがある。

【対策】
全車両、エンジン制御ユニットを対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(ブザーが鳴らなくなるなど)    (2011-1-27 - 5751 Clicks)
【対象製品】
エルガミオ・エルガ

【不具合の内容】
(1) エアコン・コンプレッサ取付けボルトの長さが不適切なため、コンプレッサのボルト取付け部に高応力が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エンジン振動等により、当該取付け部が損傷するおそれがある。
(2) バックブザーの取付け位置が不適切なため、当該部品の内部温度が上昇し、はんだ部に亀裂が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、接触不良を起こし、ブザーが鳴らなくなるおそれがある。

【対策】
(1) コンプレッサ取付けボルトを対策品に交換する。また、コンプレッサのボルト取付け部を点検し、亀裂が生じているものはコンプレッサを新品に交換する。
(2) バックブザーの取付け位置を変更するとともに新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(エンジンから異音が発生)    (2011-1-15 - 5476 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
中型トラック用エンジンのロッカーアームにおいて、吸排気バルブのクリアランス調整ねじに、熱処理不良品が混入したため、バルブとの接触面が早期に摩耗するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エンジンから異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、ロッカーアームアッセンブリを良品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(警告が頻繁に点灯)    (2010-12-19 - 1526 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両の大型トラクタの粒子状物質除去装置(DPD)において、当該フィルタの圧力特性に対して、エンジン制御ユニット(ECM)のプログラムが不適切なため、DPDの再生を促す警告が頻繁に点灯することがある。

【対策】
全車両、当該ユニットのプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード・エルガ」(警告灯が点灯)     (2010-12-19 - 1516 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード・エルガ

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両において、尿素水制御ユニット(ドージング制御ユニット)の尿素水濃度判定プログラムが不適切なため、尿素水に気泡が混入すると、尿素水濃度を誤判定し、警告灯が点灯することがある。

【対策】
全車両、当該ユニットのプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ファーゴフィリーなど2車種」(制動距離が長くなるおそれ)    (2010-12-18 - 1468 Clicks)
【対象製品】
ファーゴフィリー、スーパーメディックII

【不具合の内容】
高規格救急車の制動倍力装置において、設計時の熱影響に対する評価が不充分なため、当該倍力装置のダイヤフラムが早期に硬化するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ダイヤフラムに亀裂が発生して、最悪の場合、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該制動倍力装置を新品に交換する。また、メンテナンスノートに当該倍力装置の定期交換時期(5年)の記載を追加したシールを貼付するとともに、エンジンルームに定期交換時期を記載したシールを貼付する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ファーゴフィリー」(異音が発生するおそれ)    (2010-12-18 - 1447 Clicks)
【対象製品】
ファーゴフィリー

【不具合の内容】
圧縮天然ガス(CNG車)の路線バスにおいて、エンジンルーム内の電気配線等の耐熱性が不足しているため、排気管からの熱により配線被覆が損傷するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線が断線し、最悪の場合、エンジンが停止し再始動ができなくなるおそれがある。また、触媒及び排気サイレンサのマウントが劣化し、異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、当該電気配線に断熱用被覆を追加するとともに、バンドクリップを対策品と交換する。なお、当該電気配線に損傷があるものは、電気配線を新品と交換する。また、触媒及び排気サイレンサのマウントを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ファーゴフィリー」(発電機内部が焼損するおそれ)     (2010-12-12 - 1430 Clicks)
【対象製品】
ファーゴフィリー

【不具合の内容】
発電機において、エンジンオイル交換時に、ウエス等によるオイル滴下防止を行なわずに作業を行なった場合、滴下したオイルが発電機にかかって内部に浸入することがあり、発電機内部に導電性物質が生成されて短絡し、発電機内部が焼損するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンオイル交換時の注意ステッカーを貼付する。また、発電機にエンジンオイルが掛かったおそれがある場合、発電機を新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(エンジンが焼付くおそれ)     (2010-12-10 - 1415 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
バキュームポンプの潤滑用オイルパイプ取付け部において、当該パイプ固定ボルトの軸力不足により、ボルトが緩むものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、パッキンよりオイルが漏れ、最悪の場合、エンジンが焼付くおそれがある。

【対策】
全車両、パッキンを新品に交換するとともに、当該ボルトを規定トルクで締付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(発火するおそれ)     (2010-12-8 - 1460 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
(1) エアコン用抵抗器の取付位置が不適切なため、当該抵抗器カバーと接触しているものがある。そのため、カバーと短絡し発火するおそれがある。
(2) 車室内暖房用の燃焼式ヒータにおいて、冷却水出入口部パイプの形状と当該パイプに組み付けるホースバンドの設定が不適切なため、ヒータを入れて水圧が高い状態で使用した場合、ホースが抜けるものがある。そのため、冷却水が急激に漏れて運行できなくなるおそれがある。

【対策】
(1) 当該抵抗器とカバーの隙間を点検し、隙間が少ない場合は、カバーを切り欠く。また、点検において、カバーが焼損している場合は、カバーを新品に交換する。
(2) 当該ホースバンドを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(配線がショート)     (2010-11-27 - 702 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
空気ばね緩衝装置車両もしくは室内カーテンを装着した大型トラックにおいて、キャブ室内のフロア配線のクリップ取付け位置が不適切なため、当該配線がホイールパークブラケットと干渉しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線がショートし、空気ばねの室内車高調整もしくは室内カーテンを操作できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該配線のクリップ取付け位置を点検し、不適切なものは、正規位置に変更する。また、配線に損傷が見られるものは、配線を修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「運行情報システム搭載車両」(エアコンファン等が誤作動)     (2010-11-26 - 694 Clicks)
【対象製品】
車体制御ユニット

【不具合の内容】
後付け部品として販売した運行情報システムを搭載している車両において、車体制御ユニット(ボディーコントローラ)のプログラムが不適切なため、エンジンを停止した際に、運行情報システムの影響により、車体制御ユニットの内部データを書き換えてしまうことがある。そのため、当該ユニットが制御しているハザードランプ、エアコンファン等が誤作動するおそれがある。

