新着情報 リコール情報 掲示板 携帯電話用 iPhone 当サイトについて ミッションとビジョン
リコール関連ニュース
Loading...
メインメニュー
リコールナビ閉鎖のお知らせ
これまで長らくご愛願いただきましたリコールナビは、2011年10月3日(月)をもちまして、
クロネコヤマトのリコールドットjpと統合いたしました。

現在のアドレスで「ブックマーク」をされている方は、お手数ですが登録の変更をしていただきますようお願いいたします。

なお、こちらのサイトは10秒後に自動的に移転先のページへ移動します。
自動的に移動しない場合は上記のURLをクリックしてください。
TOP > 企業/ブランド名別 > 三菱ふそう
総合リコール情報 三菱ふそう

サブカテゴリ :  (3)
2006年 (20) 2007年 (50) 2008年 (42)

三菱ふそう    (124)
ふそう「キャンター」(尿素チューブが垂れ下がり損傷するおそれ)     (2011-10-21 - 5450 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
小型トラックにおいて、誤品の尿素チューブ固定金具を組付けたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該チューブが垂れ下がり損傷するおそれがある。

【対策】
尿素チューブ固定金具を正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(燃料配管と配管ガードが干渉)    (2011-10-21 - 5557 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
中型トラックにおいて、燃料配管(戻り側)と配管ガードが干渉しているおそれがある。

【対策】
全車両、配管ガード上部の燃料配管(戻り側2本)を対策品に交換し、燃料配管と配管ガードの隙間を確保する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ザ・グレート、スーパーグレート」(変速・走行不能となるおそれ)     (2011-10-21 - 5447 Clicks)
【該当車両】
ザ・グレート、スーパーグレート

【理由】
再生トランスミッションに換装した大型トラックにおいて、誤品のクラッチレリーズフォークが組み付けられたため、当該フォークのキー溝部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、キー溝部に発生した亀裂が進行して、最悪の場合、当該フォークが破損し、変速・走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、クラッチレリーズフォーク一式を正規品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(速度表示等が正しく表示されないおそれ)     (2011-9-30 - 5474 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
小型トラックのメータークラスターの交換等の作業時において、メータークラスターECUのデータが正しく入力されないものがある。そのため、速度計の速度表示等が正しく表示されないおそれがある。

【対策】
全車両、故障診断通信システムの対策プログラムを使用して、メータークラスターECUのデータを正しいデータに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター、エアロエース、エアロクィーン」(操舵不能のおそれ)     (2011-9-28 - 4780 Clicks)
【該当車両】
キャンター、エアロエース、エアロクィーン

【理由】
かじ取り装置において、製造工程の管理が不適切なため、操舵力を伝える歯車を固定するナットの締付けが不十分なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが緩み、操舵不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ナットの締付け状態を点検し、緩みが認められた場合は良品のベベルギヤに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(マフラーカバーが脱落するおそれ)     (2011-9-26 - 5192 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラクタにおいて、マフラーカバー(遮熱板)取付け金具の強度が不足しているため、走行時の振動により当該金具が破損し、マフラーカバー(遮熱板)が脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、マフラーカバー(遮熱板)取付け金具を点検し損傷が無い場合は、補強金具を追加する。また、マフラーカバー(遮熱板)取付け金具が損傷していた場合は、対策品のマフラーと交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロミディ、エアロスター」(火災に至るおそれ)    (2011-9-22 - 4826 Clicks)
【該当車両】
エアロミディ、エアロスター

【理由】
大中型バスに搭載された原動機において、高圧燃料噴射パイプの製造時のばらつきにより、当該パイプのコネクター部内面に発生したしわに燃料噴射圧が加わり、当該パイプのコネクター部に亀裂が入り燃料がにじみ滴下するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、にじみ滴下した燃料がエンジン上部にあるロッカーカバーの溝に溜まり、車両の挙動により溜まった燃料が外部に漏れ出し、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、高圧燃料噴射パイプを対策品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(オーバーヒートするおそれなど)     (2011-9-7 - 5415 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
(1) 大型トラックにおいて、キャブブリッジに装着されているパワーステアリングオイル戻り配管のクランプ(2箇所のうち車両外側)の強度が不足しているため、走行時の振動によって当該クランプが破損し、パワーステアリングオイル戻り配管と周辺部品が干渉するおそれがある。
(2) オプション設定の流体式リターダーを装着した大型トラクタにおいて、リターダー冷却水戻り配管のトランスミッション固定金具(2箇所のうち車両後側)の強度が不足しているため、走行時のエンジン振動によって当該金具が破損し、冷却水が漏れてエンジン冷却水不足の警告灯が点灯し、そのままの状態で使用を続けると水温が上昇し、最悪の場合、オーバーヒートするおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、パワーステアリングオイルの戻り側ホース部に対策品のクランプを追加する。また、キャブブリッジに装着されているパワーステアリングオイル戻り配管のクランプ(2箇所)を点検し、亀裂や破損が認められた場合には新品のクランプに交換する。
(2) 全車両、リターダー冷却水戻り配管一式(配管、トランスミッション後側固定金具、取付ボルト)を対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(補助ステップが格納されない)    (2011-8-13 - 5429 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
オプション設定による補助ステップを装着した大型観光バスにおいて、スイングドアを閉じている途中でドア開閉スイッチを開から閉に再操作すると、スイングドアが閉じても補助ステップが格納されない場合がある。

【対策】
全車両、補助ステップコントローラを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(緩衝装置間違い)    (2011-7-22 - 5515 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
小型トラックの独立懸架車において、誤品のフロントコイルスプリングが取付けられたおそれがある。

【対策】
全車両、フロントコイルスプリングを点検し、誤品が取付けられていた場合には正規のフロントコイルスプリングに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(燃料が漏れるおそれ)    (2011-7-15 - 5602 Clicks)
【該当車両】
エアロスターS

【理由】
燃料タンクにおいて、燃料タンク下側の敷きゴムの形状が不適切なため、走行時の振動により、燃料タンク底面に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料タンク底面から燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、燃料タンク底面の敷きゴムを対策品と交換するとともに、燃料タンクを点検し、亀裂又は変形があるものは新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(操舵力が増大するおそれ)     (2011-7-8 - 4882 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
前2軸の大型トラックにおいて、パワーステアリングパイプと泥除けカバーの隙間が少ないものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、走行中の振動によりパワーステアリングパイプが泥除けカバーと干渉して損傷し、パワーステアリングオイルが漏れて操舵力が増大するおそれがある。

【対策】
全車両、パワーステアリングパイプを点検し、干渉痕がある場合は新品に交換する。 また、パワーステアリングパイプと泥除けカバーの隙間を点検し、隙間が確保されていない場合は隙間を確保する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「3車種」(エンジンハンガーが脱落するおそれ)    (2011-7-8 - 5230 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン、エアロキング

【理由】
大型バスにおいて、エンジンハンガーの形状が不適切なため、エンジンの振動により亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行してエンジンハンガーが脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンハンガーを取り外して、スペーサーに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート、エアロエース」(オーバーヒートの恐れなど)    (2011-7-8 - 5165 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート、エアロエース

【理由】
エンジンECUにおいて、誤ったデータが書き込まれたため、排気ガスの規制値を満足出来ないおそれがある。 また、バスにおいては、冷却ファンが作動しないため、オーバーヒートに至るおそれがあり、トラックにおいても、エンジン制御ランプの誤点灯などが発生する。