【対策】
全車両、車体制御ユニットのプログラムを書き換え、もしくは当該ユニットを対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(変速できなくなるおそれ)     (2010-11-26 - 709 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
機械式自動変速装置付き大型トラックにおいて、キャブ室内のフロア配線のクリップ取付け位置が不適切なため、当該配線がホイールパークブラケットと干渉しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線がショートし、最悪の場合、変速できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該配線のクリップ取付け位置を点検し、不適切なものは、正規位置に変更する。また、配線に損傷が見られるものは、配線を修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード・エルフ」(エアコンファン等が誤作動)     (2010-11-26 - 715 Clicks)
【対象製品】
フォワード・エルフ

【不具合の内容】
運行情報システムを搭載している車両において、車体制御ユニット(ボディーコントローラ)のプログラムが不適切なため、エンジンを停止した際に、運行情報システムの影響により、車体制御ユニットを書き換えてしまうことがある。そのため、当該ユニットが制御しているハザードランプ、エアコンファン等が誤作動するおそれがある。

【対策】
全車両、車体制御ユニットのプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(警告が頻繁に点灯)    (2010-11-14 - 745 Clicks)
【対象製品】
尿素水が漏れる

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応の大型トラックにおいて、尿素水供給ホース連結部のクランプの取付け位置が不適切なため、当該ホースとジョイント間の気密性が低下し、尿素水が漏れることがある。

【対策】
全車両、当該クランプを適正位置に取付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード・エルガ」(警告が頻繁に点灯)     (2010-11-14 - 708 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード・エルガ

【不具合の内容】
平成21年排出ガス規制対応車両において、エンジン制御ユニット(ECM)のプログラムが不適切なため、粒子状物質除去装置(DPD)の再生を促す警告が頻繁に点灯することがある。

【対策】
全車両、エンジン制御ユニットのプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ビッグホーン・WIZARD・MU」(ターボ軸が損傷)     (2010-11-11 - 789 Clicks)
【対象製品】
ビッグホーン・WIZARD・MU

【不具合の内容】
ターボチャージャ付きディーゼルエンジンにおいて、エンジンオイル中の異物等により、ターボのオイル潤滑が不十分となるものがある。そのため、ターボ軸が損傷し、そのままの状態で使用を続けると、ターボ異音、エンジン出力不足・白煙などが発生するおそれがある。

【対策】
全車両、オイルメンテナンスのコーションプレートを貼付するとともにオイル状態及びターボチャージャの点検を行う。ターボに異常が見られる場合は、ターボ、オイルフィルタ及びオイルポンプリリーフバルブを新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(ギヤが切り替わらないなど)    (2010-11-6 - 678 Clicks)
【対象製品】
エルガミオ・エルガ

【不具合の内容】
発車制限装置付き自動変速機仕様の路線バスにおいて、
(1) 後扉コントローラの制御回路ならびに、扉センサと検知板の位置が不適切なため、扉が閉じた状態にも関わらず、扉が開いたと誤った信号が出ることがある。そのため、当該装置が作動し、アクセル操作及び動力伝達ができなくなるおそれがある。尚、当該事象は、非常用スイッチにて解除できる。
(2) 電子制御式自動変速機制御ユニットのプログラムが不適切なため、発車時にギヤがニュートラルから切り替わらなくなるおそれがある。尚、当該事象は、キースイッチをオフすることにより復帰する。

【対策】
(1) 扉センサ検知板を対策品に交換し、センサとの隙間を調節する。また、当該コントローラの制御回路が不適切なものは、回路を変更する。
(2) 自動変速機制御ユニットを対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(尾扉が閉まらなくなる)     (2010-11-5 - 710 Clicks)
【対象製品】
エルガミオ・エルガ

【不具合の内容】
挟み込み防止装置(戸先スイッチ)を取付けた後扉において、扉配線の取付け位置が不適切なため、扉エンジンロッドと干渉するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、配線が断線し、最悪の場合、扉が閉まらなくなり、運行出来なくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該配線の取付け位置を点検し、不適切なものは、正規位置に変更する。また、配線に損傷が見られるものは、配線を修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(尾灯などが点灯しなくなる)     (2010-11-5 - 712 Clicks)
【対象製品】
エルガミオ・エルガ

【不具合の内容】
尾灯(テールランプ)、前部霧灯(フォグランプ)及び路肩灯の電気回路が不適切なため、テールランプリレーを流れる電流値が大きく、リレーの接点が発熱することがある。そのため、当該部品の樹脂部及びコネクタ部が変形し、そのままの状態で使用を続けると、接触不良を起こし、尾灯などが点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、フォグランプの電気回路の配線を変更するとともに、テールランプリレーとリレーソケットを新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(座席ベルトが引き出せなくなる)     (2010-10-22 - 756 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
座席ベルト巻取装置の内部部品(イナーシャマス)の製造工程において、不適切な材料を使用したため、当該部品が変形し、座席ベルトが引き出せなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、座席ベルトを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(発煙)     (2010-10-16 - 728 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
大型観光バスの折れ扉ガラス熱線用ハーネスの配索が不適切なため、扉が開閉する際に、当該ハーネスが屈曲の繰返しにより損傷するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ハーネスがショートし、最悪の場合、発煙するおそれがある。

【対策】
全車両、ハーネスを延長し、配索を変更する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「交換修理用エキスパンダ」(制動力が低下)     (2010-10-15 - 764 Clicks)
【対象製品】
交換修理用エキスパンダ

【不具合の内容】
交換修理用として販売した主制動装置のブレーキシューを拡張するエキスパンダにおいて、ウェッジ部タペットの熱処理が不適切なため、タペットのローラ転動面が早期に摩耗するものがある。そのため、ローラ転動面に凹みが発生し、ブレーキシューの拡張ができず制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、当該エキスパンダの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

【連絡先】
お問合せ先:いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(制動力が低下)     (2010-10-15 - 706 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
主制動装置のブレーキシューを拡張するエキスパンダのウェッジ部タペットの熱処理が不適切なため、タペットのローラ転動面が早期に摩耗するものがある。そのため、ローラ転動面に凹みが発生し、ブレーキシューの拡張ができず制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、当該エキスパンダの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(座席ベルトが引き出せなくなる)     (2010-10-1 - 730 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
座席ベルト巻取装置の内部部品(イナーシャマス)の製造工程において、不適切な材料を使用したため、当該部品が変形し、座席ベルトが引き出せなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、座席ベルトを対策品と交換する