【対策】
全車両、エンジンECUのプログラムを正規のプログラムに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(コンデンサー誤品)     (2011-6-28 - 4972 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線バスのアイドリングストップ・スタートECUにおいて、誤品のコンデンサーを組み込んだものがある。

【対策】
全車両、アイドリングストップ・スタートECUを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(フレームに亀裂が発生するおそれ)     (2011-6-27 - 5456 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックの前2軸タンクローリ車のフレームにおいて、エンジンリヤサポート固定金具取付け部の強度が不足しているため、波状路などの車両前部の上下振動が増大するような路面を空車または軽積載状態で走行すると、フレームに亀裂が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンリヤサポート固定金具のフレーム上面締結部を点検し、亀裂があった場合は、亀裂を補修して補強部品を追加する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、エアロミディ、エアロバス」(車両火災に至るおそれ)     (2011-6-1 - 5205 Clicks)
【該当車両】
ファイター、エアロミディ、エアロバス

【理由】
インジェクタの内部が粗悪燃料の使用等によって異常摩耗すると、燃料噴射量が増大し、ピストンに亀裂が発生して穴が開き、この穴開き部分から燃焼ガスがクランクケース内に漏れて内圧が上昇する。そのため、ロッカーカバーからエンジンオイルが噴出し、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

【対策】
火災に至らない様、全車両、ブリーザーを増設した対策品のロッカーカバーに交換するとともに、ロッカーカバーガスケットを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(燃料タンク内に水が浸入するおそれ)    (2011-5-25 - 5048 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線バスにおいて、燃料タンクのエアブリーザーホースの長さが不適切なため、燃料タンク内に水が浸入するおそれがある。

【対策】
全車両、燃料タンクのエアブリーザーホースの長さを点検し、規定の長さでない場合は正規の長さにする。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「3車種」(メンテナンスノート不備)    (2011-5-25 - 4985 Clicks)
【該当車両】
エアロスター、エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスのメンテナンスノートに、DPF圧力センサー用配管ゴムホースの定期交換時期が記載されていない。

【対策】
全車両、メンテナンスノートの点検整備項目に、DPF圧力センサー用配管ゴムホースの定期交換時期(2年毎)を明記したシールを貼付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(走行不能となるおそれ)    (2011-5-19 - 4922 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックにおいて、クラッチの断・接状態を検知するストロークセンサーの製造が不適切なため、ストロークセンサー内部に水が浸入してコイル間が短絡する場合がある。そのため、安全制御が働き、クラッチが切れたままの状態となり、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、クラッチのストロークセンサーを良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(エア漏れが発生)    (2011-5-19 - 5414 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
アルミホイールを装着した大型トラックにおいて、アルミホイールのエアバルブ座面加工が不適切なため、エア漏れが発生するおそれがある。

【対策】
全車両、良品のアルミホイールに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(走行不能となるおそれ)    (2011-4-27 - 4904 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックにおいて、変速機のアウトプットシャフトの溶接が不適切なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、アウトプットシャフトの溶接部が破損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、アウトプットシャフトを良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(中扉が開いてしまうおそれ)    (2011-4-1 - 5432 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線バスにおいて、走行中に中扉位置検出スイッチの故障や配線のショートが発生すると中扉が開いてしまうおそれがある。

【対策】
全車両、走行中に中扉が開かない制御回路に変更する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(ノズルやマフラーが詰まるおそれ)    (2011-3-30 - 5308 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
箱型マフラーを装着した大型トラックの尿素水ドージングノズルにおいて、誤品を組み付けたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、尿素水が結晶化し、当該ノズルやマフラーが詰まるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ノズルを確認し、誤品が装着されていた場合は、正規品に交換する。また、誤品の装着によってマフラー内に尿素水結晶の堆積が認められた場合は、DPF手動再生を行って尿素水結晶を除去する。 なお、DPF手動再生を行っても尿素水結晶が除去されないものは、マフラーを新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(エンジンが再始動できなくなるおそれ)    (2011-3-25 - 5157 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックのバッテリーケーブルにおいて、エンジンスタータ端子側取付けナットの締付けが不適切なものがある。そのため、当該ナットが緩んでエンジンが再始動できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、バッテリーケーブルのエンジンスタータ端子側取付けナットを点検し、締付不良があった場合は規定トルクで締付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(車体傾斜や異音が発生)    (2011-3-17 - 4994 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
前輪独立懸架の小型トラックにおいて、フロントリーフスプリングの製造工程が不適切なため、当該リーフスプリングが破損して車体傾斜や異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、フロントリーフスプリングを新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(フロントパネルオープナー固定金具が脱落)     (2011-3-11 - 5046 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
中型トラックにおいて、フロントパネルオープナー固定金具の溶接が不適切なため、当該オープナー操作時に固定金具が脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、フロントパネルオープナーの固定金具を良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース」(組付け忘れ)    (2011-3-5 - 5507 Clicks)
【該当車両】
エアロエース

【理由】
大型観光バスの軽量サスペンション仕様車において、燃料パイプ固定用のブラケット及びクランプの組付けを忘れたものがある。

【対策】
全車両、燃料パイプ固定用のブラケット及びクランプを追加する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(温風吹出し口が高温になる)    (2011-3-2 - 4797 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線バスにおいて、右側フロントフェンダー後部に設置した客席ヒータのカバー、ダクト及び温風吹出し口が高温になる。

【対策】
(1)ヒータカバー表面にレザーカバーを追加する。(レザーカバー未装着車)
(2)ヒータカバー及びダクトの取付ビスをキャップ付に交換する。(ビス付車)
(3)温風吹出し口の注意喚起ラベルを貼付ける。(全車)

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ローザ」(異音が発生するおそれ)    (2011-2-25 - 4906 Clicks)
【該当車両】
ローザ

【理由】
小型バスのスイングドアにおいて、ガイドアームブラケット取付けボルトとドアアーム取付けボルトの締付け力が不足しているものがある。そのため、当該ボルトが緩んで異音が発生するおそれがある。

【対策】
(1)ガイドアームブラケット取付けボルトを正規トルクで締付ける。
(2)ドアアーム取付けボルトを正規トルクで締付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(制動力が低下するおそれ)    (2011-2-18 - 4801 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
制動倍力装置の製造時に、当該装置内部のダイヤフラムに傷がついたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると傷が貫通し、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、制動倍力装置を良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(コーナリングランプ未装着)    (2011-2-15 - 5491 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
中型トラック(バンパ置ハロゲンヘッドランプ標準仕様車)において、コーナリングランプが装着されていないものがある。

【対策】
全車両、コーナリングランプ付きのフロントコンビネーションランプに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(エンジンオイルが漏れるおそれ)    (2011-2-4 - 5286 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線バスにおいて、フライホイールリングギヤの強度が不足しているため、アイドリングストップ&スタートシステムによるエンジンの始動を頻繁に行うと、当該ギヤ端部が破損してエンジンの再始動が出来なくなり、最悪の場合、欠落したギヤの破片がフライホイールハウジングとリングギヤの間に噛み込んでフライホイールハウジングに穴が開き、エンジンオイルが漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、リングギヤとフライホイールを対策品に交換する

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロキング」(エア漏れが発生するおそれ)    (2011-2-1 - 5403 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
二階建て大型高速路線バスの前軸エアサスペンションにおいて、エアスプリングが永久変形した際の耐久性に余裕がないため、早期にエア漏れが発生するおそれがある。

【対策】
全車両、エアスプリングを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(エンジン補助ブレーキが誤作動するおそれ)    (2011-1-28 - 5477 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
エンジン補助ブレーキのソレノイドバルブカバーの取り付けが不適切なものがある。そのため、絶縁不良が生じてソレノイドバルブのハーネス端子とバルブボディが短絡し、エンジン補助ブレーキが誤作動するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジン補助ブレーキのソレノイドバルブをカバー付のソレノイドバルブと交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(ECUデータ誤設定など)    (2011-1-28 - 5014 Clicks)
スーパーグレート

【理由】
(1) 改造工事で最終減速比やタイヤ等を変更した車両において、ブレーキECUのデータが誤設定されている。
(2) 故障診断ツールのプログラムが不適切なため、車両統合制御ECUの情報変更の際にファイナルギヤ比情報が欠落したものがある。そのため、中高速ギヤで走行中に出力不足、車速センサー故障時にスピードリミッターが正規の車速で作動しないおそれがある。

【対策】
(1) 全車両、ブレーキECUのデータを正規データに書き換える。
(2) 全車両、対策した故障診断ツールにて車両情報を書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(走行不能に至るおそれ)    (2011-1-28 - 5402 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
エアタンクを移設した車両において、プロペラシャフトとプロテクタ(プロペラシャフトサポートブラケット)との隙間が不適切なため、リヤサスペンションが縮んだ際に干渉する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、プロペラシャフトが破損し、最悪の場合、走行不能に至るおそれがある。

【対策】
全車両、プロテクタ(プロペラシャフトサポートブラケット)を対策品に交換する。 また、プロペラシャフトを点検し、プロテクタとの干渉痕がある場合は、プロペラシャフトを新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「3車種」(走行不能となるおそれ)    (2011-1-21 - 5218 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート、エアロクィーン、エアロエース

【理由】
対象車両設計時に開発した故障診断ツール用のプログラムが不適切なため、当該ツールを使用した際に、車両の共通駆動系制御コンピュータのデータが初期化され、オートクルーズやエンジン補助ブレーキの不作動、坂道発進補助装置が解除されない等の不具合が発生する場合がある。また、低速ギヤ段でのトルクカット機能が不作動となることから、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、トランスミッションやデファレンシャルギヤが破損し、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、対策プログラムに交換した故障診断ツールを用いて共通駆動系制御コンピュータを点検し、データが初期化されていた場合は正規のデータに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(車両火災に至るおそれ)    (2011-1-14 - 5066 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
冷却水不足による警告灯の点灯や、水温計の上昇に気づかずオーバーヒートの状態で走行を続けると、オイル漏れが発生し、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、オーバーヒートセンサー付のサーモスタットケースに交換し、オーバーヒート時の燃料噴射量を制限する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(走行不能となるおそれ)    (2011-1-11 - 5334 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
4輪駆動のダブルキャブ消防車において、車枠の強度が不適切なため、亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行して車枠が折損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、車枠に補強部品を追加する。なお、車枠に亀裂が発生しているものは、亀裂を補修する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロバス」(オルタネータハーネスの被覆が劣化)     (2010-12-18 - 1306 Clicks)
【該当車両】
エアロバス

【理由】
大型バスにおいて、オルタネータハーネスの端子部処理が不適切なため、走行中の振動によって当該ハーネスの温度が上昇し、被覆が劣化するおそれがある。

【対策】
全車両、オルタネータハーネス一式を対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(オルタネータハーネスの被覆が劣化)    (2010-12-18 - 1204 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
CNGエンジンを搭載した大型路線バスにおいて、オルタネータハーネスが不適切なため、走行中の熱によって当該ハーネスの被覆が劣化するおそれがある。

【対策】
全車両、オルタネータハーネス一式を対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスターなど3車種」(燃料が滴下するおそれ)     (2010-12-18 - 1247 Clicks)
【該当車両】
エアロスター、エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、燃料タンク上部のパイプに誤品の栓チューブを組み付けたものがある。そのため、当該チューブから燃料が滴下するおそれがある。

【対策】
全車両、燃料タンク上部の栓チューブを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(取扱説明書不適切)     (2010-12-8 - 1246 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
総輪エアサスペンションを搭載した大型トラックにおいて、取扱説明書のジャッキアップ方法に不適切な箇所がある。そのため、取扱説明書の指示通りにジャッキアップを行っても前輪のジャッキアップが出来ず、最悪の場合、前2軸車の前後軸エアサスペンションから、エア漏れが発生するおそれがある。 なお、エア漏れはジャッキを外してエアを再充填すれば解消する。

【対策】
全車両、適切なジャッキアップ方法を記載した取扱説明書に差換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロキング」(走行不能または火災)    (2010-11-18 - 425 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
大型高速路線バスにおいて、駆動輪のベアリンググリース充填量が不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ベアリングが潤滑不良になり、最悪の場合、走行不能または火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、駆動輪のベアリングとグリースを新品に交換する。なお、当該グリースは、規定量を充填する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート、エアロエース」(エンジン回転が不安定)     (2010-11-13 - 416 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート、エアロエース

【理由】
エンジンECU内部の電子部品が不適切なため、エンジン制御ランプが点灯し、エンジン回転が不安定になるおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンECUを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロキング」(エンジンが再始動できなくなる)     (2010-11-10 - 430 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
大型高速路線バスにおいて、バッテリーアースケーブルの配索および長さが不適切なため、整備時等に当該ケーブルが垂れ下がり、路面と接触して切損し、エンジンが再始動できなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、バッテリーケーブルを対策品に交換し、当該ケーブルの配索を変更する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(エア洩れが発生)    (2010-11-5 - 400 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
重機運搬車に改造した中型トラックにおいて、ブレーキエアタンクユニットとエアドライヤを後方へ移設した際にエアパイプの固定クランプを取付け忘れたものがある。そのため、走行中の振動によってエアパイプの接続部が亀裂し、エア洩れが発生するおそれがある。

【対策】
全車両、エアパイプを改良品に交換し、固定クランプ(2箇所)を取付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(耐久性が低下)     (2010-11-5 - 375 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線バスにおいて、クーラーコンプレッサーブラケットの形状が不適切なため、当該ブラケットとオルタネータベルトが接触するものがある。そのため、オルタネータベルトが損傷して耐久性が低下するおそれがある。

【対策】
クーラーコンプレッサーブラケットを加工し、オルタネータベルトとの隙間を確保する。または、オルタネータベルトとの隙間を確保したクーラーコンプレッサーブラケットに交換する。 なお、オルタネータベルトは新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンターガッツ」(走行不能となるおそれ)     (2010-10-29 - 410 Clicks)
【該当車両】
キャンターガッツ

【理由】
トルクコンバータハウジングの加工が不適切なため、エンジンとオートマチックトランスミッション間に芯ずれが発生しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ドライブプレートが破損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、トルクコンバータハウジングおよびドライブプレートを良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
TOP > 企業/ブランド名別 > 三菱ふそう
TOP> 自動車
■友達に知らせる
■コメントする
ふそう「エアロキング」(誤品のクラッチディスクを装着)     (2010-10-15 - 416 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
大型高速路線バスにおいて、誤品のクラッチディスクを装着し、出荷したものがある。