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(走行安定性が損なわれる)     (2010-10-1 - 779 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
空気ばね緩衝装置付大型トラックにおいて、後車軸を車枠に固定するVロッドのブッシュ寸法が不適切なものがあるため、段差乗り越えなどの大きな変動等を繰り返し受けると、ブッシュ外周が磨耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、Vロッドが損傷し、最悪の場合、走行安定性が損なわれるおそれがある。

【対策】
全車両、Vロッドを良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ」(非常口扉が開かない)    (2010-9-1 - 773 Clicks)
【対象製品】
エルガ

【不具合の内容】
非常口扉の車外ハンドルブラケットにおいて、溶接が不適切なものがあるため、ハンドル操作時に当該ブラケットの溶接部が破損し、最悪の場合、非常口扉を開けることができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ブラケットの溶接状態を点検し、不適切なものはボルトで固定する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「除雪車」(方向指示器不点灯)     (2010-8-26 - 745 Clicks)
【対象製品】
除雪車

【不具合の内容】
前部側面方向指示器の製造工程が不適切なため、レンズ取付け部に隙間があり、当該方向指示器内に水が浸入するものがある。そのため、そのまま使用を続けると導通不良となり、点灯しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、前部側面方向指示器を良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ジャーニー」(再始動不可など)     (2010-8-25 - 791 Clicks)
【対象製品】
ジャーニー

【不具合の内容】
(1) DPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)付き車の原動機制御コンピュータにおいて、低負荷走行時の自動再生(捕集した粒子状物質の燃焼除去)の燃料噴射量の設定が不適切なため、余剰な燃料がエンジンオイルに混入するものがある。そのため、エンジンオイル量が規定量を超えた状態で使用を続けると、吸気経路にエンジンオイルが混入して白煙が発生し、エンジンの回転が上昇することがあり、最悪の場合、エンストして再始動できなくなるおそれがある。
(2) 側面方向指示器を備えた車両の非常点滅表示灯スイッチにおいて、接点の耐久性が不足しているため、当該スイッチ操作時の通電によりアーク放電が発生し、接点が摩耗するものがあり、最悪の場合、非常点滅表示灯が点灯しないおそれがある。
(3) 手動変速機搭載車において、燃料フィルタ取付ブラケットの形状が不適切なため、シフトリンケージと燃料ホースの隙間が狭いものがあり、最悪の場合、シフト操作時にシフトリンケージが燃料ホースに干渉するおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、当該制御コンピュータのプログラムを修正するとともに、エンジンオイルを新品に交換する。なお、当該不具合が発生したことのある車両については、必要に応じて、エンジン本体、インジェクタ、触媒を新品に交換する。
(2) 全車両、当該操作スイッチ、および、フラッシャーユニットを対策品と交換する。
(3) 全車両、当該ブラケット、および、燃料ホースを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ジャーニー」(冷却水もれなど)    (2010-8-25 - 735 Clicks)
【対象製品】
ジャーニー

【不具合の内容】
(1) DPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)において、エンジンオイルレベルが増加した場合のオイルレベルゲージのオイル交換目安の表示が不適切であり、また、排気シャッタ本体の材質が不適切で錆が発生することでDPF再生頻度が増加するため、エンジンオイルの交換インターバルが短くなるおそれがある。
(2) ヒータ用の電動ウォーターポンプにおいて、正規仕様品の供給不足時に採用した代替品のシール部の耐異物性能が不足しているため、冷却水内の異物によりシール材が傷つき、冷却水が滲み出るおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、オイルレベルゲージ、および、排気シャッタを対策品へ交換するとともに、原動機制御コンピュータを修正する。
(2) 全車両、当該ウォーターポンプを正規仕様品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ジャーニー」(ホイールカバー取り付け不可)     (2010-8-25 - 737 Clicks)
【対象製品】
ジャーニー

【不具合の内容】
リア側アクスルシャフトにおいて、メーカーオプションであるホイールカバーを取り付けるためのアタッチメントを固定する穴が無いものがあり、ホイールカバーを取り付けることが出来ない。

【対策】
全車両、当該アクスルシャフトを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(騒音が増大)    (2010-7-9 - 734 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
圧縮天然ガス自動車において、排気管の固定方法が不適切なため、共振振動を起こし、排気管のフランジ部に亀裂が入ることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、排気管が折損し、騒音が増大するおそれがある。

【対策】
全車両、排気管にクランプを追加する。なお、当該クランプの追加に伴い、排気管の形状を変更する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード」(架装装置が動かなくなる)    (2010-6-18 - 987 Clicks)
【対象製品】
フォワード

【不具合の内容】
電磁クラッチ式フライホイールPTO(作業用動力取出装置)を装着した車両において、PTOギヤの強度が不足しているため、エンジン回転が高い状態で電磁クラッチを接続すると、当該ギヤが破損する場合がある。そのため、作業用動力が取り出せなくなり、架装装置が動かなくなる。

【対策】
全車両、PTOギヤを対策品に交換する。また、PTO接続回転制御装置を追加する。既に取付けている車両は、接続可能回転を変更する。尚、対策部品の供給に時間を要すことから、準備できしだい順次実施する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(水温警告灯が点灯)    (2010-6-12 - 942 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
冷凍車架装を行う車両の原動機において、冷凍コンプレッサ駆動ベルトを過大な力で張った場合、クランクプーリボルトの締付トルクが不足しているため、クランクプーリの締結面が摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが折損もしくは、クランクプーリが空転し、プーリにクランクシャフトの回転力が伝わらなくなり、充電警告灯が点灯し、冷却水温度上昇により水温警告灯が点灯する。

【対策】
全車両、クランクプーリボルトを対策品と交換し、ボルトの締結力を上げる。クランクプーリ及びワッシャは、新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「フォワード・エルフ」(各種不具合)    (2010-6-10 - 991 Clicks)
【対象製品】
フォワード・エルフ

【不具合の内容】
(1) 警音器スイッチ配線において、配索が不適切なため、ハンドル操作の繰り返しにより、当該配線が断線することがある。そのため、最悪の場合、警音器が鳴らなくなるおそれがある。
(2) 後輪左側タイヤにおいて、ブレーキホースブラケット固定ボルトとのクリアランスが不適切なため、高重心架装した車両で急旋回走行等を行うと、当該ボルトとタイヤの側面が接触するおそれがある。
(3) 後方キャブマウントブラケットにおいて、キャブチルトの際、一時的にキャブを保持するためのU字フックの溶接が不適切なため、キャブを降ろした時の衝撃で溶接が剥がれるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該フックが脱落するおそれがある。 

【対策】
(1) 警音器スイッチ配線の配索位置を変更する。また、警音器が鳴らない場合は、コンビネーションスイッチを交換する。
(2) ブレーキホースブラケット固定ボルトの向きを変更する。
(3) 後方キャブマウントブラケットを良品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ギガ」(プーリ及びブラケットが脱落)    (2010-5-25 - 762 Clicks)
【対象製品】
ギガ

【不具合の内容】
冷凍車架装を行う車両の原動機において、冷凍機コンプレッサ駆動ベルト用のアイドルプーリ取付ブラケットの取付強度が不十分なため、ベルト張力及びコンプレッサ駆動力等により、当該ブラケットと冷凍機コンプレッサブラケットの合わせ面が摩耗するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ブラケット取付ボルトが折損し、最悪の場合、プーリ及びブラケットが脱落し、他の交通の妨げとなるおそれがある。
 
【対策】
全車両、アイドルプーリ取付ブラケット及び冷凍機コンプレッサブラケットを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(エンジン警告灯が点灯)    (2010-5-13 - 821 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
小型トラックのエンジンにおいて、クランクシャフトの回転を検知しているクランクセンサロータをシャフトに固定するボルトが取付けられていないものがある。そのため、当該ロータが回転しなくなり、エンジン警告灯が点灯する。
 
【対策】
全車両、クランクセンサロータボルトの有無を点検し、取付けられていない場合は、当該ボルトを取付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(エンジンストールなど)    (2010-4-15 - 752 Clicks)
【対象製品】
ガーラ

【不具合の内容】
大型バスにおいて、床下ハーネスの配索が不適切なため、ハーネスが配管取付ブラケットと接触しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、車両振動等により被覆が損傷し、最悪の場合、エンジンストール及び灯火器等が不灯に至るおそれがある。
 
【対策】
全車両、当該ハーネスとブラケットの隙間を確認し、少ないものはハーネス固定クリップを移動する。なお、ハーネスに損傷がある場合はハーネスを修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「ジャーニーJ」(カバーが脱落するおそれ)    (2010-4-14 - 790 Clicks)
【対象製品】
ジャーニーJ

【不具合の内容】
小型バスにおいて、後輪左側のエアスプリングカバーの溶接が不適切なため、走行中の振動等によりカバーの溶接が剥がれ、カバーが脱落するおそれがある。
 
【対策】
全車両、当該カバーを良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(燃料が漏れるおそれなど)    (2010-4-9 - 750 Clicks)
【対象製品】
エルフ

【不具合の内容】
(1) 燃料タンク安全弁の材質に対して、組立て工場の燃料充填方法が不適切なため、安全弁内部に亀裂が生じる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し、燃料が漏れるおそれがある。

(2) 機械式自動変速機のトランスミッション制御ユニットのプログラムが不適切なため、ギヤが切り替わらなくなり、変速レバー位置及びギヤ段表示灯と実際のギヤ位置が不一致になるおそれがある。
 
【対策】
(1) 燃料タンク安全弁を新品と交換する。
(2) トランスミッション制御ユニットを交換もしくはプログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ・キュービック」(遮熱板が脱落)    (2010-3-26 - 840 Clicks)
【対象製品】
エルガ・キュービック

【不具合の内容】
圧縮天然ガス自動車(CNG車)の路線バスにおいて、排気管に取り付けた遮熱板の溶接が不適切なため、排気管の熱及び車両振動により溶接部が破損するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、遮熱板が脱落するおそれがある。
 
【対策】
全車両、遮熱板を良品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすゞ
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(バックルが外れる)    (2010-3-26 - 861 Clicks)
【対象製品】
ギガ・フォワード

【不具合の内容】
交換修理用として販売した運転席用の座席ベルトバックルにおいて、バックルステーとバックルアンカーを固定しているピンに不適切な材料を使用したため、当該ピンに亀裂が生じているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該バックルが外れるおそれがある。
 
【対策】
全車両、座席ベルトバックルを良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすゞ
■コメントする
いすゞ「座席ベルトバックル」(バックルが外れる)    (2010-3-26 - 759 Clicks)
【対象製品】
座席ベルトバックル

【不具合の内容】
交換修理用として販売した運転席用の座席ベルトバックルにおいて、バックルステーとバックルアンカーを固定しているピンに不適切な材料を使用したため、当該部品に亀裂が発生しているものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該バックルが外れるおそれがある。
 
【対策】
全車両、座席ベルトバックルを良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-119-113
オープン時間 :月曜〜金曜(除く祝祭日) 9:00〜12:00, 13:00〜17:00

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(座席ベルトが外れる)    (2010-3-12 - 791 Clicks)
【該当車両】
エルガミオ・エルガ

【不具合の内容】
路線バスの運転席の3点式座席ベルト巻取装置において、ベルト巻取軸とベルト端部を固定しているロックピンが取付けられていないものがある。そのため、座席ベルトを最後まで引き出すと、巻取装置からベルトが外れ、座席ベルトが使用できなくなるおそれがある。
 
【対策】
全車両、当該座席ベルトを点検し、巻取装置からベルトが外れるものは良品と交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(引火するおそれ)    (2010-2-18 - 757 Clicks)
【該当車両】
エルフ(CNG車)

【不具合の内容】
圧縮天然ガス自動車(CNG車)において、燃料の供給を停止する燃料遮断弁の気密性が悪いため、エンジン停止時にガスが漏れるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、吸気管から車室内にガスが浸入することから、最悪の場合、車室内で火を使うと引火するおそれがある。
 
【対策】
全車両、燃料遮断弁を対策品と交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)

いすず
■コメントする
いすゞ「WIZARD」(走行不能)    (2010-2-3 - 784 Clicks)
【該当車両】
WIZARD

【不具合の内容】
手動変速機付き車両に修理用として供給した原動機において、平成15年2月13日付け「届出番号外-999」の対策前のフライホイールを装着したため、高い変速ギア段で低速走行を行うと発生する振動によりフライホイール内部が破損し、最悪の場合、動力が伝達されず、走行不能となるおそれがある。
 