【対策】
全車両、クラッチディスクおよびカバーを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(ドアが変形)     (2010-10-15 - 392 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、強風や傾斜地でのスイングドア閉め時に半ドアとなる場合がある。そのため、そのままの状態で高速走行をすると、ドアが変形して隙間が生じるおそれがある。

【対策】
全車両、スイングドアに半ドア警告灯を追加する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(速度計不良)     (2010-10-13 - 418 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型路線バスにおいて、オートマチックトランスミッションに装着されている車速センサーの構造が不適切なため、当該センサー内の配線が断線し、速度計が速度を指示しなくなるとともに、運行記録計が速度を記録しなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、車速センサーを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(制御ランプが点灯)     (2010-10-1 - 413 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
箱型マフラーを装着した大型トラックの尿素選択還元型触媒システムにおいて、尿素噴射制御データが不適切なため、マフラー内に尿素結晶が堆積し、SCR制御ランプおよびエンジン制御ランプが点灯するおそれがある。

【対策】
全車両、尿素選択還元型触媒システムのプログラムを対策プログラムに書き換える。また一部の車両については、エンジンECUのプログラムも対策プログラムに書き換える。なお、マフラー内に尿素結晶が堆積していた場合は、マフラーを新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(各種不具合)     (2010-9-28 - 444 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
(1)エンジン吸気温度センサーの構造が不適切なため、センサー内部に水が浸入し、エンジン制御ランプが点灯するおそれがある。
(2)エンジンECUのプログラムが不適切なため、エンジン再始動時にスタータが動かなくなるおそれがある。
(3)エンジンECU内部の電子部品が不適切なため、エンジン制御ランプが点灯し、エンジン回転が不安定になるおそれがある。
(4) エンジン補助ブレーキの電磁弁の構造が不適切なため、エンジンオイルが付着するとハーネス端子とボディが短絡し、エンジン補助ブレーキが誤作動するおそれがある。 また、当該電磁弁のハーネス端子を過大なトルクで締め付けたものがあり、ハーネス端子取付部に亀裂が生じるおそれがある。
(5)エンジンネームプレートの過給機型式に記載が無いものがある。
(6)ABS付トレーラを連結してキースイッチをONにすると、衝突被害軽減ブレーキ(AMB)の警告が表示されるものがある。
(7)オプション設定の最終減速比やタイヤ等を装着した車両において、ブレーキECUのデータが誤設定されている。

【対策】
(1)全車両、エンジン吸気温度センサーを対策品に交換する。
(2)全車両、エンジンECUのプログラムを対策プログラムに書き換える。
(3)全車両、エンジンECUを対策品に交換する。
(4)全車両、エンジン補助ブレーキの電磁弁を点検し、樹脂製カバーが無い場合は樹脂製カバーを装着する。 また、車台番号を確認し、当該電磁弁のハーネス端子を過大なトルクで締付けた可能性がある車両は、当該電磁弁を新品と交換する。
(5)全車両、エンジンネームプレートを点検し、過給機型式の記載がない場合は、過給機型式が記載されたプレートに貼り替える。
(6)全車両、衝突被害軽減ブレーキ(AMB)のECUを対策品に交換する。
(7)全車両、ブレーキECUのデータを正規データに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロキング」(保護被覆が損傷)    (2010-9-1 - 436 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
大型高速路線バスにおいて、スタータケーブルとエキゾーストブレーキのエア配管コネクタ部の隙間が少ないものがある。そのため、エンジン始動、停止時などの振れにより当該ケーブルの保護被覆が損傷するおそれがある。

【対策】
スタータケーブルとエア配管コネクタ部の隙間を点検し、基準値以下の場合は当該ケーブルの配索を修正して、隙間を増大する。 なお、当該ケーブルの保護被覆が損傷しているものは、シリコンチューブを巻いて補修する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(エンジンオイルが滲む)    (2010-9-1 - 462 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
フライホイールハウジングの加工が不適切なため、ハウジングに亀裂が発生し、エンジンオイルが滲むおそれがある。

【対策】
フライホイールハウジングを点検し、亀裂が認められた場合は新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロキング」(電装品が誤作動)    (2010-9-1 - 414 Clicks)
【該当車両】
エアロキング

【理由】
大型高速路線バスにおいて、左右ピラー部のバックミラーヒーターハーネス貫通穴部へのシール剤塗布が不適切なため、雨天走行や洗車等により当該穴部から水が浸入するものがある。そのため、そのままの状態で走行を続けると、電装品が誤作動するおそれがある。

【対策】
全車両、バックミラーヒーターハーネス貫通穴部へのシール剤塗布の有無を確認し、シール剤が無い場合は、当該部のハーネス、電装部品の水分を除去してシール剤を塗布する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(火災に至るおそれ)     (2010-8-4 - 426 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
後2軸大型トラックの後々軸(非駆動軸)アクスルハウジングの溶接が不適切なため、当該溶接部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該アクスルハウジングが折損し、ブレーキの過熱やタイヤとフレームの接触が生じて、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、当該アクスルハウジングを良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、エアロスター、エアロミディ」(車両火災)     (2010-8-4 - 470 Clicks)
【該当車両】
ファイター、エアロスター、エアロミディ

【理由】
水温計の上昇や冷却水不足の警告灯が点灯しているオーバーヒート状態での走行を続けると、エンジン内部の摺動部品が焼付き、最悪の場合、車両火災に至るおそれがある。

【対策】
ユーザーにダイレクトメールにて不具合事例を示して、オーバーヒートを発生させないための点検の実施と、オーバーヒートを発生させてしまった場合の対処方法について注意喚起を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロバス、エアロクィーン」(火災に至るおそれ)    (2010-7-30 - 405 Clicks)
【該当車両】
エアロバス、エアロクィーン

【理由】
サブエンジン駆動式の空調機を搭載したバスにおいて、当該空調機の点検整備が不十分な状態で使用を続けると、送風機用モータの回転数を制御する抵抗器が異常発熱し、漏れたグリースが付着すると火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、送風機用モータの回転数を制御する抵抗器を改良品に交換する。また、自主点検未実施車両については、ドライブシャフト誤組防止ブーツの交換と給脂時期及び給脂量を明記した銘板の貼付を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(車体傾斜や異音が発生)     (2010-7-7 - 400 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
前輪独立懸架の小型トラックにおいて、フロントリーフスプリングの製造工程が不適切なため、当該リーフスプリングが破損して車体傾斜や異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、フロントリーフスプリングを点検し、不良品が装着されている可能性があるものは、新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(左最大操舵時の不具合)     (2010-7-7 - 397 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックにおいて、左最大操舵時にパワーステアリングリターンパイプとピットマンアームが接触するものがある。

【対策】
全車両、パワーステアリングリターンパイプを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(制動力が低下)    (2010-7-7 - 407 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
駆動輪の空転を防止するASR(アンチスピンレギュレータ)を装着した大型トラックにおいて、ダンプ作業時の振動によってASRが誤作動し、駐車ブレーキの制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、ASRの制御回路を改修する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(リヤカバーを焼損)    (2010-6-15 - 859 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックにおいて、燃料フィルターの定期交換、燃料タンクの定期的な清掃が不適切な場合、燃料中に不純物が混入するとインジェクタのシート部が摩耗し、燃料噴射量が増大することがある。そのため、排気温度が上昇して右後側の排気マニホールドが亀裂し、排気ガスが漏れて樹脂製のリヤカバーを焼損するおそれがある。