【対策】
全車両、フライホイールを対策品と交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ・ガーラ」(再始動不能)    (2010-2-3 - 576 Clicks)
【該当車両】
エルガ・ガーラ

【不具合の内容】
原動機の吸気絞り弁において、シャフトねじ部の強度が不足しているため、バルブ作動時の衝撃力により、亀裂が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、シャフトが折損し、バルブが閉じたままとなるため、原動機が不調となり、最悪の場合、走行中にエンストして再始動できなくなるおそれがある。
 
【対策】
全車両、吸気絞り弁一式を恒久対策品に交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)

いすず
■コメントする
いすゞ「エルフ」(タイヤが偏摩耗する)    (2009-12-23 - 522 Clicks)
【該当車両】
エルフ

【不具合の内容】
タイヤの切角調整が不適切なため、幅広いタイヤを装着し、ハンドルを最大限度まで切った場合、タイヤのトレッド部がリーフスプリングと接触することがある。そのため、幅広タイヤと交換した際、リーフスプリングとの接触により、タイヤが偏摩耗する。
 
【対策】
全車両、タイヤ切角ストッパを調整する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)

(備考) 本届出は、平成21年2月19日付け「届出番号2262」のリコール届出において、対象車両の選定に漏れがあったため、「届出番号2262」に対して対象範囲を追加して届けるものである。

いすず
■コメントする
いすゞ「エルガ」(冷却水漏れなど)    (2009-11-30 - 501 Clicks)
【該当車両】
エルガ

【不具合の内容】
路線バスにおいて、
(1) エンジン冷却ファンシュラウドの強度が不足しているため、当該シュラウドに亀裂が生じるものがある。そのため、そのままの状態で使い続けると、シュラウドの破片がラジエータと接触し、冷却水が漏れるおそれがある。
(2) グライドスライド扉カバーのフィニッシャ(端部モール)の材質及び形状が不適切なため、カバーからフィニッシャが剥がれるものがある。そのため、扉を開ける際に、乗客の足に扉カバーが当った場合、足にけがをするおそれがある。
 
【対策】
全車両、
(1) ファンシュラウドを点検し、亀裂が生じているものは対策品に交換する。
亀裂がないものは、シュラウドに補強材を取付ける。 
(2) グライドスライド扉カバーを対策品に交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ・ガーラミオ・ガーラ」(ブレーキ解除不能)    (2009-11-26 - 496 Clicks)
【該当車両】
エルガミオ・エルガ・ガーラミオ・ガーラ

【不具合の内容】
バスの制動装置において、ブレーキ配管の洗浄が不適切なため、ブレーキ液に混入した異物により、倍力装置(エアマスター)からブレーキ液が漏れることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、坂道発進補助装置(HSA:ヒル・スタート・エイド)及びABSモジュレータのゴム部品が侵され、最悪の場合、ブレーキが解除できなくなるおそれがある
 
【対策】
全車両、エアマスターの交換履歴の有無を確認し、交換されていない車両については、エアマスター、HSAバルブ並びにABSモジュレータを点検し、ブレーキ液が漏れているものは、当該部品を新品と交換するとともに、エア配管を洗浄する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「810・ギガ・ガーラ・スーパークルーザー」(火災に至るおそれ)    (2009-10-16 - 525 Clicks)
【該当車両】
810・ギガ・ガーラ・スーパークルーザー

【不具合の内容】
電子タイマ付き噴射ポンプにおいて、当該タイマのプラグブッシュの耐久性が不十分なため、エンジンオイルのメンテナンスを不適切な状態で使った場合、ブッシュが磨耗するものがある。このため、この状態で使い続けると、噴射ポンプガバナのダンパが破損し、ガバナケースに亀裂が入り、最悪の場合、オイルが漏れて火災に至るおそれがある。
 
【対策】
全車両、噴射ポンプのタイマ性能を確認し、性能が低下している場合は当該ポンプを、正常な場合はタイマプラグのみを新品に交換するとともに、メンテナンス上の注意事項を示したコーションラベルを運転席近傍に貼付する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(車両火災に至るおそれ)    (2009-10-16 - 505 Clicks)
【該当車両】
ギガ

【不具合の内容】
空気ばね緩衝装置付大型トラクタにおいて、トレーラ切り離し時の高さ調整についての取扱説明書の説明が不十分で、且つショックアブソーバのストッパ構造が不適切なため、カプラ高さ調整不十分な状態でトレーラをトラクタから切り離すと、ショックアブソーバが伸びきってしまうことがある。そのため、ショックアブソーバ内部のピストン取付けナット部が緩み、そのままの状態で使用を続けると、当該ショックアブソーバのロッドが抜け出し、最悪の場合、タイヤと干渉して、車両火災に至るおそれがある。
 
【対策】
全車両、トレーラ切り離し時の注意事項を示したステッカを取扱説明書に貼付するとともに、ショックアブソーバを対策品に交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(粒子状物質が増加)    (2009-8-27 - 583 Clicks)
【該当車両】
ギガ

【不具合の内容】
ディーゼル粒子状物質除去装置(DPD ディーゼル・パティキュレート・ディフューザ)を装着した大型商用車において、エンジン制御ユニット(ECM)のEGRバルブの制御プログラムが不適切なため、燃焼ガス中の粒子状物質が増加する場合がある。そのため、DPDの粒子状物質の堆積が想定以上に早くなり、頻繁にDPDの再生が必要になるおそれがある。
 
【対策】
全車両、エンジン制御ユニットのプログラムを書き換える。また、DPDフィルタ及びEGRバルブは、カーボン付着状態を確認し、清掃もしくは交換を行う。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(灯火器及び反射板等が脱落)    (2009-8-25 - 476 Clicks)
【該当車両】
ギガ

【不具合の内容】
空気ばね緩衝装置付大型トラクタにおいて、後部灯火器類及び反射板を固定しているブラケットの強度が不十分なため、トレーラを連結しない状態で、段差等を繰り返し通過すると、リアフェンダブラケット及び反射板ブラケットに亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該ブラケットが損傷し、最悪の場合、灯火器及び反射板等が脱落するおそれがある
 
【対策】
全車両、リアフェンダブラケット及び反射板ブラケットを対策品と交換する。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(始動性が悪化など)    (2009-8-2 - 520 Clicks)
【該当車両】
エルガミオ・エルガ

【不具合の内容】
1.アイドリングストップ装置でエンジンを停止した時の制御プログラムが不適切なため、燃料供給ポンプ(サプライポンプ)の燃料調量弁の内部に傷が生じることがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、調量弁の動きが悪くなり、アイドリングストップ後の始動性が悪化するおそれがあります。
2.スタータスイッチの接点機構が不適切なため、始動の繰り返しにより、当該接点の絶縁抵抗が低下し、スタータ回路に電圧が掛かることがあります。このため、アイドリングストップ装置でエンジンを停止した際に、スタータの保護制御が働き、当該装置で始動ができなくなるおそれがあります。
 
【対策】
1.エンジン制御ユニット(ECM)を対策品に交換もしくは、プログラムを書換えるとともに、サプライポンプの燃料調量弁を改良品に交換します。
2.スタータスイッチアッセンブリを対策品に交換します。

【連絡先】
電話番号 : 0120-119113 (全国共通フリーダイアル)
受付時間 : 月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(火災の恐れ)    (2009-7-24 - 524 Clicks)
【該当製品】
ギガ

【理由】
リコール届出番号2229及び2294のリコール作業において、燃料低圧パイプ交換作業要領書の締付トルク指示値が不適切なため、当該部のパッキンの締め付け力が不十分になることがある。そのため、エンジン内部に燃料が漏れ、そのままの状態で走行を続けると、燃料の混入したオイルがブローバイガスの通路を経由して吸気管に吸入され、シリンダー内で燃焼するため、エンジン回転が上昇し、最悪の場合、エンジン内部が損傷して火災となるおそれがある。

【対策】
全車両、燃料低圧パイプを正規の締付トルクで締め付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(運行情報システム停止)    (2009-7-2 - 532 Clicks)
【該当製品】
ギガ・フォワード

【理由】
運行情報システムを搭載している車両において、当該システムの車載機のプログラムが不適切なため、データ処理量が過多となった場合、プログラムが停止し、当該システムが一時的に動かなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該車載機の制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「みまもりくんコントローラ」(データの記録が停止)    (2009-7-2 - 519 Clicks)
【該当製品】
みまもりくんコントローラ

【理由】
後付け部品として販売した、デジタル式運行記録計(自TDII-6)付き運行情報システムを搭載している車両において、当該システムの車載機のプログラムが不適切なため、データ処理量が過多となった場合、プログラムが停止することがある。そのため、運行記録計への信号送付が停止し、データの記録ができなくなるおそれがある。

【対策】
当該車載機の制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード・エルフ」(速度計不具合)    (2009-6-30 - 534 Clicks)
【該当製品】
フォワード・エルフ

【理由】
運行記録計付き速度計(タコグラフ)において、販売店のオプション部品表の記載内容が不適切なため、速度計の指示の範囲が車両の性能上の最高速度を表示できない速度計を取り付けた車両がある。

【対策】
全車両、速度計を良品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ギガ・フォワード」(プログラムが停止)    (2009-6-30 - 544 Clicks)
【該当製品】
ギガ・フォワード

【理由】
デジタル式運行記録計(自TDII-6)付き運行情報システムを搭載している車両において、当該システムの車載機のプログラムが不適切なため、データ処理量が過多となった場合、プログラムが停止することがある。そのため、運行記録計への信号送付が停止し、記録ができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該車載機の制御プログラムを書き換える。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(ガラスが破損するおそれ)    (2009-6-12 - 513 Clicks)
【該当製品】
エルガミオ・エルガ

【理由】
窓ガラスの開口幅を制限するストッパ付きの引き違い窓を装着した路線バスにおいて、ストッパ形状が不適切なため、ガラスモールが破損することがある。そのため、当該窓の開閉操作を強い力で繰り返すと、ガラスがストッパ固定スクリュと接触し、最悪の場合、ガラスが破損するおそれがある。

【対策】
全車両、当該窓のストッパを対策品に交換する。モールが損傷しているものは、ガラスとモールを新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード・エルガ」(操舵不能となる)    (2009-6-12 - 562 Clicks)
【該当製品】
フォワード・エルガ

【理由】
かじ取り装置において、ナックルアームをナックルに固定するボルト2本のうち1本について、熱処理が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、早期に当該ボルトが破損し、最悪の場合、2本とも折損し、ナックルアームが外れて操舵不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ボルトを良品と交換する。なお、当該ボルトが損傷している場合には、他のボルトも新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「各車」(操舵ができなくなる)    (2009-6-12 - 591 Clicks)
【該当製品】
エルガミオ・エルガ・ガーラミオ・キュービック・ジャーニーK・ジャーニーQ

【理由】
路線バス等において、タイヤの切角が不適切なため、スタッドレスタイヤを装着してハンドルを最大限度まで切った状態で段差を通過した場合、もしくは車高が高い状態で走行した場合、タイヤがドラッグリンクと接触することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、接触部分に錆が発生し、最悪の場合、当該リンクが折損して、操舵ができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、コーションラベルを運転席近傍に貼付する。接触するおそれのあるタイヤ及びディスクホイールを装着している車両は、切角ストッパを調整する。ドラッグリンクに接触痕がある場合は、新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルガ」(窒素酸化物の排出量が増加)    (2009-6-3 - 538 Clicks)
【該当製品】
エルガ

【理由】
CNGエンジンを搭載した大型路線バスにおいて、ガスミキサー(混合器)の燃料流量調整スクリュの調整が不適切なため、空気量に対して燃料が不足することがある。そのため、高負荷領域で出力不足となり、最悪の場合、窒素酸化物の排出量が増加するおそれがある。

【対策】
全車両、ガスミキサーの当該スクリュを調整する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(室内照明が落下するおそれ)    (2009-5-26 - 551 Clicks)
【該当製品】
ガーラ

【理由】
大型観光及び高速路線バスの間接室内照明を装備した車両において、室内照明の灯具ケース材質が不適切なため、当該ケースの取付け部が破損するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、室内照明が天井の内張りから外れ、落下するおそれがある。