【対策】
全車両、右後側の排気マニホールドに遮熱板を装着するとともに、当該マニホールドに亀裂が認められる場合は新品と交換する。 また、各ユーザーにダイレクトメールにて不具合事例を示して、燃料フィルターの定期交換、燃料タンクの定期的な清掃の徹底について注意喚起を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロミディ」(再始動不能)    (2010-6-15 - 851 Clicks)
【該当車両】
エアロミディ

【理由】
エアコンプレッサの補用品において、誤品のクランクシャフトを払い出したものがある。そのため、エアコンプレッサが潤滑不良になり、最悪の場合、エンジンが停止して再始動不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、エアコンプレッサのクランクシャフトを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(火災に至るおそれ)    (2010-6-9 - 799 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
後2軸大型トラックの後々軸(非駆動軸)アクスルハウジングの溶接が不適切なため、当該溶接部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該アクスルハウジングが折損し、ブレーキの過熱やタイヤとフレームの接触が生じて、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、当該アクスルハウジングの製造番号を確認し、該当するものは内側溶接部の点検を行い、不具合の認められるものは良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(操舵力が過大になるおそれ)    (2010-5-28 - 440 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
パワーステアリングギヤボックス内部のウォームシャフト油通路穴の加工に不適切なものがある。そのため、低速での旋回や据切りを繰り返すと、操舵力が過大になるおそれがある。

【対策】
全車両、当該パワーステアリングギヤボックスの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロミディーS」(溶損するおそれ)    (2010-5-19 - 421 Clicks)
【該当車両】
エアロミディーS

【理由】
大中型バスの前扉ガラス熱線用電気配線の取り回しが不適切なものがある。そのため、扉開閉の繰返しにより当該配線の一部が損傷し、溶損するおそれがある。

【対策】
全車両、電気配線を対策品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(トランクリッドを保持出来なくなる)    (2010-5-18 - 397 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、スイング式トランクリッドのステーダンパー取付金具の強度が不足しているため、トランクリッドの開閉操作により当該金具に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該金具が破損してトランクリッドを保持出来なくなるおそれがある。

【対策】
全車両、車体側のステーダンパー取付金具を対策品に交換する。 また、寒冷地仕様車は、併せてステーダンパーとヒンジアームを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター−S」(異音が発生)    (2010-5-18 - 415 Clicks)
【該当車両】
エアロスター−S

【理由】
バス用原動機の吸排気バルブ機構において、ロッカーシャフトアッシィのローラーブッシュ材質が不適切なため、アイドルスタートストップを多用すると、当該ブッシュが早期に摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、バルブクリアランスが過大となり異音が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、ロッカーシャフトアッシィを対策品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(トランクリッドの開閉が出来なくなる)    (2010-5-11 - 456 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、スイング式トランクリッドのハンドル強度が不足しているため、そのままの状態で使用を続けると、当該ハンドルが破損してトランクリッドの開閉が出来なくなるおそれがある。

【対策】
全車両、トランクリッドのハンドルを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(トランクリッドを保持出来なくなる)    (2010-4-21 - 439 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型バスにおいて、スイング式トランクリッドのステーダンパー取付金具の強度が不足しているため、トランクリッドの開閉操作により当該金具に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該金具が破損してトランクリッドを保持出来なくなるおそれがある。

【対策】
全車両、車体側のステーダンパー取付金具を対策品に交換する。 また、寒冷地仕様車は、併せてステーダンパーとヒンジアームを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート、ザ・グレート、ファイター」(火災に至るおそれ)    (2010-4-7 - 448 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート、ザ・グレート、ファイター

【理由】
駆動輪の空転を防止するために装着されているASR(アンチスピンレギュレータ)バルブ内部の弁の材質および寸法が不適切なため、当該弁の背面にかかるエア圧による経年劣化および高温環境下での変形により、排気ポートを塞ぐものがある。 そのため、ブレーキ配管内に圧力が残留し、常にブレーキが作動した状態となってブレーキドラムが過熱して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、ASRバルブが装着されているかを確認し、装着されていた場合は当該バルブを対策品と交換すると共に 配管コネクタを新品と交換する。また、ASRバルブが10年毎の定期交換部品になった旨を、メンテナンスノートに追記する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(エアが漏れる)    (2010-3-30 - 484 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
大型路線ノーステップバスの前軸エアサスペンションにおいて、エアスプリングの耐久性に余裕がないため、通常よりも早い速度で山間路の走行や旋回を頻繁に繰り返すなどの過酷な条件で使用した場合、設定した定期交換時期に至る前に、エアスプリングからエアが漏れるおそれがある。

【対策】
定期交換時期に至る前に、エアスプリングからエア漏れが認められた場合は、エアスプリングを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、キャンター」(エンジン制御ランプが誤点灯)    (2010-3-30 - 488 Clicks)
【該当車両】
ファイター、キャンター

【理由】
中小型トラックにおいて、DPF自動再生の故障判定プログラムが不適切なため、エンジン制御ランプが誤点灯するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンECUのプログラムを対策プログラムに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(車体傾斜や異音が発生)    (2010-3-30 - 486 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
前輪独立懸架の小型トラックにおいて、サスペンションクロスメンバの強度に余裕がないため、過積載で山間部走行を頻繁に繰り返すなどの過酷な条件で使用した場合、当該クロスメンバが亀裂し、車体傾斜や異音が発生するおそれがある。

【対策】
使用過程において、サスペンションクロスメンバの横置きリーフスプリング当たり面周辺に、過酷な使用による亀裂が認められた場合は、当該クロスメンバを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「各車」(再始動不能)    (2010-3-17 - 530 Clicks)
【該当車両】
ファイター、キャンター、エアロミディ、ローザ

【理由】
原動機のカムシャフト駆動用ヘッドアイドラギヤの固定シャフトつば部の強度に余裕がないため、劣化したエンジンオイルの使用等により、ブッシュの摩耗が早まりブッシュと固定シャフトの間にガタが生じる場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、シャフトつば部の付け根に過大な応力が発生することがあり、つば部が破損してギヤが周辺部品と干渉し、最悪の場合、当該ギヤの噛み合いが外れて、エンジンが停止し再始動不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、固定シャフトのつば部厚さを増大した対策品に交換する。 なお、アイドラギヤブッシュを点検し、異常摩耗しているものは、アイドラギヤ一式を新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、キャンター」(エンジン制御ランプが誤点灯)    (2010-3-17 - 486 Clicks)
【該当車両】
ファイター、キャンター

【理由】
中小型トラックにおいて、DPF自動再生の故障判定プログラムが不適切なため、エンジン制御ランプが誤点灯するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンECUのプログラムを対策プログラムに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート、エアロエース」(白煙が発生)    (2010-2-7 - 433 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート、エアロエース

【理由】
6M70エンジン搭載車において、エンジン吸・排気バルブの表面処理が不適切なため、バルブステムシールが異常摩耗するものがある。そのため、エンジンオイルが燃焼室またはシリンダヘッドの排気ポートに漏れ、エキゾーストマニホールドとシリンダヘッド接合面からオイルがにじむ。または、排気系に付着したオイルが気化して白煙が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、当該バルブを対策品に交換する

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、キャンター、エアロミディ、ローザ」(再始動不能)    (2010-2-3 - 421 Clicks)
【該当車両】
ファイター、キャンター、エアロミディ、ローザ

【理由】
原動機のカムシャフト駆動用ヘッドアイドラギヤの固定シャフトつば部の強度に余裕がないため、劣化したエンジンオイルの使用等により、ブッシュの摩耗が早まりブッシュと固定シャフトの間にガタが生じる場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、シャフトつば部の付け根に過大な応力が発生することがあり、つば部が破損してギヤが周辺部品と干渉し、最悪の場合、当該ギヤの噛み合いが外れて、エンジンが停止し再始動不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、固定シャフトのつば部厚さを増大した対策品に交換する。 なお、アイドラギヤブッシュを点検し、異常摩耗しているものは、アイドラギヤ一式を新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター、キャンター」(エンジン制御ランプが誤点灯)    (2010-1-29 - 597 Clicks)
【該当車両】
ファイター、キャンター

【理由】
中小型トラックにおいて、DPF自動再生の故障判定プログラムが不適切なため、エンジン制御ランプが誤点灯するおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンECUのプログラムを対策プログラムに書き換える。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(火災に至るおそれ)    (2009-12-17 - 358 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
後2軸大型トラックの後々軸(非駆動軸)アクスルハウジングの製造が不適切なため、当該溶接部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該アクスルハウジングが折損し、ブレーキの過熱やタイヤとフレームの接触が生じて、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、当該アクスルハウジングの製造番号を確認し、該当するものは内側溶接部の点検を行い、不具合の認められるものは良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(照明カバーが脱落)    (2009-12-17 - 332 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
大型観光バスの室内照明において、室内灯間及び端部カバーの固定方法が不適切なため、走行中の車体振動などにより、当該カバーが脱落するおそれがある。

【対策】
全車両、室内灯間及び端部カバーに脱落防止用金具を追加する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン」(アイドル回転数が高くなるおそれ)    (2009-12-17 - 315 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン

【理由】
アクセルペダルのリターンスプリングを、誤った状態で組付けたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該スプリングのバネ反力が低下してアクセルペダルの戻りが悪くなり、原動機のアイドル回転数が高くなるおそれがある。

【対策】
全車両、アクセルペダルを良品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロミディー、エアロバス、エアロクィーン」(火災に至るおそれ)    (2009-12-16 - 299 Clicks)
【該当車両】
エアロミディー、エアロバス、エアロクィーン

【理由】
サブエンジン駆動式の空調機を搭載したバスにおいて、当該空調機の点検整備が不十分な状態で使用を続けると、送風機用モータの回転数を制御する抵抗器が異常発熱し、漏れたグリースが付着すると火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、送風機用モータの回転数を制御する抵抗器を改良品に交換する。また、自主点検未実施車両については、ドライブシャフト誤組防止ブーツの交換と給脂時期及び給脂量を明記した銘板の貼付を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(亀裂が発生するおそれ)    (2009-12-16 - 339 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
後車軸を固定するラジアスロッドの車体側固定金具(リヤサスペンションサポート)の強度が不足しているため、当該金具に亀裂が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、ラジアスロッドの車体側固定金具(リヤサスペンションサポート)に補強板を追加する。なお、当該金具に亀裂がある場合は溶接補修を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(操舵力が必要)    (2009-12-16 - 341 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
小型トラックのパワーステアリングポンプに、誤品を組み付けたため、据切時に想定以上の操舵力が必要となるものがある。

【対策】
全車両、正規品のパワーステアリングポンプに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター、ローザ」(走行不能に至るおそれ)    (2009-11-26 - 367 Clicks)
【該当車両】
キャンター、ローザ

【理由】
オートマチックトランスミッションを搭載した四輪駆動車において、トランスファ内インターナルギヤ端部に装着されているシールキャップの耐圧性不足により、オートマチックトランスミッションフルードがトランスファを経由して外部に流出するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、走行不能に至るおそれがある。

【対策】
全車両、耐圧性を向上したシールキャップ付のインターナルギヤに交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロバス、エアロクィーン、エアロエース」(発火するおそれ)    (2009-11-13 - 314 Clicks)
【該当車両】
エアロバス、エアロクィーン、エアロエース

【理由】
大型観光バスの車室内暖房用燃焼式ヒータにおいて、バーナヘッド(燃焼機)の燃料ポンプの構造が不適切なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ポンプから燃料が漏れ、最悪の場合、漏れた燃料がヒータの熱により発火するおそれがある。

【対策】
全車両、当該燃料ポンプを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」再始動不能)    (2009-11-6 - 338 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
オートマチックトランスミッションを搭載した小型トラックにおいて、エンジン回転センサーの配線固定位置が不適切なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該センサーの配線が断線するため、エンジンが停止し、再始動不能になるおそれがある。

【対策】
全車両、エンジン回転センサーを新品に交換するとともに、当該センサー配線の固定位置を変更する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(制御プログラムが不適切)    (2009-11-6 - 341 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
ハイブリッドバスのDPF自動再生制御プログラムが不適切なため、DPF自動再生が制限時間内に終了せず、手動再生要求が多発する場合がある。

【対策】
全車両、エンジンECU、車両ECUおよび発電モーターECUを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(保護カバーなし)    (2009-10-16 - 356 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
ハイブリッド(HEV)車において、補機類用バッテリーの保護カバーが取付けられていないものがある。

【対策】
全車両、当該保護カバーを取付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(シフト不能になるおそれ)    (2009-10-16 - 346 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
機械式自動変速機のギヤシフトユニットの呼吸ホースの構造が不適切なため、当該ホースから水が浸入してギヤシフトユニット内部に錆が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けるとモーター等が固着し、シフト不能になるおそれがある。

【対策】
車両、呼吸ホースを対策品に交換する。また、当該ホースの接続コネクタ内部に錆があるものは接続コネクタを新品に交換し、ギヤシフトユニット内部を点検する。点検の結果、内部に錆があるものは、ギヤシフトユニットを新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(燃料が漏れるおそれ)    (2009-9-22 - 327 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
ハイブリッドバスにおいて、ボデー骨格の形状が不適切なため、燃料配管に干渉するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料配管が損傷して燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、干渉部位のボデー骨格を補修し、燃料配管との隙間を確保する。また、燃料配管に損傷がある場合は新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(再始動不能)    (2009-9-22 - 469 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
ハイブリッドバスの発電用エンジンにおいて、エンジン始動時の制御プログラムが不適切なため、始動直後にエンジン回転数が急上昇して、No.2アイドラギヤブッシュへのオイル供給が不足し、当該ブッシュが摩耗することがある。そのため、そのまま使用を続けると、No.2アイドラシャフトの取付け部が破損し、再始動不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンECUを対策品に交換する。また、No.2アイドラギヤブッシュが摩耗している車両は、エンジンを交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロクィーン、エアロエース」(運転者の視界を妨げる)    (2009-8-5 - 399 Clicks)
【該当車両】
エアロクィーン、エアロエース

【理由】
高速路線バスにおいて、運賃表示用モニターの取付け金具の強度が不足しているため、車両振動により当該金具に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂の進行によって当該金具が破断して運賃表示用モニターが垂れ下がり、運転者の視界を妨げるおそれがある。

【対策】
全車両、運賃表示用モニターの取付け金具一式を、対策品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(制動力が低下)    (2009-8-2 - 347 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
中型トラックの前軸において、異品のブレーキパイプを装着したものがある。そのため、そのままの状態で使用すると、最悪の場合、ブレーキ液が滲み出して液量が減少し、制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、前軸両輪の当該ブレーキパイプを正規品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(タイヤに変色)    (2009-7-2 - 500 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
排気管の開口部を、車両後方から車両右側のホイールベース間に変更した小型トラックにおいて、排気管の形状が不適切なため、DPF再生時に高温の排気ガスが右外側後輪タイヤにあたることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該タイヤに変色などの異常が生じるおそれがある。

【対策】
全車両、排気管を対策品に交換するとともに、車両右外側の後輪タイヤを点検し、熱による変色などの異常が認められた場合は新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート、エアロエース」(火災に至るおそれ)    (2009-6-25 - 383 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート、エアロエース

【理由】
燃料噴射装置において、燃料供給ポンプの製造時の加工が不適切なため、当該ポンプの内部に亀裂が発生し、燃料が漏れ、エンジンオイルに混入するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料の混入したオイルがブローバイガスの通路を経由して吸気管に吸入されシリンダー内で燃焼するため、エンジン回転の上昇、エンジン停止及び再始動不能となり、最悪の場合、燃料の混入したエンジンオイルが漏れ火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、燃料供給ポンプを良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロクィーン、エアロエース」(乗務員の拘束ができなくなる)    (2009-6-18 - 355 Clicks)
【該当車両】
エアロクィーン、エアロエース

【理由】
大型バスにおいて、車掌席背当フレーム下部の形状が不適切なため、車掌席格納時に当該部と座席ベルトが接触し、損傷する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、座席ベルトが切損し、乗務員の拘束ができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、車掌席一式を対策品と交換し、当該座席ベルト一式を新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(燃料漏れやエア供給不足)    (2009-6-12 - 413 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
ABS(アンチロックブレーキングシステム)を搭載した中型トラック(消防車)において、放水用ポンプの流量調整ロッドと燃料配管及びエア配管との隙間が不足しているため、干渉するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると当該配管が損傷して燃料漏れやエア供給不足が発生するおそれがある。

【対策】
全車両、放水用ポンプの流量調整ロッドを対策品に交換するとともに、燃料配管保護金具を追加し、燃料配管及びエア配管との隙間を確保する。また、燃料配管及びエア配管に損傷がある場合は、新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(走行不能となる)    (2009-6-12 - 402 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
大型トラックの動力伝達装置において、センターベアリング固定金具の強度が不足しているため、プロペラシャフトの回転振動により、当該固定金具に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂の進行により当該固定金具が破断し、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、センターベアリング固定金具に補強金具を追加するとともに、当該固定金具に亀裂が発生している場合は新品と交換する。 なお、補強金具の供給に時間を要することから、暫定措置として当該固定金具の点検を行い、亀裂が発生しているものは補強板を追加した上で溶接補修し、後日、補強金具が供給され次第対策を実施する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(火災に至るおそれ)    (2009-6-12 - 393 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
燃料噴射装置において、燃料供給ポンプの製造時の加工が不適切なため、当該ポンプの内部に亀裂が発生し、燃料が漏れ、エンジンオイルに混入するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料の混入したオイルがブローバイガスの通路を経由して吸気管に吸入されシリンダー内で燃焼するため、エンジン回転の上昇、エンジン停止及び再始動不能となり、最悪の場合、燃料の混入したエンジンオイルが漏れ火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、燃料供給ポンプを良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ザ・グレート、スーパーグレート」(破損に至るおそれ)    (2009-6-9 - 427 Clicks)
【該当車両】
ザ・グレート、スーパーグレート

【理由】
後2軸板ばね式緩衝装置のトラニオンシャフトにおいて、過積載、高荷状態、かつ、不整地走行等の過酷な使用条件が重なった場合、トラニオンシャフトに亀裂が発生し破損に至るおそれがある。

【対策】
各ユーザーにダイレクトメールにて実例を示して注意喚起を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(発進できないおそれ)    (2009-6-3 - 379 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
機械式自動変速機とオートクルーズを搭載した中型トラックにおいて、エンジンECUの制御プログラムが不適切なため、オートクルーズ走行から停止直後にアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン回転数が上がらず発進できないおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンECUを対策品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロエース、エアロクィーン、エアロキング」(出力が低下するおそれ)    (2009-5-28 - 381 Clicks)
【該当車両】
エアロエース、エアロクィーン、エアロキング

【理由】
大型バスの吸気装置において、
(1) 吸気ホース(インタークーラ入口側)の締付金具の締付方法が不適切なため、締付力が低下するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースが外れ、出力が低下するおそれがある。
(2) 吸気ホース(インタークーラ出口側)の材質が不適切なため、温度変化の影響を受けて、当該ホースの締付金具の締付力が低下するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースが外れ、出力が低下するおそれがある。

【対策】
(1) 吸気ホース(インタークーラ入口側)の締付金具を追加し、締付トルクの増大と2度締め化を行う。なお、締付金具の追加が出来ない所は締付トルクの増大と2度締め化を行う。また、当該ホースを点検し、損傷があった場合は新品に交換する。
(2) 吸気ホース(インタークーラ出口側)を対策品に交換すると共に、当該ホース締付け金具を新品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ローザ」(冷却水が漏れるおそれ)    (2009-5-28 - 398 Clicks)
【該当車両】
ローザ

【理由】
小型バスにおいて、暖房用温水配管の耐食性が不足しているため、当該配管の表面が早期に腐食するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行して当該配管に穴があき、最悪の場合、冷却水が漏れるおそれがある。

【対策】
全車両、当該配管を断熱用保護材付きの対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ファイター」(エンジンの出力不足や過給機の破損)    (2009-5-23 - 396 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
中型トラックの4M50型エンジン搭載車において、過給機のノズルベーン可変制御用エアシリンダの排気ポートの向きが不適切なため、雨天走行時等に当該エアシリンダ内に水が浸入して錆が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エアシリンダが作動不良となりエンジンの出力不足や過給機の破損に至るおそれがある。

【対策】
全車両、エアシリンダ排気ポートに被水防止カバーを追加するとともに、エアシリンダの作動を確認し、作動不良が認められた場合はエアシリンダ一式を新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(火災に至るおそれ)    (2009-5-15 - 389 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
エアコンの熱交換機冷却用ファンのヒューズ容量が不適切なため、当該ファンが外的要因(泥の固着等)によりロック又は過負荷回転した場合、当該ファンのモータが異常発熱することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、発熱によりモータから可燃性ガスが発生するとともに、モータ取付け部の溶損によりモータが脱落し、エアコンの熱交換機と接触すると火花が発生するため、最悪の場合、可燃性ガスに引火し、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、当該ファンのヒューズ容量を20Aから10Aに交換し、ヒューズ容量表示を変更する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(走行不能となるおそれ)    (2009-5-5 - 382 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
プロペラシャフトにおいて、製造工程による曲がり修正の方法が不適切なため、当該シャフトの強度が不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該シャフトが折損して走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、プロペラシャフト一式を良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(配管経路に尿素析出物が堆積)    (2009-5-5 - 388 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
尿素選択還元型触媒システムにおいて、制御プログラムが不適切なため、配管経路に尿素析出物が堆積し、経路を狭める場合がある。

【対策】
全車両、当該システムのコントロールユニットの制御プログラムを対策仕様に書き換えるとともに、配管経路の析出物の有無を点検の上、析出物がある場合は除去する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「ザ・グレート、スーパーグレート」(走行不能となるおそれ)    (2009-4-16 - 367 Clicks)
【該当車両】
ザ・グレート、スーパーグレート