【対策】
全車両、室内照明の灯具ケースを対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(エンジンストールなど)    (2009-5-26 - 498 Clicks)
【該当製品】
ガーラ

【理由】
大型観光及び高速路線バスにおいて、床下ハーネスの固定クリップ取付位置が不適切なため、ハーネスが配管取付ブラケットと接触しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、車両振動等により被覆が損傷し、最悪の場合、エンジンストール及び灯火器等が不灯に至るおそれがある。

【対策】
全車両、当該ハーネスとブラケットの隙間を確認し、少ないものはハーネス固定クリップを移動する。なお、ハーネスに損傷がある場合はハーネスを修理する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(発煙するおそれ)    (2009-5-7 - 540 Clicks)
【該当製品】
ガーラ

【理由】
大型観光バスのスイング扉において、ハーネスの配索が不適切なため、扉が開閉する際に、当該ハーネスが、扉開閉用エアシリンダ部のブラケットとの干渉及び、扉アーム部での屈曲の繰返しにより損傷するものがある。そのためそのままの状態で使用を続けると、当該ハーネスがショートし、最悪の場合、発煙するおそれがある。

【対策】
全車両、ハーネス配索を変更する。なお、ハーネスを点検し損傷している場合は、補修を行なう。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「除雪車」(配管経路に尿素析出物が堆積)    (2009-5-7 - 496 Clicks)
【該当製品】
除雪車

【理由】
尿素選択還元型触媒システムにおいて、制御プログラムが不適切なため、配管経路に尿素析出物が堆積し、経路を狭める場合がある。

【対策】
全車両、当該システムのコントロールユニットの制御プログラムを対策仕様に書き換えるとともに、配管経路の析出物の有無を点検の上、析出物がある場合は除去する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ・ガーラ」(各種不具合)    (2009-5-7 - 516 Clicks)
【該当製品】
エルガミオ・エルガ・ガーラ

【理由】
(1) 尾灯(テールランプ)及び前部霧灯(フォグランプ)の電気回路が不適切なため、テールランプリレーを流れる電流値が大きく、リレーの接点が発熱することがある。そのため、当該部品の樹脂部及びコネクタ部が変形し、そのままの状態で使用を続けると、接触不良を起こし、尾灯などが点灯しなくなるおそれがある。
(2) 後輪のショックアブソーバ取付ブラケットの溶接が不適切なため、走行中の振動等により当該ブラケットの溶接が剥がれて走行安定性が悪化し、最悪の場合、エアスプリングにブラケットが接触して損傷し、エアが漏れて車体が傾くおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、フォグランプの電気回路の配線を変更するとともに、テールランプリレーとリレーソケットを新品に交換する。
(2) 全車両、当該ブラケットの溶接状態を点検し、不適切なものは溶接する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード」(エンジンが停止するおそれ)    (2009-4-16 - 549 Clicks)
【該当製品】
フォワード

【理由】
電気配線において、リレーボックス内の電源用配線の取付ボルトの締付けが不十分なものがある。そのため、当該ボルトが緩み、接触不良になり、エンジンが停止するおそれがある。

【対策】
全車両、当該ボルトの締付け状態を確認し、規定トルクで締付ける。なお、配線及びリレーボックスに損傷がある場合は、配線を修理し、リレーボックスを新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(火災となるおそれ)    (2009-4-16 - 565 Clicks)
【該当製品】
ギガ

【理由】
エンジンヘッドカバー内部の燃料低圧パイプにおいて、インジェクタとの接合面の精度管理が不十分なため、当該パイプを締付けているボルトが緩むものがある。そのため、燃料が漏れ、エンジンオイルに混入し、そのままの状態で使用を続けると、燃料の混入したオイルがブローバイガスの通路を経由して吸気管に吸入されシリンダー内で燃焼するため、エンジン回転が上昇し、最悪の場合、エンジン内部が損傷して火災となるおそれがある。

【対策】
全車両、燃料低圧パイプを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(走行不能並びに操舵力の増大)    (2009-4-2 - 562 Clicks)
【該当製品】
ギガ

【理由】
サプライポンプを作動させるギヤ部において、ベアリングの潤滑方法及びベアリングケースの材質が不適切なため、ベアリングが損傷するものがある。そのため、サプライポンプのカップリング及びギヤが破損し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、走行不能並びに操舵力の増大に至るおそれがある。

【対策】
全車両、ベアリングケース対策品に交換するとともに、カップリング及びギヤが破損しているものは新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード」(騒音が増大するおそれ)    (2009-3-27 - 506 Clicks)
【該当製品】
フォワード

【理由】
排気管の取付け方法が不適切なため、排気管とDPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)を組付ける時に、接合部の位置がずれているものがある。そのため、排気管蛇腹部に高応力が発生し、エンジン振動などで当該部位に亀裂が生じ、そのまま使用を続けると、漏れた排気ガスにより排気ブレーキホースに損傷を与えるおそれがあるとともに騒音が増大するおそれがある。

【対策】
全車両、排気管の組付け状態を検査治具にて点検し、接合部の位置が不適切な場合は、排気管取付けブラケット及び排気管蛇腹部を対策品に交換するとともに、排気ブレーキホースを新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード」(走行不能に至るおそれ)    (2009-3-27 - 588 Clicks)
【該当製品】
フォワード

【理由】
低床型全輪駆動車において、フロントアクスルの構造及び製造時の洗浄工程が不適切なため、アクスル内部の異物が減速ギヤのベアリングに浸入し、減速ギヤが破損することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、異音が発生し、最悪の場合、当該ギヤに噛み込み、走行不能に至るおそれがある。

【対策】
全車両、フロントアクスル及び減速ギヤのベアリングを対策品に交換し、減速ギヤを新品にする。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルフ」(速度計が作動しなくなるおそれ)    (2009-3-13 - 564 Clicks)
【該当製品】
エルフ

【理由】
機械式自動変速機付き小型商用車の速度計において、メータ基板材質及び回路抵抗体の仕様が不適切なため、抵抗の自己発熱によるメータ基板の膨張により、抵抗体を取り付けているはんだに亀裂が生じることがある。そのため、そのままの使用を続けると、メータ回路の電源が絶たれ、速度計が作動しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、メータ本体をメータ基板材質及び抵抗体の仕様を変更した対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「トラック」(エンジンが停止するおそれ)    (2009-3-13 - 555 Clicks)
【該当製品】
エルフ・フォワード・フォワードジャストン・エルガ・エルガミオ