【理由】
大型トラックの動力伝達装置において、センターベアリング固定金具の強度が不足しているため、プロペラシャフトの回転振動により、当該固定金具に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂の進行により当該固定金具が破断し、走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、センターベアリング固定金具に補強金具を追加するとともに、当該固定金具に亀裂が発生している場合は新品と交換する。 なお、補強金具の供給に時間を要することから、暫定措置として当該固定金具の点検を行い、亀裂が発生しているものは補強板を追加した上で溶接補修し、後日、補強金具が供給され次第対策を実施する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロクィーン、エアロエース」(走行不能となるおそれ)    (2009-4-16 - 400 Clicks)
【該当車両】
エアロクィーン、エアロエース

【理由】
大型バスにおいて、アクセルセンサーレバーのアクセルワイヤ取付穴の加工が不適切なため、当該レバーとアクセルワイヤが固着しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、アクセルワイヤが切損し走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、当該レバーのアクセルワイヤ取付穴を点検し、固着が認められたものはアクセルセンサーとアクセルワイヤを良品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
■コメントする
ふそう「ファイター」(制動力の低下)    (2009-3-27 - 387 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
冷凍・冷蔵用等に使用するコンプレッサを搭載した車両において、再生制御式DPFの再生制御プログラムが不適切なため、停車中に排気管付近に配索されたサービスブレーキ用エアチューブ及び駐車ブレーキ用エアチューブ又はセンターブレーキ用ケーブルが高温になる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エアチューブやケーブルが溶損し、制動力の低下及び駐車ブレーキの作動不良となるおそれがある。

【対策】
全車両、再生制御式DPFの再生制御プログラムを変更した対策ECUに交換するとともに、
3コンプレッサ搭載車両及び2コンプレッサ搭載のベッドレス車両は、エアチューブを新品と交換する。
センターブレーキ付車両は、駐車ブレーキレバーの作動確認と駐車ブレーキの制動力を測定し、不具合がある場合はセンターブレーキ用ケーブルを新品と交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
■コメントする
ふそう「ファイター」(異音が発生)    (2009-3-27 - 415 Clicks)
【該当車両】
ファイター

【理由】
電磁クラッチ付動力取出装置(PTO)装着車両において、PTO駆動用ギヤのシャフトを取付けているボルトの締付け力が不足しているため、当該ボルトが緩み、シャフトが抜け出すことがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、PTO駆動用ギヤがフライホイールハウジングと干渉して異音が発生する。

【対策】
全車両、PTO駆動用ギヤのシャフトを取付けているボルトの緩みを点検し、緩みがあるものは当該ギヤ一式およびフライホイールハウジングを新品と交換し、PTO駆動用ギヤのシャフトを取付けているボルトを正規トルクで締付ける。
ボルトに緩みがないものは、増し締めする。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター−S、エアロミディ−S」(制動灯が点灯状態)    (2009-3-11 - 389 Clicks)
【該当車両】
エアロスター−S、エアロミディ−S

【理由】
制動灯用リレーの製造時の加工が不適切なため、当該リレー内部の接点が作動不良となる場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、接点が固着し制動灯が点灯したままとなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該リレーを良品に交換する。また、同一の部品を使用した前照灯用リレーも交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(走行不能に至るおそれ)    (2009-2-27 - 494 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
エンジンを支持しているエンジンリヤマウントの防振ゴム部において、過積載の状態で発進・変速頻度の高い運転を繰返す等の過酷な条件で使用した場合、当該マウントのゴム部に亀裂が発生し、破断することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エンジンフロントマウントも損傷し、最悪の場合、エンジンオイルの漏れや変速不能となり、走行不能に至るおそれがある。

【対策】
メンテナンスノートの点検整備項目にエンジンマウントラバーの損傷点検を追記し、定期点検整備の確実な実施について周知を行う。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(制動力が低下するおそれ)    (2009-2-20 - 375 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
前輪独立懸架車のスタビライザ取付け金具の強度が不足しているため、高重心旋回等を繰り返すと、当該取付け金具部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂の進行により当該取付け金具が破断して、ブレーキホースを損傷させ、ブレーキ液が漏れて制動力が低下するおそれがある。

【対策】
全車両、スタビライザ取付け金具,リンクおよび取付けボルトを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「キャンター」(エンジン再始動不能)    (2009-2-20 - 367 Clicks)
【該当車両】
キャンター

【理由】
湿度が高い状態でエアコンを作動させ続けるとエアコンダクトが結露し、機械式自動変速機を制御しているECUに滴下することがある。そのため、シフト不能やエンジン停止となり、最悪の場合、エンジン再始動不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、ECUを点検し、以下の対応を行う。
・ ECU本体とコネクタ部に被水の痕跡がない場合は、被水防止カバーを装着する。
・ ECU本体に被水の痕跡がある場合は、ECU本体を新品に交換し被水防止カバーを装着する。
・ ECU本体とコネクタ部に被水の痕跡がある場合は、ECU本体とコネクタを新品に交換し、エアコンダクトを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「スーパーグレート」(亀裂が発生するおそれ)    (2009-2-19 - 383 Clicks)
【該当車両】
スーパーグレート

【理由】
2バッグ式リヤエアサスペンション車(後1軸トラクタ)のフレームにおいて、リーフスプリング固定金具取付け部およびNo2クロスメンバの取付け部の強度が不足しているため、旋回および段差乗り上げを頻繁に繰り返すと、リーフスプリング固定金具取付け部のフレームおよびNo2クロスメンバに亀裂が発生するおそれがある。

【対策】
全車両点検し、亀裂があった場合は、リーフスプリング固定金具を対策品に交換し、フレームおよびNo2クロスメンバを補強する。また、No2クロスメンバの亀裂については新品と交換し、フレームの亀裂については補修する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター−S、エアロミディ−S」(非常口が車外より開けられない)    (2009-1-30 - 411 Clicks)
【該当車両】
エアロスター−S、エアロミディ−S

【理由】
非常口扉の車外操作ハンドルの強度が不足しているため、当該ハンドル操作時、ロック解除前にハンドルを引張ると折損するものがある。そのため、車外より扉を開けることができなくなるおそれがある。

【対策】
全車両、当該ハンドルを対策品に交換する。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター」(足にけがをするおそれ)    (2009-1-30 - 378 Clicks)
【該当車両】
エアロスター

【理由】
ノンステップ路線バスのグライドスライド式扉の下部に素足で強く擦ると、足にけがをするおそれがある。

【対策】
全車両、扉下部カバー下端にプロテクターを取付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
ふそう「エアロスター−S」(足にけがをするおそれ)    (2009-1-30 - 475 Clicks)
【該当車両】
エアロスター−S

【理由】
ノンステップ路線バスのグライドスライド式扉の下部に素足で強く擦ると、足にけがをするおそれがある。

【対策】
全車両、扉下部カバー下端にプロテクターを取付ける。

【連絡先】
三菱ふそうトラック・バス株式会社
全国フリーダイヤル
0120-324-230 (お客様相談センター)
■ 月曜〜金曜(除く所定の休日)9:00〜12:00、13:00〜17:00
■コメントする
0.347 sec.
サイト内検索+Google
お願い
リコール情報カテゴリ
リコール情報リンク
アンケート
管理人のブログ
PageTop