【理由】
燃料噴射装置の燃料供給ポンプ(サプライポンプ)のシリンダ部の材質が不適切なため、シリンダ内部に水分が付着し錆びが生じると、当該部に亀裂が生じるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると燃料ポンプから燃料が漏れエンジンが停止するおそれがある。

【対策】
全車両、当該サプライポンプの品番を確認し、不適切な材質を使用したサプライポンプは対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「除雪車」(制動灯が点灯したまま)    (2009-3-11 - 549 Clicks)
【該当製品】
除雪車

【理由】
制動灯用リレーの製造時の加工が不適切なため、当該リレー内部の接点が作動不良となる場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、接点が固着し制動灯が点灯したままとなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該リレーを良品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ガーラ」(走行中に扉が開く)    (2009-3-6 - 517 Clicks)
【該当製品】
ガーラ

【理由】
大型観光バスのスイング扉挟み込み防止機構用スイッチの防水性が不適切及び扉ロック位置を検出するスイッチ上部のカバー形状が不適切なため、その両スイッチが故障した場合に、扉の挟み込み防止機構が作動する場合がある。そのため、最悪の場合、走行中に扉が開くおそれがある。

【対策】
全車両、スイッチを防水式に交換するとともに、スイッチカバー部にカバーがないものはカバーを追加する。なお、対策品の供給に時間を要することから、暫定措置として扉の挟み込み防止機構を非作動にする。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「キュービック・エルガ」(走行不能となるおそれ)    (2009-3-6 - 506 Clicks)
【該当製品】
キュービック・エルガ

【理由】
路線バスのノンステップ車の動力伝達装置において、差動装置(デファレンシャルユニット)のフランジナットの取付方法が不適切なため、フランジナットの締結力が不十分となり、フランジが弛み異音の発生及びデファレンシャルオイルが漏れるものがある。そのままの状態で使用を続けると、プロペラシャフトが差動装置から外れ、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、フランジナット及びロックワッシャを新品と交換し、当該ナットにオイルを塗布し、正規トルクで締付ける。なお、オイル漏れがあった場合は、オイルシールとオーリングを新品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルフ」(タイヤが偏摩耗)    (2009-2-20 - 547 Clicks)
【該当製品】
エルフ

【理由】
タイヤの切角調整が不適切なため、幅広いタイヤを装着し、ハンドルを最大限度まで切った場合、タイヤのトレッド部がリーフスプリングと接触することがある。そのため、幅広タイヤと交換した際、リーフスプリングとの接触により、タイヤが偏摩耗する。

【対策】
全車両、タイヤ切角ストッパを調整する

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード」(駐車ブレーキが解除不可)    (2009-2-20 - 576 Clicks)
【該当製品】
フォワード

【理由】
駐車ブレーキ(ホイールパーク)用エアタンクに逆止弁が装着されていないため、ブレーキ系統以外のエア配管が失陥した場合、駐車ブレーキが掛かり解除できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、駐車ブレーキ用エアタンクに逆止弁を取り付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「キュービック・エルガ」(足にけがをするおそれ)    (2009-1-31 - 552 Clicks)
【該当製品】
キュービック・エルガ

【理由】
ノンステップ路線バスのグライドスライド式扉の下部に素足で強く擦ると、足にけがをするおそれがある。

【対策】
全車両、扉下部カバー下端にプロテクターを取付ける。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルガミオ・エルガ」(非常口が車外より開けられない)    (2009-1-30 - 557 Clicks)
【該当製品】
エルガミオ・エルガ

【理由】
非常口扉の車外操作ハンドルの強度が不足しているため、当該ハンドル操作時、ロック解除前にハンドルを引張ると折損するものがある。そのため、車外より扉を開けることができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ハンドルを対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「ギガ」(運行出来なくなるおそれ)    (2009-1-30 - 543 Clicks)
【該当製品】
ギガ

【理由】
大型貨物車の原動機のVGS(可変翼式)ターボチャージャにおいて、タービン翼の強度が不足しているため、高回転域での共振により、タービン翼が破損することがある。そのため、そのまま使用を続けると、白煙の発生及び出力不足になり、運行出来なくなるおそれがある。

【対策】
全車両、ターボチャージャおよびエンジン制御コントローラを対策品と交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルフ」(ドアガラスの昇降が困難)    (2009-1-24 - 555 Clicks)
【該当製品】
エルフ

【理由】
ドアガラス昇降装置をドアパネルに固定しているスクリュの形状が不適切なため、スクリュが緩み異音が発生することがある。そのため、そのまま使用を続けると、ドアガラスの昇降が緩慢になり、最悪の場合、ドアガラスの昇降が困難になるおそれがある。

【対策】
全車両、 ドアガラス昇降装置のスクリュを対策品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「フォワード・エルフ」(走行不能になるおそれ)    (2009-1-23 - 546 Clicks)
【該当製品】
フォワード・エルフ

【理由】
プロペラシャフトのスライドヨークスプライン根元部の高周波焼入れ範囲が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該部に亀裂が生じ、最悪の場合、プロペラシャフトが折損し走行不能になるおそれがある。

【対策】
全車両、プロペラシャフトを良品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
いすゞ「エルフ」(制動力が低下するおそれ)    (2009-1-23 - 527 Clicks)
【該当製品】
エルフ

【理由】
アンチロックブレーキシステム(ABS)の前輪の回転速度を検出するセンサ部において、前回のリコール対策が不十分であったため、飛び石などが当たり変形していたものがある。そのため、車輪からの信号が得られずABSが誤作動し、最悪の場合、低速走行状態において制動力が低下するおそれがある。

【対策】
整備記録を確認し、前回リコール(届出番号1658)対策時に前輪の回転速度を検出する当該センサを交換していない車両は、新品に交換する。

【連絡先】
いすゞ自動車株式会社 お客様相談センター
電話番号 0120-119113(全国共通フリーダイアル)
月〜金 9:00〜17:00 (除く祝祭日及びいすゞ指定の休日)
(いすず)
■コメントする
0.479 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop